鞍馬の火祭り


 10月22日に京都三大奇祭の一つとしてよく知られる鞍馬の火祭が催された。

 ちなみにこの日は時代祭りが行われる日でありこの祭りを見終わった見物客の多くがそのまま鞍馬に流れてくるので鞍馬寺周辺の集落が山間の狭隘なこととあいまって祭りの雑踏は相当なものだそうである。

 私は鞍馬の火祭の名は有名なのでよく知ってはいたが、恥ずかしいことに鞍馬寺の祭りだろうぐらいの認識であった。ところがこの祭りは鞍馬寺の祭りではなくその境内にある由岐神社の祭礼であることがこの祭りを報じる新聞記事の中に書かれていた。

 この項ではこの祭りと由岐神社について考察してみたい。

  
                 由岐神社本殿

 祭りの起源は大変古く、千年以上さかのぼる。940年(天慶3年)、天慶元年の都の大地震、天慶2年の平将門の乱(天慶の乱)と相次ぐ世情不安を鎮める為に当時の朱雀天皇の詔勅により、内裏に祀られている由岐明神を都の北の守護として鞍馬の地に遷された。

 この時、鴨川に生えていた葦で松明(たいまつ)を造りかがり火として道々に灯され、その遷宮の行列は10町(約1km)に及ぶ盛大なものだったといわれている。この行列に感激した鞍馬の住民がこの儀式を後の世に残そうと大切に伝えたのが鞍馬の火祭りといわれている。
 
 祭りの起源がかがり火を道々に灯しての遷宮にあると聞き、私は即座にこの祭りの起源が壬申の乱にあり、由岐神社に祀られているのが天武天皇でではないかと直感した。そこで早速この神社の祭神について調べてみたところ果たせるかなやはり祭神は大己貴命すなわち天武天皇であった。

 祭りは午後6時頃より、「神事にまいらっしゃれ」という神事触れの合図により各戸にかがり火が灯されて始まる。初めは小さな子どもがトックリと呼ばれる小さな松明を持って現れ、その後小型、中型の松明を担いだ小・中・高生が加わり、最後に大松明を担いだ大人たちが現れる。一行は鞍馬太鼓が打ち鳴らされる中、「サイレヤ、サイリョウ」と囃(はや)しながら、街道を練り歩く。

 午後8時ごろから、鞍馬寺の山門前の石段に、百数十本もの松明が集まり祭りは最高潮に達する。その後、合図とともに石段奥の注連縄が切られて、いよいよ神輿の渡御が始まる。氏子のかかげる松明を先頭によろい姿の氏子を乗せた二基の神輿が続く。さらにその後に若い女性たちが急な参道を降りる神輿(みこし)を後ろから綱で引っ張り、急激に降りすぎないようブレーキをかける。この綱を牽くと安産になると伝えられているという。

 この祭りの最も神聖な瞬間である。

 そしてこの瞬間こそ大海人皇子の吉野脱出を模したものである。

 672年6月24日、吉野に出家していた大海人皇子は近江朝廷の動きに身の危険を感じ、吉野から東国へと脱出した。日本の国の誕生のきっかけとなった壬申の乱の勃発である。

 吉野を脱出した時、大海人皇子とその家族に護衛の舎人など20人あまりが付き、10人ほどの女官がそれに従ったという。脱出行は昼夜を通しての強行軍で夜は付近の村の家の垣を壊して明かりとしたという。

 神輿の渡御に女性が参加することは日本の祭りでは異例なことだが、これは吉野を脱出した大海人皇子に女官たちが付き従った故事に基づくものであろう。

 ともあれ鞍馬の火祭りは神幸祭の原点を濃厚に残しており、これは出雲大社の神幸祭に並ぶものであろう。

 鞍馬の火祭りと同じく氏子が松明をかかげる祭りに京都市伏見区の三栖神社(祭神は天武天皇)の神幸祭で、三栖炬火祭という竹田街道を大炬火をかかげて練り歩く勇壮な祭があるが、この祭りは大海人皇子が朝廷との決戦に赴く際に三栖の民が炬火で夜道を照らしたという伝承に基づくとされ 壬申の乱が起源と伝えられている。

 日本の多くの祭りにはたいまつや篝火がつきものであるがその起源は壬申の乱であると思われる。