五山送り火


 五山送り火(ござんのおくりび、通称大文字焼き)は、毎年8月16日に京都府京都市にある如意ヶ岳(大文字山)などで行われるかがり火のことであり大文字焼きとも呼ばれている。
 京都の夏の風物詩として全国的に知られる。五山送り火とともに盆は終わり、季節は秋へと向かう。

 現在では
大文字  (左京区浄土寺・大文字山)
妙・法  (左京区松ヶ崎・西山及び東山)
舟形   (北区西賀茂・船山)
左大文字 (北区大北山・左大文字山)
鳥居形  (右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山)
の五山で行われているが明治頃までは他山でも行われていたらしい。

 その起源については諸説あり謎めいている。お盆に行われることから仏教に関わる行事と思われがちだが送り火の中に鳥居形が含まれることから送り火は神を象徴しているのではないだろうか。

 開拓三神といえば大国魂命・大己貴命・少彦名命の三神で宮中でもその祭祀は重視されてきた。面白いことにこの三神の頭文字、大・大・少が五山送り火のなかにすべて含まれていて(少は妙の右片)このことは注目すべきことであると思われる。

 大国魂命・大己貴命・少彦名命を松明で祀り上げたのが五山送り火というのが私の考え方である。