上卷 序并

 臣安萬侶言 夫 混元既凝 氣象未效 無名無爲 誰知其形 然 乾坤初分 參神作造化之首 陰陽斯開 二霊爲群品之祖 

 臣下の安万侶が申し上げます。
 そもそも、万物万象の初め、混沌とした大本はすでに固まっていたが、まだ生命も形も現われなかったころのことは、名もなく、また動きもなく、誰もその形を知りようがなかった。しかしながら、天と地とが初めて分かれ、天御中主神・高御産巣日神・神御産巣日神の三神が万物創造の初めとなり、また男と女に分かれると、伊邪那岐・伊邪那美の二神が万物の祖神となりました。

 所以 出入幽顯 日月彰於洗目 浮沈海水 神祇呈於滌身 故 太素杳冥 因本教而識孕土産嶋之時 元始綿邈 頼先聖而察生神立人之世  

 そしてイザナキノ命は、黄泉国を訪れて後、この世に帰り、目を洗ったときに日神と月神が現われました。また海水に浮き沈みして身を洗うと、多くの神々が出現しました。こうして、天地万物のの始めのことははっきりとはしないが、古くからの言い伝えにより、神々が国土を孕み島々を生んだときのことを知り、元始のころのことは、はるかに遠い昔のことであるが、先代の賢人のおかげで、神々を生み皇位継承者を立てたころのことを知ることができます。

 寔知 懸鏡吐珠 而百王相續 喫劔切蛇 以萬神蕃息與 議安河而平天下 論小濱而清國土 

 天の岩屋戸の故事で、賢木の技に鏡を懸け、天の安河での誓約で、スサノヲノ命が玉を噛んで吐き、こうして代々の天皇が相続くことになり、また天照大御神が剣を噛み、スサノヲノ命が大蛇を退治し、多くの神々が繁栄したことがわかります。また天の安河の河原で神々が相談し、伊那佐の小浜において、大国主神と問答して草原中国を平定することができました。

 是以 番仁岐命 初降于高千嶺 神倭天皇 經歴于秋津嶋 化熊出川 天劔獲於高倉 生尾遮徑 大烏導於吉野 列儛儛攘賊 聞歌伏仇 即 覺夢而敬神祇 所以稱賢后 望烟而撫黎元 於今傳聖帝 定境開邦 制于近淡海 正姓撰氏 勒于遠飛鳥 

 こうしてホノニニギノ命は、初めて高千穂峯にお降りになり、神武天皇は機内に入り永く過ごされました。ある時は、川から現われた熊に翻弄され、天つ神の降した霊剣を高倉下が献り、ある時は尾ある人に歓迎を受け、八咫鳥の導きで吉野に入られました。忍坂では舞を舞わせ、歌を合図に賊を討ち従わしめられました。また崇神天皇は夢に告示を受けて、天神地祗を崇敬されたので、賢君と称されています。仁徳天皇は民家の煙を見て人民を慈しまれたので、今日聖帝と伝えられています。成務天皇は近江の高穴穂宮で、国郡の境を定め国土を開発され、允恭天皇は遠つ飛鳥宮で、氏・姓を正撰されました。

 雖歩驟各異 文質不同 莫不稽古以繩風猷於既頽 照今以補典教於欲絶 

 このように歴代天皇の治政には、それぞれ緩急の差があり、派手なものと地味なものとの違いはありましたが、古代のことを明らかにして、風教と道徳が廃れているのを正し、今に照らして道徳の絶えようとするのを補正しないということはありませんでした。
 
 曁飛鳥清原大宮御大八洲天皇御世 濳龍體元 [拵]雷應期 聞夢歌而相纂業 投夜水而知承基 然 天時未臻 蝉蛻於南山 人事共給 虎歩於東國 

 飛鳥の浄御原宮で大八島国を御統治になった天武天皇の御世に至って、大海人皇子は皇太子ながら、すでに天子としての徳を備えられ、好機に乗じて行動されました。夢の中で歌を聞き、天業を継ぐことを決心され、夜半に横河で天に黒雲の広がるのを見て、やがて皇位を継承されることをお知りになった。然しながら、天運まだ到来するに至らず、出家して吉野山にこもり、やがて味方の軍勢が備わってきたので、東国に威風堂々と進軍されました。

 皇輿忽駕 浚渡山川 六師雷震 三軍電逝 杖矛擧威 猛士烟起 絳旗耀兵 凶徒瓦解 未移浹辰 氣沴自清 乃 放牛息馬 愷悌歸於華夏 卷旌osamete[扁右楫旁戈]戈 儛詠停於都邑 

 皇子はにわかに出発されましたが、山を越え川を渡り、その軍勢は雷電のようなすさまじい勢いで進軍されました。武器が威力を示し、勇士が煙のように起こり、赤い旗が兵を輝かし、近江の軍勢は、瓦の崩れるように敗れ去った。こうして十二日もたたないうちに、妖気はおのずから清められた。その後、戦に用いた牛馬を放って休息させ、皇子は心安らかに大和に戻り、旗を巻き矛を収めて、戦勝を祝して歌い踊り、飛鳥の都に凱旋されました。

 歳次大梁 月踵夾鍾 清原大宮 昇即天位 道軼軒后 徳跨周王 握乾符而摠六合 得天統而包八荒 乘二氣之正 齊五行之序 設神理以奬俗 敷英風以弘國 重加 智海浩汗 潭探上古 心鏡煒煌 明覩先代 

 かくして酉の年の二月に、大海人皇子は浄御原宮で御即位になりました。その政道は、中国の黄帝にまさり、聖徳は周の文王にまさっておられました。三種の神器を継承されて天下を統治し、皇位について天下を隈なく統合されました。よい政治が行なわれたので、陰陽二気が正しく作用し、また木火土金水の五行が順序正しく循環した。天皇は神祇を崇敬して良俗を奨励し、すぐれた政治を行なって、それらを国内にお広めになられました。その上、天皇の御知識は海のように広くて、深く上古の事を探究され、御心は鏡のように明るく輝き、先代の事をはっきり見きわめておられた。

 於是天皇詔之 朕聞 諸家之所モタル[]帝紀及本辭 既違正實 多加虚僞 當今之時不改其失 未經幾年其旨欲滅 斯乃 邦家之經緯 王化之鴻基焉 故惟 撰録帝紀 討覈舊辭 削僞定實 欲流後葉 

 そこで天皇がこのように仰せになりました。「私の聞くところによれば、諸氏族に伝わっている帝紀および本辞には、すでに真実と違い、虚偽を加えたものがはなはだ多いとのことである。そうだとすると、今この時に、その誤りを改めておかないと、今後幾年もたたないうちに、その本旨は失われてしまうだろう。この帝紀と本辞は、国家組織の原理を示すものであり、天皇政治の基本となるものである。それ故、正しい帝紀を撰んで記し、旧辞をよく検討して、偽りを削除し、正しいものを定めて、後世に伝えようと思う」と仰せになりました。

 時有舍人 姓稗田 名阿禮 年是廿八 爲人聰明 度目誦口 拂耳勒心 即 勅語阿禮、令誦習帝皇日繼及先代舊辭 然 運移世異 未行其事矣 

 そのころ、氏は稗田、名は阿礼、年は二十八歳になる舎人がお仕えてしていた。この人は大変聡明で、一目見ただけで声に出し、節をつけて読むことができ、一度耳に聞いたことは心に刻みつけて忘れなかった。そこで天皇は阿礼にお命じになり、帝皇の日継と先代の旧辞をくり返し誦み習わせられました。然しながら天皇が崩御になり、時世が移り変わり、その御計画はそのままになっておりました。

 伏惟 皇帝陛下 得一光宅 通三亭育 御紫宸而徳被馬蹄之所極 坐玄扈而化照船頭之所逮 日浮重暉 雲散非烟 連柯并穗之瑞 史不絶書 列烽重譯之貢 府無空月 可謂名高文命 徳冠天乙矣  

 伏して思いますのに、天皇陛下(元明天皇)は帝位におつきになって、その聖徳は天下に満ち、万民を化育あそばされています。皇居におられましても、その御徳は、遠く馬の蹄の止まる地の果てまで、また船の舳先の止まる海原の果てまでも及んでおります。太陽の光が重なり、あるいは雲が煙のようにたなびき、また連理の枝や一本の茎に多くの穂の出るなどの瑞祥を、書記官は絶えず記録し、また貢使の到着を知らせる烽火は次々とあがり、幾度も通訳を重ねるような遠い国からもたらされる貢物は、いつも宮廷の倉に満ちて、空になる月はございません。このような聖徳の高い天皇のお名前は、夏の禹王や、殷の湯王にも優っていると申すべきでありましょう。

 於焉 惜舊辭之誤忤 正先紀之謬錯 以和銅四年九月十八日 詔臣安萬侶 撰録稗田阿禮所誦之勅語舊辭以獻上者 謹隨詔旨 子細採[手+庶] 

 さて陛下は、旧辞に誤りや間違いのあるのを借しまれ、帝紀の誤り乱れているのを正そうとして、和銅四年九月十八日に、臣下の安万侶に詔して、稗田阿礼が天武天皇の勅命によって誦み習った旧辞を書き記し、書物として献上せよと仰せられたので、謹んで仰せのとおりこと細かに採録いたしました。

 然上古之時 言意並朴 敷文構句 於字即難 已因訓述者 詞不逮心 全以音連者 事趣更長 是以今 或一句之中 交用音訓 或一事之内 全以訓録 即 辭理[匚構中ロ]見 以注明 意况易解 更非注 亦 於姓日下 謂玖沙訶 於名帶字 謂多羅斯 如此之類 隨本不改 

 しかしながら上古においては、ことばもその内容もみな素朴で、文章に書き表すとなると、漢字の用い方には困難があります。すべて漢字の訓を用いて記したのでは、漢字の意味とことばの意味とが一致しないことがあり、全部漢字の音を用いて記したものは、記述が長くなってしまいます。そこで今は、ある場合は一句の中に音と訓とを混用し、ある場合は一事を記すのに、すべて訓を用いて記すこととしました。またことばの意味のわかりにくいものには、注を加えてわかりやすくし、意味のわかりやすいものには、ことさら注は加えておりません。また姓の「日下」をクサカと読み、名の「帯」の字をタラシと読む、このような類は、もとのままで改めませんでした。 

 大抵所記者 自天地開闢始 以訖于小治田御世 故 天御中主神以下 日子波限建鵜草葺不合命以前 爲上卷 神倭伊波禮毘古天皇以下 品陀御世以前 爲中卷 大雀皇帝以下 小治田大宮以前 爲下卷 并録三卷 謹以獻上 臣安萬侶 誠惶誠恐 頓首頓首 
 
 和銅五年正月廿八日  正五位上勲五等太朝臣安萬侶

 およそ書き記したところは、天地の開闢から推古天皇の御代までです。そして天御中主神から鵜草葺不合命までを上巻とし、神倭伊波礼毘古天皇から応神天皇の御代までを中巻とし、仁徳天皇から推古天皇までを下巻とし、合わせて三巻に記して、謹んで献上いたします。臣安万侶、畏れ謹んで申し上げます。

 和銅五年正月二十八日  正五位上勲五等太朝臣安万侶