上巻


一、天地開闢

 天地初發之時 於高天原成神名 天之御中主神訓高下天云阿麻下效此 次高御産巣日神 次神産巣日神 此三柱神者 並獨神成坐而 隱身也 次國稚如浮脂而 久羅下那洲多陀用幣流之時流字以上十字以音 如葦牙因萌騰之物而成神名 宇摩志阿斯訶備比古遲神此神名以音 次天之常立神訓常云登許訓立云多知 此二柱神亦 獨神成坐而 隱身也
 上件五柱神者別天神


 天と地が初めて分かれたときに、高天原に現れた神の名は天之御中主神(アメノミナカヌシ)、つぎに高御産巣日神(タカミムスヒ)、つぎに神産巣日神(カムムスヒ)である。
 この三柱の神は、みな配偶者のない単独の神で、姿をお見せにならなかった。
 
 つぎに国が幼く、水に浮いた油のようで、クラゲのように漂っていたとき、葦の芽のように萌え上がってきた物から現れた神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂ)、つぎに天之常立神(アメノトコタチ)である。
 この二柱の神も、単独の神で、姿をお見せにならなかった。 
 以上の五柱の神は天つ神の中でも特別な神である。

 次成神名 國之常立神訓常立亦如上 次豊雲野神 此二柱神亦 獨神成坐而 隱身也 次成神名 宇比地邇神 次妹須比智邇此二神名以音 次角杙神 次妹活杙神二柱 次意富斗能地神 次妹大斗乃辨神此二神名亦以音 次淤母陀流神 次妹阿夜訶志古泥神此二神名皆以音 次伊耶那岐神 次妹伊耶那美神此二神名亦以音如上 
 上件自國之常立神以下 伊耶那美神以前 并稱
神世七代上二柱獨神各云一代次雙十神各合二神云一代也

 つぎに現れた神の名は国之常立神(クニノトコタチ)、つぎに豊雲野神(トヨクモノ)である。
 この二柱の神も、単独の神で、姿をお見せにならなかった。

 つぎに現れた神の名は宇比地邇神(ウヒヂニ)と女神の須比智邇神(スヒヂニ)である。
 つぎに角杙神(ツノグヒ)と女神の活杙神(イクグヒ)。
 つぎに意富斗能地神(オオトノヂ)と女神の大斗乃弁神(オオトノベ)である。
 つぎに於母陀流神(オモダル)と女神の阿夜訶志古泥神(アヤカシコネ)である。
 つぎに伊邪那岐神(イザナキ)と女神の伊邪那美神(イザナミ)である。

 以上の国之常立神からイザナミまでを合わせて神世七世という。


二、伊邪那岐命,伊邪那美命の国生み

  於是天神諸命以 詔伊耶那岐命 伊耶那美命 二柱神 修理固成是多陀用弊流之國 賜天沼矛而 言依賜也 故 二柱神立訓立云多多志天浮橋而 指下其沼矛以畫者 鹽許々袁々呂々邇此七字以音畫鳴訓鳴云那志而 引上時 自其矛末垂落之鹽之累積 成嶋 是淤能碁呂嶋自淤以下四字以音

 そして天つ神一同の命令ということでイザナキ、イザナミの二柱の神に「このただよっている国をつくろい固めて完成させなさい」と仰せになり、神聖な玉で飾った矛(天の沼矛)をお授けになり、お任せになった。
 そこで二柱の神は天の浮橋に立ち、天の沼矛を降して掻きまわした。
 潮をころころとかき鳴らして矛を引き上げたとき、その矛の先よりしたたり落ちた潮水が積もり積もって島となった。これが淤能碁呂島(オノゴロ)である。

 於其嶋天降坐而 見立天之御柱 見立八尋殿 於是問其妹伊耶那美命曰 汝身者如何成 答曰吾身者 成成不成合處一處在 爾伊耶那岐命詔 我身者 成成而成餘處一處在 故以此吾身成餘處 刺塞汝身不成合處而、以爲生成國土 生奈何訓生云宇牟下效此 伊耶那美命 答曰然善
 
 二柱の神はその島にお降りになって、神聖な天の御柱を立て、また広い御殿をお作りになった。
 そこでイザナキはイザナミに「おまえの身体はどのようになっているのか」とおたずねになるとイザナミは「私の身体はほとんどできていますが足らないところが一ところあります」とお答えになった。

 そこでイザナキは「私の身体もほとんどできていますが余ったところが一ところある。そこでこの私の身体の余ったところをあなたの身体の足らないところにさし塞いで国土を生みたいと思うがどうだろうか」と仰せになった。
 イザナミは「それがいいでしょう」とお答えになった。

 爾伊耶那岐命詔 然者吾與汝行迴逢是天之御柱而 爲美斗能麻具波比此七字以音 如此云期 乃詔 汝者自右迴逢 我者自左迴逢 約竟迴時 伊耶那美命 先言阿那邇夜志愛袁登古袁此十字以音下效此 後伊耶那美命 言阿那邇夜志愛袁登古袁 各言竟之後 告其妹曰 女人先言不良 雖然久美度邇此四字以音興而生子 水蛭子 此子者入葦船而流去 次生淡嶋 是亦不入子之例

 そこでイザナキは「それなら、私とあなたはこの天の御柱を回って出会い、男女の交わりをしよう」と仰せになった。
 このように約束されて、そこで「あなたは右から回りなさい。私は左から回って会いましょう」と仰せになり、約束の通りに廻るとイザナミが先に「あなたはなんてすばらしい男なのでしょう」といい、つぎにイザナキが「あなたはなんてすばらしい女なのでしょう」と仰せになった。
 それぞれ言い終わった後、イザナキはイザナミに「女が先に言うのは良くないことだ」と仰せになった。
 しかし男女の交わりをして子を生んだが水蛭子(ひるこ)で不具の子であった。この子は葦の船に乗せて流した。
 つぎに淡島を生んだがこの子も子の数には入れなかった。

 於是二柱神議云 今吾所生之子不良 猶宜白天神之御所 即共參上 請天神之命 爾天神之命以 布斗麻邇爾上、此五字以音ト相而詔之 因女先言而不良 亦還降改言 故爾反降 更往迴其天之御柱如先 於是伊耶那岐命 先言阿那邇夜志愛袁登賣袁 後妹伊耶那美命 言阿那邇夜志愛袁登古袁 如此言竟而御合 生子 淡道之穗之狹別嶋訓別云和氣下效此

 そこで二柱の神は相談して「今私たちが生んだ子は良くなかった。もう一度天つ神の処へ行ってどうすべきか申し上げよう」といい、ただちにいっしょに高天原へ参上して天つ神の御意見を仰がれた。
 天つ神は鹿の骨を焼いて占い、「女が先に言ったのが良くない。もう一度帰って言い直しなさい」と仰せになった。

 そこで帰り降って、もう一度、天の御柱を先のようにお回りになった。
 そこでイザナキが先に「あなたはなんてすばらしい女なのでしょう」と仰せになり、つぎにイザナミが「あなたはなんてすばらしい男なのでしょう」と仰せになった。
 このように言い終えて、男女の交わりをしてお生みになった子は、淡路之穂之狭別島(アワジノホノサワケ、淡路島)である。

 次生伊豫之二名嶋 此嶋者 身一而有面四 毎面有名 故 伊豫國謂愛比賣此二字以音下效此 讚岐國謂飯依比古 粟國謂大宜都比賣此四字以音 土左國謂建依別 次生隱伎之三子嶋 亦名天之忍許呂別許呂二字以音 次生筑紫嶋 此嶋亦 身一而有面四 毎面有名 故 筑紫國謂白日別 豊國謂豊日別 肥國謂建日向日豊久士比泥別自久至泥以音 熊曾國謂建日別曾字以音

 つぎに伊予之二名島(イヨノフタナ、四国)をお生みになった。この島は体が一つで顔が四つあり、それぞれの顔に名があった。そこで、伊予の国を愛比売(エヒメ)といい、讃岐の国を飯依比古(イヒヨリヒコ)といい、阿波の国を大宜都比売(オオゲツヒメ)といい、土佐の国を建依別(タケヨリワケ)という。
 つぎに三子の隠岐の島をお生みになった。またの名は天之忍許呂別(アメノオシコロワケ)という。
 つぎに筑紫島(九州)をお生みになった。この島も体が一つで顔が四つあり、それぞれの顔に名があった。そこで筑紫の国を白日別(シラヒワケ)といい、豊国を豊日別(トヨヒワケ)といい、肥の国を建日向日豊久士比泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)といい、熊曾の国を建日別(タケヒワケ)という。

 次生伊岐嶋 亦名謂天比登都柱自比至都以音訓天如天 次生津嶋 亦名謂天之狹手依比賣 次生佐度嶋 次生大倭豊秋津嶋 亦名謂天御虚空豊秋津根別 故、因此八嶋先所生 謂大八嶋國 然後 還坐之時 生吉備兒嶋 亦名謂建日方別 次生小豆嶋 亦名謂大野手比賣 次生大嶋 亦名謂大多麻流別自多至流以音 次生女嶋 亦名謂天一根訓天如天 次生知訶嶋 亦名謂天之忍男 次生兩兒嶋 亦名謂天兩屋自吉備兒嶋至天兩屋嶋并六嶋

 つぎに壱岐の島をお生みになった。またの名は天比登都柱(アメヒトツバシラ)という。
 つぎに対馬をお生みになった。またの名は天之狭手依比売(アメノサデヨリヒメ)という。
 つぎに佐度の島をお生みになった。
 つぎに大倭豊秋津島(オオヤマトトヨアキツ)をお生みになった。またの名は天御虚空豊秋津根別(アマツミソラトヨアキヅネワケ)という。
 そこでこの八つの島を先にお生みになったので大八島国という。

 その後、帰られるときに吉備の児島をお生みになった。またの名は建日方別(タケヒカタワケ)という。
 つぎに小豆島をお生みになった。またの名は大野手比売(オオノデヒメ)という。
 つぎに大島をお生みになった。またの名は大多麻流別(オオタマルワケ)という。
 つぎに女島をお生みになった。またの名は天一根(アメノヒトツネ)という。
 つぎに知訶島をお生みになった。またの名は天之忍男(アメノオシヲ)という。
 つぎに両児島をお生みになった。またの名は天両屋(アメフタヤ)という。 

 既生國竟 更生神 故 生神名 大事忍男神 次生石土毘古神訓石云伊波亦毘古二字以音下效此也 次生石巣比賣神 次生大戸日別神 次生天之吹男神 次生大屋毘古神 次生風木津別之忍男神訓風云加耶訓木以音 次生海神 名大綿津見神 次生水戸神 名速秋津日子神 次妹速秋津比賣神自大事忍男神至秋津比賣神并十神 此速秋津日子 速秋津比賣二神 因河海持別而 生神名 沫那藝神那藝二字以音下效此 次沫那美神那美二字以音下效此 次頬那藝神 次頬那美神 次天之水分神訓分云久麻理下效此 次國之水分神 次天之久比奢母智神自久以下五字以音下效此 次國之久比奢母智神自沫那藝神至國之久比奢母智神并八神 

 イザナキとイザナミは国を生み終えて、さらに多くの神をお生みになった。
 そして生んだ神の名は大事忍男神(オオコトオシヲ)、つぎに石土毘古神(イハツチビコ)を生み、つぎに石巣比売(イハスヒメ)を生み、つぎに大戸日別神(オオトヒワケ)を生み、つぎに天之吹男神(アメノフキヲ)を生み、つぎに大屋毘古神(オオヤビコ)を生み、つぎに風木津別之忍男神(カザモツワケノオシヲ)を生み、つぎに海の神、名は大綿津見神(オオワタツミ)を生み、つぎに水戸の神、名は速秋津日子神(ハヤアキツヒコ)、つぎに女神の速秋津比売神(ハヤアキツヒメ)を生んだ。

 この速秋津日子神、速秋津比売神の二柱の神が、それぞれ河と海を分担して生んだ神の名は沫那芸神(アワナギ)、つぎに沫那美神(アワナミ)、つぎに頬那芸神(ツラナギ)、つぎに頬那美神(ツラナミ)、つぎに天之分水神(アメノミクマリ)、つぎに国之水分神(クニノミクマリ)、つぎに天之久比箸母智神(アメノクヒザモチ)、つぎに国之久比箸母智神(クニノクヒザモチ)である。

 次生風神 名志那都比古神此神名以音 次生木神 名久久能智神此神名以音 次生山神 名大山津見神 次生野神 名鹿屋野比賣神 亦名謂野椎神自志那都比古神至野椎并四神 此大山津見神 野椎神二神 因山野持別而 生神名 天之狹土神訓土云豆知下效此 次國之狹土神 次天之狹霧神 次國之狹霧神 次天之闇戸神 次國之闇戸神 次大戸惑子神訓惑云麻刀比下效此 次大戸惑女神 自天之狹土神至大戸惑女神并八神也 次生神名 鳥之石楠船神 亦名謂天鳥船 次生大宜都比賣神此神名以音

 つぎに風の神、名は志那都比古神(シナツヒコ)を生み、つぎに木の神、名は久久能智神(ククノチ)を生み、つぎに山の神、名は大山津美神(オオヤマツミ)を生み、つぎに野の神、名は鹿屋野比売神(カヤノヒメ)を生んだ。またの名は野椎神(ノズチ)という。
 このオオヤマツミ、ノズチの二柱の神が、それぞれ山と野を分担して生んだ神の名は、天之狭土神(アメノサズチ)、つぎに国之狭土神(クニノサズチ)、つぎに天之狭霧神(アメノサギリ)、つぎに国之狭霧神(クニノサギリ)、つぎに天之闇戸神(アメノクラト)、つぎに国之闇戸神(クニノクラト)、つぎに大戸或子神(オオトマトヒコ)、つぎに大戸或女神(オオトマトヒメ)である
 つぎに生んだ神の名は鳥之石楠船神(トリノイハクスフネ)、またの名は天鳥船という。つぎにオオゲツヒメを生んだ。

 次生火之夜藝速男神夜藝二字以音 亦名謂火之炫毘古神 亦名謂火之迦具土神加具二字以音 因生此子 美蕃登此三字以音 見炙而病臥在 多具理邇此四字以音 生神名 金山毘古神訓金云迦那下效此 次金山毘賣神 次於屎成神名 波邇夜須毘古神此神名以音 次波邇夜須毘賣神此神名亦音自宇以下四字以音 故 伊耶那美神者 因生火神 遂神避坐也自天鳥船至豊宇氣毘賣神并八神也
 凡伊耶那岐 伊耶那美二神 共所生嶋壹拾肆嶋 神參拾伍神是伊耶那美神妹神避以前所生唯意能碁呂嶋者非所生亦姪子與淡嶋不入子之例也

 つぎに火之夜芸速男神(ヒノヤギハヤヲ)を生んだ。またの名は火之{かが}毘古神(ヒノカガビコ)といい、またの名は火之迦具土神(ヒノカグツチ)という。この子を生んだことで、イザナミは女陰が焼けて病の床に臥してしまった。

 このとき嘔吐から生まれた神の名は金山毘古神(カナヤマビコ)、つぎに金山毘売神(カナヤマビメ)である。
 つぎに糞から生まれた神の名は波邇夜須毘古神(ハニヤスビコ)、つぎに尿から生まれた神の名は弥都能売神(ミツハノメ)、つぎに和久産巣日神(ワクムスヒ)。この神の子は豊宇気毘売神(トヨウケビメ)という。
 そしてイザナミは火の神を生んだことが原因でついにお亡くなりになった。

 イザナキ、イザナミの二柱の神が共に生んだ島は全部で十四島、神は三十五柱である。
 
 故爾伊耶那岐命詔之 愛我那邇妹命乎那邇二字以音下效此 謂子之一木乎 乃匍匐御枕方 匍匐御足方而哭時 於御涙所成神 坐香山之畝尾木本 名泣澤女神 故 其所神避之伊耶那美神者 葬出雲國與伯伎國堺比婆之山也 於是伊耶那岐命 拔所御佩之十拳劔 斬其子迦具土神之頚 爾著其御刀前之血 走就湯津石村 所成神名 石拆神 次根拆神 石筒之男神三神 次著御刀本血亦 走就湯津石村 所成神名 甕速日神 次樋速日神 次建御雷之男神 亦名建布都神布都二字以音下效此 亦名豊布都神三神

 そこでイザナキは「いとしいわが妻を、一人の子に代えようとは思わなかった」と仰せになって、すぐにイザナミの枕元に臥し、足下に臥して泣き悲しまれた。その涙から成り出た神は、香久山の丘の、木の本におられる泣沢女神(ナキサワメ)である。
 そして亡くなられたイザナミを出雲国と伯伎国の境にある比婆の山に葬り申し上げた。

 そしてイザナキは佩いていた十拳の剣を抜いて、ヒノカグツチの首をお斬りになった。
 するとその剣先に付いた血が飛び散ってそこから生まれた神の名は石拆神(イハサク)、つぎに根拆神(ネサク)、つぎに石筒之男神(イハツツノヲ)である。

 つぎに御剣の本に付いた血が飛び散ってそこから生まれた神の名は甕速日神(ミカハヤヒ)、つぎに樋速日神(ヒハヤヒ)、つぎに建御雷之男神(タケミカヅチノヲ)、またの名は建布都神(タケフツ)、またの名は豊布都神(トヨフツ)である。

 次集御刀之手上血 自手俣漏出 所成神名訓漏云久伎 闇淤加美神淤以下三字以音下效此 次闇御津羽神
 上件自石拆神以下 闇御津羽神以前 并八神者 因御刀所生之神者也
 所殺迦具土神之於頭所成神名 正鹿山
津見神 次於胸所成神名 淤縢山津見神淤縢二字以音 次於腹所成神名 奧山津見神 次於陰所成神名 闇山津見神 次於左手所成神名 志藝山津見神志藝二字以音 次於右手所成神名 羽山津見神 次於左足所成神名 原山津見神次於右足所成神名 戸山津見神自正鹿山津見神至戸山津見神并八神 故 所斬之刀名 謂天之尾羽張 亦名謂伊都之尾羽張伊都二字以音

 つぎに御剣の柄にたまった血が、指の間から漏れ出たなかから生まれた神の名は闇淤加美神(クラオカミ)、つぎに闇御津羽神(クラミツハ)である。
 以上の石拆神から闇御津羽神まであわせて八柱の神は御剣によって生まれた神である。

 また殺されたヒノカグツチの頭から生まれた神の名は正鹿山津美神(マサカヤマツミ)である。
 つぎに胸に生まれた神の名は淤{ど}山津美神(オドヤマツミ)である。
 つぎに腹に生まれた神の名は奥山津美神(オクヤマツミ)である。
 つぎに陰部に生まれた神の名は闇山津美神(クラヤマツミ)である。
 つぎに左の手に生まれた神の名は志芸山津美神(シギヤマツミ)である。
 つぎに右の手に生まれた神の名は羽山津美神(ハヤマツミ)である。
 つぎに左の足に生まれた神の名は原山津美神(ハラヤマツミ)である。
 つぎに右の足に生まれた神の名は戸山津美神(トヤマツミ)である。

 そしてイザナキがお斬りになった剣の名は天之尾羽張(アメノヲハバリ)といい、またの名は伊都之尾羽張(イツノヲハバリ)という。


三、イザナキの黄泉の国訪問

 於是欲相見其妹伊耶那美命 追往黄泉國 爾自殿騰戸出向之時 伊耶那岐命語詔之 愛我那邇妹命 吾與汝所作之國 未作竟 故 可還 爾伊耶那美命答白 怪哉 不速來 吾者爲黄泉戸喫 然愛我那勢命那勢二字以音下效此 入來坐之事恐 故 欲還 且與黄泉神相論 莫視我

 そしてイザナキは妻のイザナミに会いたいとお思いになって黄泉の国に後を追って行かれた。
 そこでイザナミが御殿の閉まった戸から出迎えられたときに、イザナキは「いとしいわが妻よ、私とあなたで作った国はまだ作り終わっていません。だから帰るべきです」と仰せになった。

 イザナミはこれに答えて「残念なことです。早く来ていただきたかった。私はすでに黄泉の国の食べ物を食べてしまいました。されどもいとしいあなたが来てくださったことは恐れ多いことです。だから帰りたいと思いますので、しばらく黄泉の国の神と相談してきます。その間私をご覧にならないでください」と仰せになった。

 如此白而 還入其殿内之間 甚久難待 故 刺左之御美豆良三字以音下效此 湯津津間櫛之男柱一箇取闕而 燭一火入見之時 宇士多加禮許呂呂岐弖此十字以音 於頭者大雷居 於胸者火雷居 於腹者黒雷居 於陰者拆雷居 於左手者若雷居 於右手者土雷居 於左足者鳴雷居 於右足者伏雷居 并八雷神成居 於是伊耶那岐命 見畏而逃還之時 其妹伊耶那美命 言令見辱吾 即遣豫母都志許賣此六字以音 令追 爾伊耶那岐命 取黒御鬘投棄 乃生蒲子 是■[才+庶]食之間 逃行 猶追 亦刺其右御美豆良之湯津津間櫛引閉而投棄 乃生笋 是拔食之間 逃行 

 こういってイザナミは御殿の中に帰られたが、大変長いのでイザナキは待ちかねてしまった。
 そこで左の御角髪(ミミズラ)に挿していた神聖な櫛の太い歯を一つ折り取って、これに火を点して入って見ると、イザナミの身体には蛆がたかってゴロゴロと鳴き、頭には大雷、胸には火雷、腹には黒雷、女陰には{さく}雷、左の手には若雷、右の手には土雷、左の足には鳴雷がいて、右の足には伏雷がいた。 
 併せて八つの雷が身体から出現していた。 

 これを見てイザナキは怖くなり、逃げ帰ろうとしたとき、イザナミは「私に恥をかかせましたね」と言って、すぐに黄泉の国の醜女を遣わしてイザナキを追わせた。
 そこでイザナキは黒い鬘を取って投げ捨てると、すぐに山葡萄の実がなった。醜女がこれを拾って食べている間にイザナキは逃げていった。しかし、なお追いかけてきたので右の鬘に刺してあった櫛の歯を折り取って投げると、すぐに筍が生えた。醜女がこれを抜いて食べている間にイザナキは逃げていった。

 且後者 於其八雷神 副千五百之黄泉軍令追 爾拔所御佩之十拳劔而 於後手布伎都都此四字以音逃來 猶追 到黄泉比良此二字以音坂之坂本時 取在其坂本桃子三箇持撃者 悉逃返也 爾伊耶那岐命 告其桃子 汝如助吾 於葦原中國所有 宇都志伎此四字以音青人草之 落苦瀬而患惚時 可助告 賜名號意富加牟豆美命自意至美以音   

 
 その後、イザナミは八つの雷に大勢の、黄泉の国の軍を付けてイザナキを追わせた。そこでイザナキは佩いていた十拳の剣を抜いて、後ろ手に振りながら逃げていった。

 しかし、なお追ってきたので黄泉の国との境の黄泉比良坂(ヨモツヒラサカ)のふもとに至ったとき、そこになっていた桃の実を三つ取り、待ち受けて投げつけると、すべて逃げ帰った。
 そこでイザナキは桃の実に「お前が私を助けたように、葦原中国のあらゆる人たちが苦しくなって、憂い悩んでいるときに助けてやって欲しい」と仰せられて、桃に意富加牟豆美命(オオカムヅミ)という名を賜った。

 最後其妹伊耶那美命 身自追來焉 爾千引石引塞其黄泉比良坂 其石置中 各對立而 度事戸之時 伊耶那美命言 愛我那勢命 爲如此者 汝國之人草 一日絞殺千頭 爾伊耶那岐命詔 愛我那邇妹命 汝爲然者 吾一日立千五百産屋 是以一日必千人死 一日必千五百人生也 故 號其伊耶那美神命謂黄泉津大神 亦云 以其追斯伎斯此三字以音而 號道敷大神 亦所塞其黄泉坂之石者 號道反大神 亦謂塞坐黄泉戸大神 故 其所謂黄泉比良坂者 今謂出雲國之伊賦夜坂也

  最後にはイザナミ自らが追ってきた。
 そこで千人引きの大きな石をその黄泉比良坂に置いて、その石を間に挟んで向き合い、夫婦の離別を言い渡したとき、イザナミは「いとしいあなたがこのようなことをなさるなら、私はあなたの国の人々を一日に千人絞め殺してしまいましょう」といわれた。
 そこでイザナキは「いとしいあなたがそうするなら、私は一日に千五百人の産屋を建てるでしょう」と仰せになった。こういうわけで、一日に必ず千人が死に、一日に必ず千五百人が産まれるのである。

 そこでイザナミを名付けて黄泉津大神(ヨモツ)という。またその追いついたことで道敷大神(チシキ)ともいう。また黄泉の坂に置いた石を道返之大神(チガヘシ)と名付け、黄泉国の入り口に塞がっている大神とも言う。なおその黄泉比良坂は、いま出雲国の伊賦夜坂(イフヤサカ)である。

 是以伊耶那伎大神詔 吾者到於伊那志許米志許米岐此九字以音穢國而在祁理此二字以音 故 吾者爲御身之禊而 到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐此三字以音原而 禊祓也 
 故 於投棄御杖所成神名 衝立船戸神 次於投棄御帶所成神名 道之長乳齒神 次於投棄御嚢所成神名 時量師神 次於投棄御衣所成神名 和豆良比能宇斯能神
此神名以音 次於投棄御褌所成神名 道俣神 次於投棄御冠所成神名 飽咋之宇斯能神自宇以三字以音 次於投棄左御手之手纒所成神名 奧疎神訓奧云淤伎下效此訓疎云奢加留下效此 次奧津那藝佐毘古神自那以下五字以音下效此 次奧津甲斐辨羅自甲以下四字以音下效此 次於投棄右御手之手纒所成神名 邊疎神 次邊津那藝佐毘古神 次邊津甲斐辨羅神 
 右件自船戸神以下 邊津甲斐辨羅神以前 十二神者 因脱著身之物 所生神也 

 このようなことでイザナキは「私はなんと醜く汚い国に行っていたことであろうか。だから、我が身の禊ぎをしよう」と仰せになり、筑紫の日向の、橘の小門の阿波岐原(アワキハラ)においでになって、禊ぎをされた。

 そこで投げ捨てた杖に生まれた神の名は衝立船戸神(ツキタツフナト)である。
 つぎに投げ捨てた帯に生まれた神の名は道之長乳歯神(ミチノナガチハ)である。 
 つぎに投げ捨てた袋に生まれた神の名は時量師神(トキハカシ)である。
 つぎに投げ捨てた衣に生まれた神の名は和豆良比能宇斯能神(ワヅラヒノウシノ)である。
 つぎに投げ捨てた袴に生まれた神の名は道俣神(チマタ)である。
 つぎに投げ捨てた冠に生まれた神の名は飽咋之宇斯能神(アキグヒノウシノ)である。

 つぎに投げ捨てた左手の腕輪に生まれた神の名は奥疎遠神(オキザカル)、つぎに奥津那芸佐毘古神(オキツナギサビコ)、つぎに奥津甲斐弁羅神(オキツカヒベラ)である。
 つぎに投げ捨てた右手の腕輪に生まれた神の名は辺疎遠神(ヘザカル)、つぎに辺津那芸佐毘古神(ヘツナギサビコ)、つぎに辺津甲斐弁羅神(ヘツカヒベラ)である。
 以上の船戸神から辺津甲斐弁羅神まで十二柱の神は身に付けていた物を脱いだことによって生まれた神である。

 於是詔之 上瀬者瀬速 下瀬者瀬弱而 初於中瀬墮迦豆伎而滌時 所成坐神名 八十禍津日訓禍云摩賀下效此 次大禍津日神 此二神者 所到其穢繁國之時 因汚垢而所成神之者也 次爲直其禍而所成神名 神直毘神毘字以音下效此 次大直毘神 次伊豆能賣并三神也伊以下四字以音 次於水底滌時 所成神名 底津綿津見神 次底筒之男命 於中滌時 所成神名 中津綿津見神 次中筒之男命 於水上滌時 所成神名 上津綿津見神訓上云宇閇 次上筒之男命 

 またイザナキは「上の瀬は流れが速い。下の瀬は流れがおそい」と仰せられ、そこで中流の瀬に沈んで身を清められた時に生まれた神の名は八十禍津日神(ヤソマガツヒ)、つぎに大禍津日神(オオマガツヒ)である。この二柱の神は汚らわしい黄泉の国に行ったときの汚れから生まれた神である。

 つぎにその禍を直そうとして生まれた神の名は神直毘神(カムナホビ)、つぎに大直毘神(オオナオビ)、つぎに伊豆能売(イヅノメ)である。
 つぎに水の底で禊ぎをしたときに生まれた神の名は底津綿津見神(ソコツワタツミ)、つぎに底筒之男命(ソコツツノヲ)である。
 水の中程で禊ぎをしたときに生まれた神の名は中津綿津見神(ナカツワタツミ)、つぎに中筒之男命(ナカツツノヲ)である。
 水の表面で禊ぎをしたときに生まれた神の名は上津綿津見神(ウハツワタツミ)、つぎに上筒之男命(ウハツツノヲ)である。 

此三柱綿津見神者 阿曇連等之祖神以伊都久神也伊以三字以音下效此 故 阿曇連等者 其綿津見神之子 宇都志日金拆命之子孫也宇都志三字以音 其底筒之男命 中筒之男命 上筒之男命三柱神 者墨江之三前大神也 

 これら三柱の綿津見神(ワタツミ)は阿曇連(アズミノムラジ)らの祖先神として祀られている神である。そして阿曇連らはそのワタツミの子の、宇都志日金析命(ウツシヒカナサク)の子孫である。
 またソコツツノヲ、ナカツツノヲ、ウハツツノヲの三柱の神は住吉神社に祀られている大神である。


四、三貴子の誕生

 於是洗左御目時 所成神名 天照大御神 次洗右御目時 所成神名 月讀命 次洗御鼻時 所成神名 建速須佐之男命須佐二字以音
 右件八十禍津日神以下 速須佐之男命以前 十柱神者 因滌御身所生者也 


 ここで左の目をお洗いになったとき生まれ出た神の名は天照大御神(アマテラスオオミカミ、以下アマテラス)である。
 つぎに右の目をお洗いになったとき生まれ出た神の名は月読命(ツクヨミ)である。
 つぎに鼻をお洗いになったとき生まれ出た神の名は建速須佐之男(タケハヤスサノオ、以下スサノオ)である。

 此時伊耶那伎命 大歡喜詔 吾者生生子而 於生終得三貴子 即其御頚珠之玉緒母由良爾此四字以音下效此 取由良迦志而 賜天照大御神而詔之 汝命者 所知高天原矣 事依而賜也 故 其御頚珠名 謂御倉板擧之神訓板擧云多那 次詔月讀命 汝命者 所知夜之食國矣 事依也訓食云袁須 次詔建速須佐之男命 汝命者 所知海原矣 事依也 
 故、各隨依賜之命 所知看之中 速須佐之男命 不治所命之國而 八拳須至于心前 啼伊佐知伎也
自伊下四字以音下效此 其泣状者 青山如枯山泣枯 河海者悉泣乾 是以惡神之音 如狹蝿皆滿 萬物之妖悉發 

 このときイザナキはたいそうお喜びになられ「私は多くの子を生んで、最後に三柱の貴い子を得ることができた」と仰せになった。
 ただちにその御首の、首飾りの玉の緒をゆらゆらと鳴らしながらアマテラスに賜った。そして「あなたは高天原を治めなさい」と仰せになった。そこでその首飾りの玉を御倉板挙之神(ミクラタナノ)という。
 つぎにツクヨミに「あなたは夜の国を治めなさい」と仰せになった。
 つぎにスサノオに「あなたは海原を治めなさい」と仰せになった。

 こうしてそれぞれの神はイザナキの命令にしたがってお治めになったが、スサノオだけは海原を治めずに、顎鬚が胸元に達するようになるまで泣きわめいてばかりいた。
 その泣く有様は青々とした山は枯れ木の山となり、川や海はことごとく泣き干してしまうほどだった。そのため悪い神々の騒ぐ声が満ちあふれ、あらゆる禍が起きるようになってしまった。

 故 伊耶那岐大御神 詔速須佐之男命 何由以 汝不治所事依之國而 哭伊佐知流 爾答白 僕者欲罷妣國根之堅州國 故哭 爾伊耶那岐大御神大忿怒詔 然者汝不可住此國 乃神夜良比爾夜良比賜也自夜以下七字以音 故 其伊耶那岐大神者 坐淡海之多賀也 故於是速須佐之男命言 然者請天照大御神將罷 乃參上天時 山川悉動 國土皆震 爾天照大御神聞驚而詔 我那勢命之上來由者 必不善心 欲奪我國耳 

 そこでイザナキがスサノオに「なぜ泣きわめいてばかりいて海原を治めないのか」とたずねたところ、スサノオは「わたしは亡き母のいる根の堅州国に行きたいと思い、泣いているのです」と答えた。イザナキはひどく怒り「そうならばお前はこの国に住むべきではない」と仰せになり、スサノオを追放してしまった。
 さて、そのイザナキの神は近江の多賀に鎮座しておられる。

 そこでスサノオは「アマテラスに事情を申し上げてから行くことにしよう」と仰せになった。
 スサノオが高天原に上るとき、山川が皆動き、国中が揺れた。
 その音を聞いてアマテラスは驚き、「わが弟が上ってきたのは、善き心からではないだろう。私の国を奪おうと思ってのことだろう」と仰せになった。

 即解御髮 纒御美豆羅而 乃於左右御美豆羅 亦於御鬘 亦於左右御手 各纒持八尺勾■[王+右總]之五百津之美須麻流之珠而自美至流四字以音下效此 曾毘良邇者 負千入之靫訓入云能理下效此自曾至邇者以音 比良邇者 附五百入之靫 亦所取佩伊都此二字以音之竹鞆而 弓腹振立而 堅庭者 於向股蹈那豆美三字以音 如沫雪蹶散而 伊都二字以音之男建訓建云多祁夫蹈建而待問 何故上來 爾速須佐之男命答白 僕者無耶心 唯大御神之命以 問賜僕之哭伊佐知流之事 故 白都良久三字以音 僕欲往妣國以哭 爾大御神詔 汝者不可在此國而 神夜良比夜良比賜 故 以爲請將罷往之状參上耳 無異心 爾天照大御神詔 然者汝心之清明 何以知 於是速須佐之男命答白 各宇氣比而生子自宇以三字以音下效

 すぐに御髪を解いて角髪に束ね、左右の御角髪にも髪飾りにも、左右の御手にも、たくさんの勾玉を貫き通した長い玉の緒を巻き付け、背には千本も矢の入る靫を背負い、横には五百本も矢の入る靫を付け、また肘には威勢のよい高鳴りのする鞆をお付けになり、弓を振り立てて、固い地面を股まで没するまで踏み込み、沫雪のように土を蹴散らかして、雄々しく勇ましい態度で待ち受け、スサノオに「おまえはなぜやってきたのか」とたずねた。

 スサノオは「私に邪心はありません。ただなぜ泣きわめくのかたずねられたので『私は母の居る国に行きたくて泣いているのです』と答えたところ『そうならばお前はこの国に住んではならない』と仰せになって、わたしは追放されたのです。そこでその訳を申し上げようと参上したのです。謀反の心はありません」と答えた。
 そこでアマテラスは「それなら、おまえの心が清く明るいことはどうして知ればよいのですか」と仰せになった。
 そこで、スサノオは「それぞれ誓約(ウケヒ)をして、子を生みましょう」と答えた。


五、天の安の河の誓約

 故爾各中置天安河而 宇氣布時 天照大御神 先乞度建速須佐之男命所佩十拳劔 打折三段而 奴那登母母由良爾此八字以音下效此 振滌天之眞名井而 佐賀美邇迦美而自佐下六字以音下效此 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 多紀理毘賣命此神名以音 亦御名 謂奧津嶋比賣命 次市寸嶋比賣命 亦御名 謂狹依毘賣命 次多岐都比賣命三柱此神名以音    

 こうして天の安河をはさんで誓約をした。まずアマテラスがスサノオの持つ十握の剣をもらい受け、三つに折って、天の真名井で振り清め、よくかんで吹き出した息吹の霧から現れた神の名は、多紀理毘売命(タキリビメ)、またの名は奥津嶋比売命(オキツシマヒメ)という。次に市寸嶋比売命(イチキシマヒメ)、またの名は狭依毘売命(サヨリビメ)という。次に多岐都比売命(タキツヒメ)。

 速須佐之男命 乞度天照大御神所纏左御美豆良八尺勾■[王+右總]之五百津之美須麻流珠而 奴那登母母由良邇 振滌天之眞名井而 佐賀美邇迦美而 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 正勝吾勝勝速日天之忍穗耳命 亦乞度所纏右御美豆良之珠而 佐賀美邇迦美而 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 天之菩卑能命自菩下三字以音 亦乞度所纏御鬘之珠而 佐賀美邇迦美而 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 天津日子根命 又乞度所纏左御手之珠而 佐賀美邇迦美而 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 活津日子根命 亦乞度所纏右御手之珠而 佐賀美邇迦美而 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 熊野久須毘命自久下三字以音 并五柱

 スサノオがアマテラスに、左の角髪に巻いてあった多くの勾玉を結んだ玉をもらい受け、天の真名井で振り清め、かみにかんで吹き出した息吹の霧から現れた神の名は、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ、以下アメノオシホミミ)である。
 右の角髪に巻いてあった玉をもらい受け、かみにかんで吹き出した息吹の霧から現れた神の名は、天之菩比命(アメノホヒ)である。
 また髪飾りに巻いてあった玉をもらい受け、かみにかんで吹き出した息吹の霧から現れた神の名は、天津日子根命(アマツヒコネ)である。
 また左の手に巻いてあった玉をもらい受け、かみにかんで吹き出した息吹の霧から現れた神の名は、活津日子根命(イクツヒコネ)である。
 また右の手に巻いてあった玉をもらい受け、かみにかんで吹き出した息吹の霧から現れた神の名は、熊野久須毘命(クマノクスビ)である。
 あわせて五柱の神である。

 於是天照大御神 告速須佐之男命 是後所生五柱男子者 物實因我物所成 故 自吾子也 先所生之三柱女子者 物實因汝物所成 故 乃汝子也 如此詔別也 故 其先所生之神 多紀理毘賣命者 坐胸形之奧津宮 次市寸嶋比賣命者 坐胸形之中津宮 次田寸津比賣命者 坐胸形之邊津宮 此三柱神者 胸形君等之以伊都久三前大神者也 故 此後所生五柱子之中 天菩比命之子 建比良鳥命此出雲國造 无耶志國造 上菟上國造 下菟上國造 伊自牟國造 津嶋縣直 遠江國造等之祖也 次天津日子根命者 凡川内國造 額田部湯坐連 茨木國造 倭田中直 山代國造 馬來田國造 道尻岐閇國造 周芳國造 倭淹知造 高市縣主 蒲生稻寸 三技部造等之祖也      

 そこでアマテラスはスサノオに「この後で生まれた五柱の男の子は、わたしの持っていた玉によって生まれた。したがって私の子です。先に生まれた三柱の女の子は、おまえの持っていた剣によって生まれた。したがっておまえの子です」と仰せになりお裁きになった。
そして、先に生まれた神、タキリビメは宗像神社の沖つ宮に鎮座している。つぎにイチキシマヒメは宗像神社の中つ宮に鎮座している。つぎにタキツヒメは宗像神社の辺つ宮に鎮座している。
 この3柱の神は宗像君等が祀っている3柱の大神である。

 そして、後に生まれた5柱の子の中で、アメノホヒの子の建比良鳥命は出雲国造、武蔵国造、上{つう}上国造、下{つう}上国造、伊自牟国造、対馬県直、遠江国造等の祖である。
 つぎに、アマツヒコネは凡川内国造、額田部湯坐連、茨木国造、大和田中直、山城国造、馬来田国造、道尻岐閇国造、周芳国造、大和淹知国造、高市県主、蒲生稲寸、三枝部造等の祖である。

 爾速須佐之男命 白于天照大御神 我心清明 故 我所生子 得手弱女 因此言者 自我勝云而 於勝佐備此二字以音 離天照大御神之營田之阿此阿字以音 埋其溝亦其於聞看大嘗之殿 屎麻理此二字以音 散 故 雖然爲 天照大御神者 登賀米受而告 如屎 醉而吐散登許曾此三字以音我那勢之命 爲如此 又離田之阿 埋溝者 地矣阿多良斯登許曾自阿以下七字以音我那勢之命 爲如此登此一字以音詔雖直 猶其惡態不止而轉 
 
 そこでスサノオはアマテラスに「私の心は清く、明るいので私の生んだ子はたおやかな女の子だったのです。このことから申せば当然、私が勝ったのです」といって、勝ちに乗じて、アマテラスの作る田の畦を壊し、その溝を埋め、大嘗を行う御殿に糞をまき散らした。
 しかし、アマテラスはそれを咎めずに「糞のようなものは、わが弟が酔って吐いたへどでしょう。田の畦を壊し、その溝を埋めたのは田を作り直そうとわが弟がしたのでしょう」と仰せになり、善いほうに言い直そうとしたが、その乱暴な行いはやまず、ひどくなるばかりだった。


六、天の岩屋戸

 天照大御神 坐忌服屋而 令織神御衣之時 穿其服屋之頂 逆剥天斑馬剥而 所墮入時 天衣織女見驚而 於梭衝陰上而死訓陰上云富登 故於是天照大御神見畏 開天石屋戸而 刺許母理此三字以音坐也 爾高天原皆暗 葦原中國悉闇 因此而常夜往 於是萬神之聲者 狹蝿那須此二字以音滿 萬妖悉發

 アマテラスが機屋にいらっしゃって、神の御衣を機織女に織らせていたとき、スサノオは機屋の屋根に穴をあけ、斑になった馬の皮をはぎ、落とし入れた。これを見て機織女は驚き、杼で女陰を突いて死んでしまった。

 これを見てアマテラスは恐れ、天の岩屋の戸を開いて中に入り、籠もってしまわれた。そのため、高天原は暗くなり、葦原中国もすべて暗くなってしまった。そして闇夜が続いた。いろいろな邪神の騒ぐ声が満ち、あらゆる禍が起こった。

 是以八百萬神 於天安之河原 神集集而 訓集云都度比 高御産巣日神之子 思金神令訓金云加尼而 集常世長鳴鳥 令鳴而 取天安河之河上之天堅石 取天金山之鐵而 求鍛人天津麻羅而麻羅二字以音 科伊斯許理度賣命自伊以六字以音 令作鏡 科玉祖命 令作八尺勾■[王+右總]之五百津之御須麻流之珠而 召天兒屋命 布刀玉命布刀二字以音下效此而 内拔天香山之眞男鹿之肩拔而 取天香山之天之波波迦此三字以音木名而 令占合麻迦那波而自麻下四字以音 

 そこで、多くの神々が天の安の河原に集まり、タカミムスヒの子の思金神(オモヒカネ、智恵の神)に次のような思案をさせた。
 まず、常世の長鳴鳥を集めて鳴かせ、天の安河の川上で堅い石と鉱山の鉄をとって、それを鍛冶の天津麻羅(アマツマラ)を捜してきて精錬させ、伊斯許理度売命(イシコリドメ)に鏡を作らせた。
 また玉祖命(タマノオヤ)に命じて多くの勾玉を通した八尺の玉飾りを作らせた。

 そして、天児屋命(アメノコヤネ)と布刀玉命(フトダマ)を呼んで、天の香山の雄鹿の肩骨を丸ごと抜き取り、同じく天の香山の、桜の木を取ってきて、鹿の肩骨を焼いて占った。

 天香山之五百津眞賢木矣 根許士爾許士而自許下五字以音 於上枝 取著八尺勾■[王+右總]之五百津之御須麻流之玉 於中枝 取繋八尺鏡訓八尺云八阿多 於下枝 取垂白丹寸手 青丹寸手而【訓垂云志殿 此種種物者 布刀玉命 布刀御幣登取持而 天兒屋命 布刀詔戸言祷白而 天手力男神 隱立戸掖而 天宇受賣命 手次繋天香山之天之日影而 爲鬘天之眞拆而 手草結 天香山之小竹葉而訓小竹云佐佐 於天之石屋戸伏■[シ+于]氣此二字以音而蹈登杼呂許志此五字以音 爲神懸而 掛出胸乳 裳緒忍垂於番登也 爾高天原動而 八百萬神共咲      

 さらに天の香山の多くの賢木を、根ごと掘り起こし、上の枝に多くの勾玉を通した八尺の玉飾りを取り付け、中の枝に八尺の鏡を取り付け、下の枝に白い布帛、青い布帛を垂らし、この様々な物をフトダマが御幣として捧げ持ち、アメノコヤネが祝詞をあげた。

 そして、天手力男神(アメノタヂカラヲ)が天の岩屋戸の横に隠れて立ち、天宇受売命(アメノウズメ)が、天の香山のヒカゲノカズラをたすきにかけ、マサキノカズラを鬘として頭にかぶり、天の香山の笹の葉を手に持って、天の岩屋戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神懸かりして、乳房をあらわに出し、裳の紐を陰部まで垂れ下げた。
 すると高天原が揺れ動くほど、多くの神々がどっと歓声をあげた。

 於是天照大御神 以爲怪 細開天石屋戸而 内告者 因吾隱坐而 以爲天原自闇 亦葦原中國皆闇矣 何由以 天宇受賣者爲樂 亦八百萬神諸咲 爾天宇受賣白言 益汝命而貴神坐 故 歡喜咲樂
 如此言之間 天兒屋命 布刀玉命 指出其鏡 示奉天照大御神之時 天照大御神 逾思奇而 稍自戸出而 臨坐之時 其所隱立之天手力男神 取其御手引出 即布刀玉命 以尻久米
此二字以音繩 控度其御後方白言 從此以内 不得還入 
 故 天照大御神出坐之時 高天原及葦原中國 自得照明 於是八百萬神共議而 於速須佐之男命 負千位置戸 亦切鬚及手足爪令拔而 神夜良比夜良比岐   


 そこでアマテラスは不思議にお思いになり、天の岩屋戸を少し開いて中から「私が隠れたので、高天原が自然と暗くなり、葦原中国も皆暗くなったと思っているのに、なぜアメノウズメは歌い踊り、多くの神々が歓声をあげているのか」と仰せになった。
 そこでアメノウズメは「あなた以上に尊い神がいらっしゃいますので、皆歓声をあげ歌い踊っているのです」と申し上げた。

 こう申しあげる間にアメノコヤネ、フトダマが鏡を差し出し、アマテラスにお見せ申し上げると、ますます不思議に思われ、ちょっと戸より出て鏡を覗かれたときに、隠れていたアメノタヂカラヲがアマテラスの手を取って引き出した。すぐにフトダマが注連縄をその裏に引き渡し、「この注連縄より中にはお戻りになれません」と申し上げた。
 こうしてアマテラスがお出ましになると、高天原も葦原中国も自然と明るくなった。
 そこで多くの神々は相談して、スサノオに罪滅ぼしの品々を出させ、髭と手足の爪を切って祓いとし、高天原より追い払った。

 又食物乞大氣都比賣神 爾大氣都比賣 自鼻口及尻 種種味物取出而 種種作具而進時 速須佐之男命 立伺其態 爲穢汚而奉進 乃殺其大宜津比賣神 
 故 所殺神於身生物者 於頭生蠶 於二目生稻種 於二耳生粟 於鼻生小豆 於陰生麥 於尻生大豆 故是神産巣日御祖命 令取茲 成種


 追放になったスサノオは食べ物を大気都比売(オオゲツヒメ)に求めた。
 そこでオオゲツヒメは鼻や口、また尻からさまざまなおいしい物を取り出し、色々調理して奉ったが、これを隠れて見ていたスサノオは汚れた食べ物を差し出したと思い、すぐにオオゲツヒメを殺してしまった。
 そこで殺されたオオゲツヒメの身体から、頭からは蚕が生まれ、二つの目から稲の種が生まれ、二つの耳から粟が生まれ、鼻から小豆が生まれ、女陰から麦が生まれ、尻から大豆が生まれた。
 そこでカムムスヒ御祖命はこれらを取って種とした。


七、八俣の大蛇

 故 所避追而 降出雲國之肥河上 名鳥髮地 此時箸從其河流下 於是須佐之男命 以爲人有其河上而 尋■[冠不+見]上往者 老夫與老女二人在而 童女置中而泣 爾問賜之汝等者誰 
 故 其老夫答言 僕者國神 大山
津見神之子焉 僕名謂足名椎 妻名謂手名椎 女名謂櫛名田比賣 亦問「汝哭由者何 答白言 我之女者 自本在八稚女 是高志之八俣遠呂智此三字以音 毎年來喫 今其可來時 故泣

 こうして追放されたスサノオは出雲の国の、斐伊川の上流にある鳥髪というところに降りた。
 そのとき、川の上流から箸が流れてきた。
 そこでスサノオは川上に人がいると思い、それをたずねて、上っていくと、老人と老女が二人、少女を間に泣いていた。そこで「おまえたちは誰だ」とおたずねになった。

 すると老人が「私は国つ神の、大山津見(オオヤマツミ)の神の子です。私の名は足名椎(アシナヅチ)といい、妻の名は手名椎(テナヅチ)といい、娘の名は櫛名田比売(クシナダヒメ)といいます」と答えた。
 また、「おまえはなぜ泣いているのか」と問えば、「私の娘は、もとは八人おりましたが、高志のヤマタノオロチが毎年やってきて食べてしまいました。今がやって来る時期なので、泣いているのです」と答えた。

 爾問其形如何 答白 彼目如赤加賀智而 身一有八頭八尾 亦其身生蘿及桧榲 其長度谿八谷峽八尾而 見其腹者 悉常血爛也此謂赤加賀知者今酸醤者也 
 爾速須佐之男命 詔其老夫 是汝之女者 奉於吾哉 答白恐亦不覺御名 爾答詔 吾者天照大御神之伊呂勢者也
自三字以音 故今 自天降坐也 爾足名椎手名椎神 白然坐者恐 立奉

 そこでスサノオが「それはどのような姿をしているのか」とたずねると、老人は「目はほおずきのように真っ赤で、胴体は一つで八つの頭と八つの尾を持ち、背中は苔むし、檜や杉の木が生えていて、その長さは八つの谷、八つの峰にわたり、その腹はいつも血が滲んでいる」と答えた。

 そこでスサノオは「このおまえの娘をわたしにくれないか」と仰せになると、老人が「恐れ多いことですが、まだ名前を伺っておりません」と答えた。スサノオが「私はアマテラスの弟である。そして今、天より降りてきたのだ」とお答えになると、アシナヅチとテナヅチは「それは恐れ多いことです。娘をさしあげましょう」と申し上げた。

 爾速須佐之男命 乃於湯津爪櫛取成其童女而 刺御美豆良 告其足名椎手名椎神 汝等 釀八鹽折之酒 且作廻垣 於其垣作八門 毎門結八佐受岐此三字以音 毎其佐受岐置酒船而 毎船盛其八鹽折酒而待 
 故 隨告而如此設備待之時 其八俣遠呂智 信如言來 乃毎船垂入己頭飮其酒 於是飮醉留伏寢 
 爾速須佐之男命 拔下其所御佩之十拳劔 切散其蛇者 肥河變血而流 故 切其中尾時 御刀之刄毀 爾思怪以御刀之前 刺割而見者 在都牟刈之大刀 
 故 取此大刀 思異物而 白上於天照大御神也 是者草那藝之大刀也
那藝二字以音    

 そこで、スサノオはすぐに、その少女を神聖な櫛に変身させ、御角髪にさし、アシナヅチとテナヅチに「おまえたちは何回も醸造した強い酒を造り、垣を作り廻らし、その垣に八つの門を作り、門ごとに桟敷を作り、桟敷ごとに酒を入れる樽を置き、樽ごとに何回も醸造した強い酒を一杯にして待っておれ」と命じた。

 そこで命じられたままに、準備して待っていると、ヤマタノオロチが老人の言うとおりやって来た。すぐにヤマタノオロチは樽ごとに自分の頭を入れ、その酒を飲んだ。そして酔っぱらって、そのまま横になって寝てしまった。
 そこで、スサノオは十握の剣を抜き、ズタズタに切ると斐伊川の水は血となって流れた。そして中の尾を切ったとき、十握の剣の刃が欠けた。スサノオは不審に思われ、剣先で尾を切り裂いてみると立派な太刀があった。
 そこでスサノオはその太刀を取り、不思議なことだと思い、アマテラスに献上した。これが草薙の太刀である。

 故是以其速須佐之男命 宮可造作之地 求出雲國 爾到坐須賀此二字以音下效此 地而詔之 吾來此地 我御心須賀須賀斯而 其地作宮坐 故 其地者於今云須賀也 
 茲大神 初作須賀宮之時 自其地雲立騰 爾作御歌 其歌曰 
  夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀岐 都麻碁尾爾 夜幣賀岐都久流 曾能夜幣賀岐袁
 於是喚其足名椎神 告言汝者任我宮之首 且負名號稻田宮主須賀之八耳神  


 こうして、スサノオは宮殿を造る場所を出雲の国に探した。そして須賀の地に来て「私はここに来て、気持ちがすがすがしい」と言った。そして、そこに宮殿を造った。それで今,そこを須賀という。
 スサノオが初めて須賀の宮を作ったとき、そこから雲が立ちのぼった。そこで歌をお作りになった。その歌は、

八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を
(多くの雲が立ちのぼっている その雲の幾重にもなった垣根が 妻を籠もらせるように 幾重もの垣根を作っている その素晴らしい垣根よ)

 ここで、スサノオはアシナヅチを呼んで「おまえを私の宮殿の長に任じよう」と仰せになり、名を与えて稲田宮主須賀之八耳神(イナダミヤヌシスガノヤツミミ)と名付けた。

 故 其櫛名田比賣以 久美度邇起而 所生神名 謂八嶋士奴美神自士下三字以音下效此 又娶大山津見神之女 名神大市比賣 生子 大年神 次宇迦之御魂神二柱宇迦二字以音 兄八嶋士奴美神  娶大山津見神之女 名木花知流二字以音比賣 生子 布波能母遲久奴須奴神 此神 娶淤迦美神之女 名日河比賣 生子 深淵之水夜禮花神夜禮二字以音 此神 娶天之都度閇知泥(自都下五字以音 生子 淤美豆奴神此神名以音 此神 娶布怒豆怒神此神名以音之女 名布帝耳布帝二字以音 生子 天之冬衣神 此神 娶刺國大神之女 名刺國若比賣 生子 大國主神 
 亦名謂大穴牟遲神
牟遲二字以音 亦名謂葦原色許男神色許二字以音 亦名謂八千矛神 亦名謂宇都志國玉神宇都志三字以音 并有五名  

 そこでクシナダヒメと夫婦の交わりをして生んだ神の名は八島士奴美神(ヤシマジヌミ)という。
 またオオヤマツの娘の神大市比売(カムオオイチヒメ)を娶って生んだ子は大年神(オオトシ)、つぎに宇迦之御魂神(ウカノミタマ)である。
 ヤシマジヌミがオオヤマツの娘の木花知流比売(コノハナチルヒメ)を娶って生んだ子は布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌ)である。
 このフハノモヂクヌスヌが淤迦美神(オカミ)の娘の日河比売(ヒカワヒメ)を娶って生んだ子は深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナ)である。
 このフカフチノミズヤレハナが天之都度閇知泥神(アメノツドヘチヌ)を娶って生んだ子は淤美豆奴神(オミズヌ)である。
 このオミズヌが布怒豆怒神(フノヅノ)の娘の布帝耳神(フテミミ)を娶って生んだ子は天之冬衣神(アメノフユキヌ)である。
 このアメノフユキヌが刺国大神(サシクニ)の娘の刺国若比売(サシクニワカ)を娶って生んだ子は大国主神である。

 大国主神はまたの名を大穴牟遅神(オオナムヂ)といい、またの名は葦原色許男神(アシハラシコヲ)といい、またの名は八千矛神(ヤチホコ)といい、またの名は宇都志国玉神(ウツシクニタマ)といい、併せて五つの名があった。


八、因幡の素兎

 故 此大國主神之兄弟 八十神坐 然皆國者 避於大國主神 所以避者 其八十神 各有欲婚稻羽之八上比賣之心 共行稻羽時 於大穴牟遲神負■[冠代+巾] 爲從者率往 於是到氣多之前時 裸菟伏也 爾八十神謂其菟云 汝將爲者 浴此海鹽 當風吹而 伏高山尾上 故 其菟從八十神之教而伏 爾其鹽隨乾 其身皮悉風見吹拆


 大国主神には八十神(ヤソガミ)という多くの兄弟の神々がいた。しかし皆、国を大国主神にお譲りした。譲ったわけはつぎのとおりである。

 八十神たちは因幡の八上比売(ヤガミヒメ)に求婚しようと皆一緒に出かけた。出かける時にオオナムヂに袋を背負わせ、従者として連れていった。ところが気多の岬に至った時、皮を剥がれて丸裸になった兎が倒れていた。
 これを見た八十神たちはその兎に「この海の塩水を浴びて、風が当たるよう高い山の尾根に寝ているがよい」と教えた。兎は教えられた通りに山の尾根に寝ていたが、浴びた塩水が乾くにつれ皮膚が風に吹かれて、すっかりひび割れてしまった。

 故 痛苦泣伏者 最後之來大穴牟遲神 見其菟言 何由汝泣伏 菟答言 僕在淤岐嶋 雖欲度此地 無度因 故 欺海和邇此二字以音下效此言 吾與汝競 欲計族之多少 故 汝者隨其族在悉率來 自此嶋至于氣多前 皆列伏度 爾吾蹈其上 走乍讀度 於是知與吾族孰多 如此言者 見欺而列伏之時 吾蹈其上 讀度來 今將下地時 吾云 汝者我見欺言竟 即伏最端和邇 捕我悉剥我衣服 因此泣患者 先行八十神之命以 誨告浴海鹽 當風伏』故爲如教者 我身悉傷 

 そのため兎が痛み苦しんで、泣き伏していたところ、遅れてやってきたオオナムヂがその兎を見て「お前はなぜ泣き伏しているのか」とたずねると、兎が答えて言うには「私は隠岐の島にすんでいて、ここに渡りたいと思いましたが、渡るすべがなかったので、海にいるワニ(鮫)をだまして『私とお前と比べて、どちらの同族が多いか数えてみたい。
 そこでお前はその同族をことごとく連れて来て、この島から気多の岬まで皆並んで伏していなさい。私がその上を踏んで走りつつ数えながら渡ることにしよう。そうすれば、お前の同族とどちらの同族が多いかがわかるだろう』といいました。

 だまされたワニが並んで伏していたとき、わたしがその上を踏んで、数えながら渡ってきて、今や地上に降りようとするとき、わたしが『お前はわたしに騙されたのだ』といったとたん、一番端に伏していたワニがわたしを捕まえて、わたしの皮をすっかり剥いでしまったのです。
 そのようなわけで泣き悲しんでいたところ、先に行った八十神たちに『海の塩水を浴びて、風に当たって伏せているがよい』と教えられました。そこで教えられた通りにしたところ、わたしは全身傷だらけになってしまったのです」と申し上げた。

 於是大穴牟遲神 教告其菟 今急往此水門 以水洗汝身 即取其水門之蒲黄 敷散而 輾轉其上者 汝身如本膚必差 故 爲如教 其身如本也 
 此稻羽之素菟者也 於今者謂菟神也 故 其菟白大穴牟遲神 此八十神者 必不得八上比賣 雖負■[冠代+巾]汝命獲之 

 そこでオオナムヂはこのように教えた。「今すぐ河口に行き、真水で体を洗いなさい。そしてすぐに河口に生えている蒲の花粉を取って敷き散らかし、その上に寝転がれば、お前の体の皮膚は必ず元通りになるだろう」兎は教えられた通りにしたところ、体は元の通りになった。
 これを因幡の素兎といい、今でも兎神といっている。そこでその兎は、オオナムヂに「八十神たちはきっとヤガミヒメを得ることはできないでしょう。袋を背負ってはいるがあなたが得るでしょう」と申し上げた。

九、大国主神の根の国訪問

 於是八上比賣 答八十神言 吾者不聞汝等之言 將嫁大穴牟遲神 
 故爾八十神怒 欲殺大穴牟遲神 共議而 至伯岐國之手間山本云 赤猪在此山 故 和禮
此二字以音共追下者 汝待取 若不待取者 必將殺汝云而 以火燒似猪大石而轉落 爾追下取時 即於其石所燒著而死 
 爾其御祖命 哭患而 參上于天 請神産巣日之命時 乃遣■[冠討+虫]貝比賣與蛤貝比賣 令作活 爾■[冠討+虫]貝比賣岐佐宜
此三字以音集而 蛤貝比賣持承而 塗母乳汁者 成麗壯夫訓壯夫云袁等古而出遊行

 さて、ヤガミヒメは八十神たちの求婚に答えて「わたしはあなたたちの言うことは聞きません。わたしはオオナムヂに嫁ぎます」といった。

 これを聞いた八十神たちは怒って、オオナムヂを殺そうと思い皆で相談して、伯{き}国の、手間の山の麓に来て、オオナムヂにいった。「赤い猪がこの山にいる。そこでわれらが一斉に追い下ろすのでお前はそれを待っていて捕まえろ。もし、待ち捕まえなかったら、必ず、お前を殺すぞ」といって、猪に似た大石を火で焼いて、転がし落とした。そこで追い下ろすのを捕らえようとしたオオナムヂはたちまちその石に焼き付かれて死んでしまった。

 このことを知ったオオナムヂの母神は嘆き悲しみ高天原に参上して、カムムスヒの神にお願いすると、すぐに{きさ}貝比売(キサガヒヒメ)と蛤貝比売(ウムギヒメ)を遣わして、治療して生き返らせた。
 {きさ}貝比売が大石にこびり付いていたオオナムヂの骸を集め、蛤貝比売がそれを待ち受けて母の乳汁を塗ったところ、元の麗しい男に戻って出歩かれた。

 於是八十神見 且欺率入山而 切伏大樹 茹矢打立其木 令入其中 即打離其氷目矢而拷殺也 爾亦其御祖命 哭乍求者 得見 即析其木而取出活 告其子言 汝者有此間者 遂爲八十神所滅 乃速遣於木國之大屋毘古神之御所 爾八十神 magi■[冠上爲+見]追臻而 矢刺乞時 自木俣漏逃而云 可參向須佐能男命所坐之根堅洲國 必其大神議也 
 故 隨詔命而 參到須佐之男命之御所者 其女須勢理毘賣出見 爲目合而 相婚 還入 白其父言 甚麗神來 

 そこでこれを見た八十神たちはまたオオナムヂを騙して山へ連れて行き、大きな木を切り倒し、楔をその木に打ち込み、その割れ目にオオナムヂを押し込むやいなや、楔を外してオオナムヂを挟み殺してしまった。
 そこでまた、母神が泣きながら探し、オオナムヂを見つけて、ただちに木を裂いて取り出し生き返らせていった。「お前はここにいたら、いつかは八十神たちに滅ぼされるでしょう」といい、すぐに木の国の、オオヤビコのもとにオオナムヂを遣わせた。

 ところが八十神たちは探し出して追いかけてきて、弓矢を構えて引き渡しを迫ったので、オオヤビコは木の俣からオオナムヂを逃していった。「スサノオのいる根の堅州国に行きなさい。必ず大神が良い方法を考えて下さるだろう」
 そこで、いわれた通りにスサノオのもとに参り至ると、スサノオの娘の須勢理毘売(スセリビメ)が出てきてオオナムヂに一目惚れして結び合われ、御殿に帰ってスサノオに「大変麗しい神がおいでになりました」といった。

 爾其大神出見而 告此者謂之葦原色許男 即喚入而 令寢其蛇室 於是其妻須勢理毘賣命 以蛇比禮二字以音授其夫云 其蛇將咋 以此比禮三擧打撥 故 如教者 蛇自靜 故 平寢出之 亦來日夜者 入呉公與蜂室 亦授呉公蜂之比禮 教如先 故 平出之 亦鳴鏑射入大野之中 令採其矢 故 入其野時 即以火迴燒其野 於是不知所出之間 鼠來云 内者富良富良此四字以音 外者須夫須夫此四字以音 如此言故 蹈其處者 落隱入之間 火者燒過 爾其鼠 咋持其鳴鏑出來而奉也 其矢羽者 其鼠子等皆喫也    

 そこで大神が外に出て一目見るなり、「こいつはアシハラシコヲという男だ」といって、すぐに呼び入れ、蛇の室に寝かせた。
 そこでその妻スセリビメが蛇の比礼を夫に授けて「蛇が食い付いて来たら、この比礼を三度振って打ち払いなさい」といった。そこで教えられた通りにしたなら蛇は自然に静まり、安心して寝ることができ、室を出ることができた。

 また、次の日の夜にはムカデと蜂の室に入れられた。今度も、ムカデと蜂の比礼を夫に授けて前のように教えた。そこで安心して寝ることができ、室を出ることができた。

 そこで、スサノオは鏑矢を広い野原に討ち入れて、その矢を探させた。そして、オオナムヂが探しに入るや、野に火を放ち、周りから焼いた。そこでオオナムヂが出るところが判らないでいると、ネズミが出て来て「内はほらほら、外はすぶすぶ」といった。そこでそこを踏んだところ、下に落ち、隠れている間に、火は焼け過ぎて行った。そこへ、そのネズミが鏑矢をくわえて持って来てオオナムヂに奉った。その矢の羽は皆ネズミの子供が食いちぎっていた。

 於是其妻須世理毘賣者 持喪具而哭來 其父大神者 思已死訖 出立其野 爾持其矢以奉之時 率入家而 喚入八田間大室而 令取其頭之虱 故爾見其頭者 呉公多在 於是其妻 取牟久木實與赤土 授其夫 故 咋破其木實 含赤土唾出者 其大神 以爲咋破呉公唾出而 於心思愛而寢 爾握其神之髮 其室毎椽結著而 五百引石 取塞其室戸 負其妻須世理毘賣 即取持其大神之生大刀與生弓矢 及其天詔琴而 逃出之時 其天詔琴 拂授而地動鳴 故 其所寢大神 聞驚而 引仆其室 然解結椽髮之間 遠逃 

 妻のスセリビメは葬儀の品々を持ち泣きながらやって来て、その父の大神は、オオナムヂは既に死んだと思い、その野に出て立っていた。
 そこにオオナムヂが矢を持って奉ったので家の中に連れて入り、広い大室に呼び入れて、自分の頭のシラミを取らせた。ところがその頭を見るとムカデがたくさんいた。そこで妻のスセリビメが椋の木の実と赤土を持って来て夫に渡した。

 そこでその椋の木の実を食いちぎり、赤土をまぜて唾として出すと、大神はムカデを食いちぎって唾として出したと思い、心の中でかわいいやつだと思い眠ってしまった。
 そこでその大神の髪を取り、その室の垂木に次々と結びつけ、大きな岩をその室の戸口に持って来て塞ぎ、妻のスセリビメを背負って、大神の生太刀、生弓矢、天の詔琴をたずさえて、逃げ出したとき、その天の詔琴が木に触れて大地が動かんばかりに鳴り響いた。
 寝ていた大神これを聞いて驚き、室を引き倒した。しかし垂木に結び付けられた髪をほどいている間に、オオナムヂとスセリビメは遠くに逃げていった。
 
故爾追至黄泉比良坂 遙望 呼謂大穴牟遲神曰 其汝所持之生大刀生弓矢以而 汝庶兄弟者 追伏坂之御尾 亦追撥河之瀬而 意禮二字以音爲大國主神 亦爲宇都志國玉神而 其我之女須世理毘賣 爲嫡妻而 於宇迦能山三字以音巳之山本 於底津石根宮柱布刀斯理此四字以音 於高天原氷椽多迦斯理此四字以音而居 是奴也 故 持其大刀弓 追避其八十神之時 毎坂御尾追伏 毎河瀬追撥 始作國也 故 其八上比賣者 如先期美刀阿多波志都此七字以音 故 其八上比賣者 雖率來 畏其嫡妻須世理毘賣而 其所生子者 刺狹木俣而返 故 名其子云木俣神 亦名謂御井神也

 それでも大神は黄泉比良坂まで追って来て、遥か遠くのオオナムヂを見ていった。
 「お前が持っている生太刀、生弓矢でもってお前の庶流の兄弟を、坂の尾根に追い伏せ、河の瀬に追い払って、お前は大国主神となり、また、宇津志国玉神(ウツシクニタマ)となって、我が娘スセリビメを正妻として、宇迦の山の麓に地底の岩盤に届くまでの宮柱を立て、高天の原に届くほどの千木をたてた宮殿に住め。こやつめ」

 そこでその生太刀、生弓矢で八十神たちを追い払い、坂の尾根に追い伏せ、河の瀬に追い払って、国作りを始めた。
 その後、先の約束どおりにオオナムヂはヤガミヒメと結婚し、出雲の国に連れてこられたが、正妻のスセリビメをおそれ、その産んだ子を木の俣に刺し挟んで帰ってしまった。そこでその子を名付けて木俣(キノマタ)の神といい、またの名を御井(ミヰ)の神という


十、八千矛神の妻問

 此八千矛神將婚高志國之沼河比賣幸行之時到其沼河比賣之家歌曰
 夜知富許能 迦尾能美許登波 夜斯麻久爾 都麻麻岐迦泥弖 登富登富斯 故志能久邇邇 佐加志賣袁 阿理登岐加志弖 久波志賣遠 阿理登伎許志弖 佐用婆比爾 阿理多多斯 用婆比邇 阿理迦用婆勢 多知賀遠母 伊麻陀登加受弖 淤須比遠母 伊麻陀登加(婆遠登賣能 那須夜伊多斗遠 淤曾夫良比 和何多多勢禮婆 比許豆良比 和何多多勢禮婆 阿遠夜麻邇 奴延波那伎奴 佐怒都登理 岐藝斯波登與牟 爾波都登理 迦祁波那久 宇禮多久母 那久那留登理加 許能登理母 宇知夜米許世泥 伊斯多布夜 阿麻波勢豆加比 許登能 加多理其登母 許遠婆 

 八千矛神(大国主神)が越国の沼河比売(ヌナカワヒメ)に求婚しようとしてお出かけになったとき、そのヌナカワヒメの家に着いて歌を歌われた。

 八千矛の 神の命は           八千矛の神は
 八島国 妻枕きかねて           大八島国中探しても妻を娶ることができず
 遠遠し 高志の国に            遠い遠い越の国に
 賢し女を 有りと聞かして         賢い女がいると聞いて
 麗し女を 有るりと聞こして        麗しい女がいると聞いて 
 さ婚ひに あり立たし            求婚にお出かけになり
 婚ひに あり通はせ            求婚にお通いになると
 大刀が緒も いまだ解かずて       大刀の下げ緒をいまだ解かぬまま
 襲をも いまだ解かねば          上着もいまだ脱がぬまま
 嬢子の 寝すや板戸を           乙女の寝ている家の板戸を
 押そぶらひ 我が立たせれば      押し揺すぶって 
 引こづらひ 我が立たせれば      何度も引いてお立ちになっていると
 青山に {ぬえ}は鳴きぬ         緑の山ではぬえが鳴き
 さ野つ鳥 雉はとよむ           野には雉の声が響く
 庭つ鳥 鶏は鳴く              庭の鳥の鶏は鳴く
 心痛くも 鳴くなる鳥か          いまいましくも鳴く鳥よ
 この鳥も 打ち止めこせね        叩いて鳴きやめさせてくれよう
 いしたふや 天馳使            天駆ける使いの者よ
 事の 語言も 是をば           これが事を伝える語り言です

 爾其沼河比賣 未開戸 自内歌曰
 夜知富許能 迦微能美許等 奴延久佐能 賣邇志阿礼婆 和何許許呂 宇良須能登理叙 伊麻許曾婆 和杼理邇阿良米 能知波 那杼理爾阿良牟遠 伊能知波 那志勢多麻比曾 伊斯多布夜 阿麻波世豆迦比 許登能 加多理碁登母 許遠婆 
 阿遠夜麻邇 比賀迦久良婆 奴婆多麻能 用波伊傳那牟 阿佐比能 恵美佐迦延岐弖 多久豆怒能 斯路岐多陀牟岐 阿和由岐能 和加夜流牟泥遠 曾陀多岐 多多岐麻那賀理 麻多麻傳 多麻傳佐斯麻岐 毛毛那賀爾 伊波那佐牟遠 阿夜爾 那古斐支許志 夜知富許能 迦尾能美許登 許登能 迦多理碁登母 許遠婆
 故 其夜者 不合而 明日夜 爲御合也  


 とお歌いになった。しかしヌナカワヒメは、まだ戸を開かずに中からお歌いになって

 八千矛の 神の命             八千矛の神
 ぬえ草の 女にしあれば         なよなよとした女の身ですので
 我が心 浦渚の鳥ぞ            私の心は入江の洲にいる鳥のようです
 今こそは 我鳥にあらめ         今はわがままに振る舞っていますが
 後は 汝鳥にあらむを           後にはあなたのものになるでしょうから
 命は な殺せたまひそ           どうぞ鳥たちを殺さないで下さい
 いしたふや 天馳使            天駆ける使いの者よ
 事の 語言も 是をば           これが事を伝える語り言です

 青山に 日が隠らば            緑の山に日が隠れたら
 ぬばたまの 夜は出でなむ       夜にはおいでになってください
 朝日の 笑み栄え来て          朝日のようにはれやかな顔でやって来て
 栲綱の 白き腕               コウゾの綱のように白い腕で
 沫雪の 若やる胸を            沫雪のように若い胸を
 そだたき たたきまながり         たっぷり愛撫して
 真玉手 玉手さし枕き           玉のように美しい私の手を枕にして
 百長に 寝は寝さむを           いつまでもおやすみください
 あやに な恋ひ聞こし           あまり恋いこがれなさいますな
 八千矛の 神の命             八千矛の神
 事の 語言も 是をば           以上が事を伝える語り言です

 とお歌いになった。そしてその夜は会わずに、翌日の夜お会いになった。

 又其神之嫡后 須勢理毘賣命 甚爲嫉妬 故 其日子遲神和備弖三字以音 自出雲將上坐倭國而 束裝立時 片御手者 繋御馬之鞍 片御足 蹈入其御鐙而 歌曰
 奴婆多麻能 久路岐美祁斯遠 麻都夫佐爾 登理與曾比 淤岐都登理 牟那美流登岐 波多多藝母 許禮婆布佐波受 幣都那美 曾邇奴岐宇弖 蘇邇杼理能 阿遠岐美祁斯遠 麻都夫佐邇 登理與曾比 於岐都登理 牟那美流登岐 波多多藝母 許母布佐波受 幣都那美 曾邇奴棄宇弖 夜麻賀多爾 麻岐斯 阿多尼都岐 曾米紀賀斯流邇 斯米許呂母遠 麻都夫佐邇 登理與曾比 淤岐都登理 牟那美流登岐 波多多藝母 許斯與呂志 伊刀古夜能 伊毛能美許等 牟良登理能 和賀牟禮伊那 比氣登理能 和賀比氣伊那婆 那迦士登波 那波伊布登母 夜麻登能 比登母登須須岐 宇那加夫斯 那賀那加佐麻久 阿佐阿米能 疑理邇多多牟敍 和加久佐能 都麻能美許登 許登能 加多理碁登母 許遠婆


 しかし、八千矛神の大后のスセリビメはたいへん嫉妬深い方であった。そこでその夫の神は困惑して、出雲から大和国にお上りになろうとして、支度をしてお出かけになるときに、片方の手を馬の鞍にかけ、片方の足を午の鐙に踏み入れて、お歌いになって

 ぬばたまの 黒く御衣を         黒い御衣を
 まつぶさに 取り装ひ           すっかり着飾り
 沖つ鳥 胸見る時             水鳥のように首を曲げ胸元を見渡し
 はたたぎも これは適さず        袖を上げ下ろしして見るもどうも似合わぬ
 辺つ波 そに脱き棄て          岸辺に寄せた波が引くように後ろに脱ぎ捨て
 そに鳥の 青き御衣を          カワセミに似た青い御衣を
 まつぶさに 取り装ひ           すっかり着飾り
 沖つ鳥 胸見る時             水鳥のように首を曲げ胸元を見渡し
 はたたぎも 此適はず          袖を上げ下ろしして見るもどうも似合わぬ
 辺つ波 そに脱き棄て          岸辺に寄せた波が引くように後ろに脱ぎ捨て
 山県に 蒔きし あたね舂き       山の畑に蒔いたあかねを
 染木が汁に 染め衣を           染め草の汁として染めた衣を
 まつぶさに 取り装ひ           すっかり着飾り
 沖つ鳥 胸見る時             水鳥のように首を曲げ胸元を見渡し
 はたたぎも 此し宜し           袖を上げ下ろしして見るとこれがよい
 いとこやの 妹の命            いとしい妻よ
 群鳥の 我が群れ往なば        群鳥のように皆と一緒に行ったなら
 引け鳥の 我が引け往なば       引かれ鳥のように皆に引かれて行ったなら
 泣かじとは 汝は言ふとも        泣かないとあなたは言うけれども
 山処の 一本薄              山辺にある一本のすすきのように
 項傾し 汝が泣かさまく          うなだれてあなたは泣くだろう
 朝雨の 霧に立たむぞ          その吐息は霧となって立つだろう
 若草の 妻の命              わが妻よ
 事の 語言も 是をば           以上が事を伝える語り言です

 とお歌いになった。

 爾其后 取大御酒坏 立依指擧而 歌曰
 夜知富許能 加微能美許登夜 阿賀淤富久邇奴斯 那許曾波 遠邇伊麻世婆 宇知微流 斯麻能佐岐耶岐 加岐微流 伊蘇能佐岐淤知受 和加久佐能 都麻母多勢良米 阿波母與 賣邇斯阿礼婆 那遠岐弖 遠波那志 那遠岐弖 都麻波那斯 阿夜加岐能 布波夜賀斯多爾 牟斯夫須麻 爾古夜賀斯多爾 多久夫須麻 佐夜具賀斯多爾 阿和由岐能 和加夜流牟泥遠 多久豆怒能 斯路岐多陀牟岐 曾陀多岐 多多岐麻那賀理 麻多麻傳 多麻傳佐斯麻岐 毛毛那賀邇 伊遠斯那世 登與美岐 多弖麻都良世
 如此歌 即爲宇伎由比
四字以音而 宇那賀氣理弖六字以音 至今鎭坐也 此謂之神語也

 そこでその后は大きな杯をお取りになり、夫の側に立ち寄り、杯を捧げてお歌いになって

 八千矛の 神の命や            八千矛の神 
 吾が大国主                 大国主神よ
 汝こそは 男に坐せば           あなたは男でいらっしゃるから
 打ち廻る 島の埼埼            巡る島の先々
 かき廻る 磯の埼落ちず         磯の先にはもれなく
 若草の 妻持たせらめ           妻を持っていらっしゃることでしょう
 吾はもよ 女にしあれば          私は女ですから
 汝を除て 男は無し             あなたの他に男はいません
 汝を除て 夫は無し             あなたの他に夫はいません
 綾垣の ふはやが下に          綾の帳の ふわふわゆれる下で
 苧衾 柔やが下に             絹の布団の 柔らかな下で
 栲衾 さやぐが下に             コウゾの布団の さやめく下で
 沫雪の 若やる胸を            沫雪のように若い胸を
 栲綱の 白き腕               コウゾの綱のように白い腕で
 そだたき たたきまながり         たっぷり愛撫して
 真玉手 玉手さし枕き           玉のように美しい私の手を枕にして
 百長に 寝をし寝せ            いつまでもおやすみください
 豊御酒 奉らせ               御酒を お召し上がり下さい

 とお歌いになった。このように歌われてすぐに夫婦の固めの杯をお交わしになって、互いに首に手をかけて、今に至るまで鎮座しておられる。これらの歌を神語(カムガタリ)という。
  

十一、大国主神と少名毘古那神の国作り

 故 此大國主神 娶坐胸形奧津宮神 多紀理毘賣命 生子 阿遲二字以音■[金+且]高日子根神 次妹高比賣命 亦名 下光比賣命 此之阿遲■[金+且]高日子根神者 今謂迦毛大御神者也 大國主神 亦娶神屋楯比賣命 生子 事代主神 亦娶八嶋牟遲能神自牟下三字以音之女 鳥取神 生子 鳥鳴海神訓鳴云那留 此神 娶日名照額田毘道男伊許知邇神田下毘又自伊下至邇皆以音 生子 國忍富神 此神 娶葦那陀迦神自那下三字以音 亦名 八河江比賣 生子 速甕之多氣佐波夜遲奴美神自多下八字以音 此神 娶天之甕主神之女 前玉比賣 生子 甕主日子神 此神 娶淤加美神之女比那良志毘賣此神名以音 生子 多比理岐志麻流美神此神名以音 此神 娶比比羅木之其花麻豆美神木上三字花下三字以音之女 活玉前玉比賣神 生子 美呂浪神美呂二字以音 此神 娶敷山主神之女 青沼馬沼押比賣 生子 布忍富鳥鳴海神 此神 娶若晝女神 生子 天日腹大科度美神度美二字以音 此神 娶天狹霧神之女 遠津待根神 生子 遠津山岬多良斯神  
 右件自八嶋士奴美神以下 遠津山岬帶神以前 稱十七世神


 大国主神が宗像の奥つ宮におられる神、タキリビメを娶って生んだ子は阿遅{すき}高日子根神(アヂスキタカヒコネ)、つぎに妹高比売命(イモタカヒメ)、またの名は下光比売命(シタテルヒメ)。この阿遅{すき}高日子根神は、今、迦毛の大御神という。

 また、大国主神が神屋盾比売命(カムヤタテヒメ)を娶って生んだ子は事代主神(コトシロヌシ)である。
 また八島牟遅能神(ヤシマムヂノ)の娘の鳥取神を娶って生んだ子は鳥鳴海神(トリナルミ)である。
 この神が日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテルヌカタビチヲイコチニ)を娶って生んだ子は国忍富神(クニオシトミ)である。
 この神が葦那陀迦神(アシナダカ)、またの名が八河江比売(ヤガハエヒメ)を娶って生んだ子は速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤヂヌミ)である。
 この神が天之甕主神(アメノミカヌシ)の娘、前玉比売(サキタマヒメ)を娶って生んだ子は甕主日子神(ミカヌシヒコ)である。
 この神が淤加美神(オカミ)の娘、比那良志毘売(ヒナラシビメ)を娶って生んだ子は多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ)である。
 この神が比々羅木之其花麻豆美神(ヒヒラギノソノハナマズミ)の娘、活玉前玉比売神(イクタマサキタマヒメ)を娶って生んだ子は美呂浪神(ミロナミ)である。
 この神が敷山主神(シキヤマヌシ)の娘、青沼馬沼押比売(アヲヌウマヌオシヒメ)を娶って生んだ子は布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ)である。
 この神が若尽女神(ワカツクシメ)を娶って生んだ子は天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ)である。
 この神が天狭霧神(アメノサギリ)の娘、遠津待根神(トホツマチヌ)を娶って生んだ子は遠津山岬多良斯神(トホツヤマサキタラシ)である。

 右にあげたヤシマジヌミから、トホツヤマサキタラシまでを十七世の神と称する。

 故 大國主神 坐出雲之御大之御前時 自波穗 乘天之羅摩船而 内剥鵝皮剥 爲衣服 有歸來神 爾雖問其名不答 且雖問所從之諸神 皆白不知 爾多邇具久白言自多下四字以音 此者久延毘古必知之 即召久延毘古問時 答白此者神産巣日神之御子 少名毘古那神自毘下三字以音 故爾白上於神産巣日御祖命者 答告 此者實我子也 於子之中 自我手俣久岐斯子也自久下三字以音 故 與汝葦原色許男命 爲兄弟而 作堅其國 

さて、大国主神が出雲の美保の岬におられたとき、波の上からガガ芋の実の船に乗って、蛾の皮を丸剥ぎに剥いだ着物を着て近づいてくる神があった。
 そこでその名を問うたが返事がなかった。また従っている多くの神々にたずねてみたが、皆「知りません」と答えた。

 しかしヒキガエルが「きっと久延{び}古(クエビコ)が知っているでしょう」と申し上げたので、すぐにクエビコを呼んでたずねると「この神はカムムスヒの御子で少名毘古那神(スクナビコナ)である」とお答えした。
 そこでカムムスヒの御祖命に申し上げたところ、「この神はたしかにわたしの子です。子の中でもわたしの手の間よりこぼれ落ちた子です。そこでおまえはアシハラシコヲと兄弟となってこの国を作り固めなさい」とお答えになった。

 故 自爾大穴牟遲與少名毘古那 二柱神相並 作堅此國 然後者 其少名毘古那神者 度于常世國也 故 顯白其少名毘古那神 所謂久延毘古者 於今者山田之曾富騰者也 此神者 足雖不行 盡知天下之事神也 於是大國主神 愁而告 吾獨何能得作此國 孰神與吾能相作此國耶 是時有光海依來 之神 其神言 能治我前者 吾能共與相作成 若不然者 國難成 爾大國主神曰 然者治奉之状奈何 答言吾者 伊都岐奉于倭之青垣東山上 此者坐御諸山上神也  

 そこでオオナムヂとスクナビコナの二柱の神は協力しあって国を作り固められた。そしてその後スクナビコナは常世の国にお渡りになった。
 さて、そのスクナビコナであることを顕し申し上げたクエビコはいまでは山田の案山子という。この神は歩くことはできないが天下のことはことごとく知っている神である。
 ここで大国主神が憂えて「自分一人でどうしてこの国を作ることが出来るであろうか。どの神と一緒にこの国を作ったらよいであろうか」と仰せになった。

 このとき、海を照らして近寄ってくる神があった。
 その神がいうには「わたしをよくお祀りすればわたしはあなたと共に国を作りましょう。もしよく祀ることができないならば国を作ることは難しいでしょう」と申された。
 そこで大国主神は「ではどのようにお祀りしたらよろしいのでしょうか」と申されると、「わたしを大和の、青垣の、東の山の上に祀りなさい」とお答えされた。この神が御諸山(三輪山)の上に鎮座しておられる神である。

 故 其大年神 娶神活須毘神之女 伊怒比賣 生子 大國御魂神 次韓神 次曾富理神 次白日神 次聖神五神 又娶香用比賣此神名以音 生子 大香山戸臣神 次御年神二柱 又娶天和迦流美豆比賣訓天如天亦自和下六字以音 生子 奧津日子神 次奧津比賣命 亦名 大戸比賣神 此者諸人以拜竃神者也 次大山咋神 亦名 山末之大主神 此神者 坐近淡海國之日枝山 亦坐葛野之松尾 用鳴鏑神者也 次庭津日神 次阿須波神此神名以音 次波比岐神此神名以音 次香山戸臣神 次羽山戸神 次庭高津日神 次大土神 亦名土之御祖神 九神 
 上件大年神之子 自大國御魂神以下 大土神以前 并十六神
 羽山戸神 娶大氣都比賣神
自氣下四字以音 生子 若山咋神 次若年神 次妹若沙那賣神自沙下三字以音 次彌豆麻岐神自彌下四字音 次夏高津日神 亦名 夏之賣神 次秋毘賣神 次久久年神久久二字以音 次久久紀若室葛根神久久紀二字以音
 上件羽山之子以下 若室葛根以前 并八神

 さて、かのオオトシが神活須毘神(カムイクスビ)の娘、伊怒比売(イノヒメ)を娶って生んだ子は大国御魂神(オオクニミタマ)、つぎに曾富理神(ソホリ)、つぎに白日神(シラヒ)、つぎに聖神である。
 また香用比売(カヨヒメ)を娶って生んだ子は大香山戸臣神(オオカグヤマトミ)、つぎに御年神である。

 また天知迦流美豆比売(アメチカルミヅヒメ)を娶って生んだ子は奥津日子神(オキツヒコ)、またの名は大戸比売(オオヘヒメ)である。この神は人々が祀っている竈の神である。
 つぎに大山咋神(オオヤマクヒ)、またの名は山末之大主神(ヤマスエノオオヌシ)である。この神は近江の国の比叡山に鎮座し、葛野の松尾に鎮座して鳴鏑を神体とする神である。
 つぎに庭津日神(ニハツヒ)、つぎに阿須波神(アスハ)、つぎに波比岐神(ハヒキ)、つぎに香山戸臣神(カグヤマトミ)、つぎに羽山戸神(ハヤマト)、つぎに庭高津日神(ニハタカツヒ)、つぎに大土神(オオツチ)、またの名は土之御祖神(ツチノミオヤ)である。

 上にあげたオオトシの子、オオクニミタマから下、オオツチまであわせて十六柱の神である。

 羽山戸神が大気都比売神を娶って生んだ子は若山咋神(ワカヤマクヒ)、つぎに若年神、つぎに妹若沙那売神(イモワカサナメ)、つぎに弥豆麻岐神(ミヅマキ)、つぎに夏高津日神(ナツタカツヒ)、またの名は夏之売神(ナツノメ)、つぎに秋毘売神(アキビメ)、つぎに久々年神(ククトシ)、つぎに久々紀若室葛根神(ククキワカムロツナネ)である。

 上にあげた羽山の子より若室葛根まで、あわせて八柱の神である。


十二,葦原の中つ国の平定

 天照大御神之命以 豊葦原之千秋長五百秋之水穗國者 我御子正勝吾勝勝速日天忍穗耳命之所知國 言因賜而 天降也 於是天忍穗耳命 於天浮橋多多志此三字以音而詔之 豊葦原之千秋長五百秋之水穗國者 伊多久佐夜藝弖此七字以音有那理此二字以音下效此 告而 更還上 請于天照大神 爾高御産巣日神 天照大御神之命以 於天安河之河原 神集八百萬神集而 思金神令思而詔 此葦原中國者 我御子之所知國 言依所賜之國也 故 以爲於此國道速振荒振國神等之多在 是使何神而 將言趣

 アマテラスの仰せで、「豊葦原の千秋長五百秋(チアキナガイホアキ)の水穂国(ミズホ)は、わが子のアメノオシホミミが統治すべき国である」と、統治を御委任になって、アメノオシホミミを高天原からお降しになった。
 ところがアメノオシホミミは、天の浮き橋にお立ちになり、「豊葦原の千秋長五百秋の水穂国は、ひどく騒がしいことだ」と仰せになって、また高天原に帰って、アマテラスに指図を仰がれた。

 そこでタカミムスヒとアマテラスの命令で天の安河の河原に多くの神々を集めて、オモヒカネに考えさせて「この葦原中国はわが子の統治する国として支配を委任した国である。しかしわが子はこの国には乱暴な国つ神が多くいると思っている。このためにはどの神を遣わして平定させたらよいであろうか」と仰せになった。 

爾思金神及八百萬神 議白之 天菩比神 是可遣 故 遣天菩比神者 乃媚附大國主神 至于三年 不復奏 是以高御産巣日神 天照大御神 亦問諸神等 所遣葦原中國之天菩比神 久不復奏 亦使何神之吉 爾思金神答白 可遣天津國玉神之子 天若日子 故爾以天之麻迦古弓自麻下三字以音天之波波此二字以音矢 賜天若日子而遣 於是天若日子 降到其國 即娶大國主神之女 下照比賣 亦慮獲其國 至于八年 不復奏    

 オモヒカネと多くの神々は相談して「アメノホヒを遣わすのがよいでしょう」と申し上げた。
 それでアメノホヒを遣わしたのだが、たちまち大国主に媚びてしまって、三年たっても復命しなかった。
 そのようなわけでタカミムスヒとアマテラスはまた神々に「葦原中国に遣わしたアメノホヒは長い間復命しない。今度はどの神を遣わしたらよいであろうか」とおたずねになった。

 そこでオモヒカネは「天津国玉神(アマツクニタマ)の子、天若日子(アメノワカヒコ)を遣わすのがよいでしょう」とお答え申し上げた。そこで鹿を射る弓と矢をアメノワカヒコに授けて遣わした。
 ところがアメノワカヒコは葦原中国に降りるとすぐに大国主神の娘の下照比売(シタテルヒメ)を娶り、またその国を自分の物にしようと思い、八年たっても復命しなかった。

 故爾天照大御神 高御産巣日神 亦問諸神等 天若日子 久不復奏 又遣曷神以問天若日子之淹留所由 於是諸神及思金神 答白可遣雉名鳴女時 詔之 汝行問天若日子状者 汝所以使葦原中國者 言趣和其國之荒振神等之者也 何至于八年 不復奏 故爾鳴女 自天降到 居天若日子之門湯津楓上而 言委曲如天神之詔命 爾天佐具賣此三字以音 聞此鳥言而 語天若日子言 此鳥者 其鳴音甚惡 故 可射殺云進 即天若日子 持天神所賜天之波士弓 天之加久矢 射殺其雉 爾其矢 自雉胸通而 逆射上 逮坐天安河之河原 天照大御神 高木神之御所 是高木神者 高御産巣日神之別名

 そこでタカミムスヒとアマテラスはまた神々に「アメノワカヒコは長い間復命しない。今度はどの神を遣わして、アメノワカヒコが長く留まる理由をたずねようか」と仰せになった。
 そこで多くの神々とオモヒカネが「鳴女という名の雉を遣わすのがよいでしょう」と答え申し上げた。そこで鳴女に「お前が行きなさい。そしてアメノワカヒコに『おまえを葦原中国に遣わした理由は、その国の乱暴な神たちを服従させよということである。なぜ八年にもなるのに復命しないのか』と問いなさい」と仰せになった。

 そこで鳴女は高天原より降って、アメノワカヒコの家の、門の神聖な楓の木に止まって、天つ神の仰せになったことをつぶさに伝えた。
 そこで天佐具売(アメノサグメ)が鳥の言うことを聞いて、アメノワカヒコに「この鳥は鳴く声が大変悪い、射殺してしまいなさい」と進言した。アメノワカヒコは天つ神から賜った弓と矢でその雉を射殺してしまった。
 その矢は雉の胸を貫き、逆に射上がって天の安河の河原にいたアマテラスと高木神のところに届いた。この高木神はタカミムスヒの別名である。

 故 高木神 取其矢見者 血箸其矢羽 於是高木神 告之此矢者 所賜天若日子之矢 即示諸神等詔者 或天若日子 不誤命 爲射惡神之矢之至者 不中天若日子 或有耶心者 天若日子 於此矢麻賀禮」此三字以音 云而 取其矢 自其矢穴衝返下者 中天若日子寢朝床之高胸坂以死此還矢之本也 亦其雉不還 故於今諺曰雉之頓使本是也 

 高木神がその矢を取りご覧になると、矢の羽に血が付いていた。そこで高木神は「これはアメノワカヒコに授けた矢である」と仰せになり、多くに神にお見せになって「もしアメノワカヒコが命令に背かず、悪い神を射た矢がここに届いたのなら、アメノワカヒコには当たらない。もし汚い心があるなら、アメノワカヒコにこの矢が当たって死ぬだろう」と仰せになった。
 そこでその矢を取って、その矢が来た穴より下に衝き返したところ、朝の床に寝ていたアメノワカヒコの胸に当たり、アメノワカヒコは死んだ。またその雉は帰ってこなかった。
 「雉のひたつかい」という諺はこれが起源である。

 故 天若日子之妻 下照比賣之哭聲 與風響到天 於是在天 天若日子之父 天津國玉神 及其妻子聞而 降來哭悲 乃於其處作喪屋而 河雁爲岐佐理持自岐下三字以音 鷺爲掃持 翠鳥爲御食人 雀爲碓女 雉爲哭女 如此行定而 日八日夜八夜遊也 此時阿遲志貴高日子根神自阿下四字以音到而 弔天若日子之喪時 自天降到 天若日子之父 亦其妻 皆哭云 我子者不死有祁理此二字以音下效此 我君者不死坐祁理云 取懸手足而哭悲也 其過所以者 此二柱神之容姿 甚能相似故 是以過也 

 さて、アメノワカヒコの妻の、シタテルヒメの泣く声が風に乗って高天原まで届いてきた。
 そこで、高天原にいるアメノワカヒコの父のアマツクニタマや妻子が聞いて、降って来て泣き悲しみ、すぐにそこに喪屋を作った。
 河の雁を死者に食事をささげ持つ役とし、鷺を掃除をする役とし、翡翠を食事を作る役とし、雀を米をつく女とし、雉を泣き女として役を定め、八日八晩にぎやかに死者を弔った。

 このときに、阿遅志高日子根神(アヂシキタカヒコネ)がやって来て、アメノワカヒコの喪を弔った。
 高天原より降ったアメノワカヒコの父と妻は泣きながら「わが子は死なずに生きていた。我が夫は死なずにここにおられた」と手足に取りすがって泣いた。このように見間違えたのはこの二柱の神の容姿が大変良く似ていたからで、それで間違えたのである。

 於是阿遲志貴高日子根神 大怒曰 我者愛友故弔來耳 何吾比穢死人云而 拔所御佩之十掬劔 切伏其喪屋 以足蹶離遣 此者在美濃國藍見河之河上 喪山之者也 其持所切大刀名 謂大量 亦名謂神度劔度字以音 故 阿治志貴高日子根神者 忿而飛去之時 其伊呂妹高比賣命 思顯其御名 故歌曰
 阿米那流夜 淤登多那婆多能 宇那賀世流 多麻能美須麻流 美須麻流邇 阿那陀麻波夜 美多邇 布多和多良須 阿治志貴多迦 比古泥能迦尾曾 
 此歌者 夷振也


 そこでアヂシキタカヒコネはたいへん怒って「私は親しい友人だから弔いにやって来たのだ。なぜに私を汚らわしい死人に見立てるのか」といい、佩いていた十拳の剣を抜いて喪屋を切り倒し、足で蹴飛ばしてしまった。
 これが美濃の国の、藍見川の川上にある喪山である。喪屋を切った太刀の名は大量(オオハカリ)といい、またの名を神度剣という。
 そうしてアヂシキタカヒコネが怒って飛び去ったとき、その妹の高比売命は兄の名を知らしめようとして、このように歌った。

 天なるや 弟たなばたの うながせる 玉のみすまる みすまるに 穴玉はや み谷 二渡らす 阿治志貴 高日子根の神ぞ
 (天上の若い機織女が、頸にかけている糸を貫き通した玉飾り、その玉のように、谷二つを渡られる阿治志貴 高日子根の神である)

 この歌は夷振(ヒナブリ)である。

 於是天照大御神詔之 亦遣曷神者吉 爾思金神及諸神白之 坐天安河河上之天石屋 名伊都之尾羽張神 是可遣伊都二字以音 若亦非此神者 其神之子 建御雷之男神 此應遣 且其天尾羽張神者 逆塞上天安河之水而 塞道居故 他神不得行 故 別遣天迦久神可問 故爾使天迦久神 問天尾羽張神之時 答白 恐之 仕奉 然於此道者 僕子 建御雷神可遣 乃貢進 爾天鳥船神 副建御雷神而遣  

 ここでアマテラスは「今度はいずれの神を遣わしたら良いであろうか」と仰せになった。
 そこでオモヒカネと多くの神が「天の安河の川上の天の石屋にいる、名は天尾羽張神(アメノヲハバリ)を遣わしたらよいでしょう。もしこの神でなければ、その神の子、タケミカヅチノヲを遣わすのがよいでしょう。またそのアメノヲハバリは天の安河の水をせき止めて、道を塞いでいるので、他の神は行くことが出来ません。そこで別に天迦久神(アメノカク)を遣わしてたずねるのがよいでしょう」と申し上げた。

 そこでアメノカクを遣わし、アメノヲハバリにたずねると、アメノヲハバリは「かしこまりました。お仕えしましょう。しかしこれにはわが子の建御雷神(タケミカヅチ)を遣わすのがよいでしょう」と答えて、すぐにタケミカヅチをたてまつった。そこで天鳥船神(アマノトリフネ)をタケミカヅチに添えてお遣わしになった。


十三、大国主神の国譲り

 是以此二神 降到出雲國伊那佐之小濱而伊那佐三字以音 拔十掬劔 逆刺立于浪穗 趺坐其劔前 問其大國主神言 天照大御神 高木神之命以 問使之 汝之宇志波祁流此五字以音葦原中國者 我御子之所知國 言依賜 故 汝心奈何 爾答白之 僕者不得白 我子八重言代主神 是可白 然爲鳥遊取魚而 往御大之前 未還來 故爾遣天鳥船神 徴來八重事代主神而 問賜之時 語其父大神言 恐之 此國者 立奉天神之御子 即蹈傾其船而 天逆手矣 於青柴垣打成而隱也訓柴云布斯

 このようなわけで、この二柱の神は出雲国の伊耶佐(イザサ)の浜に降って、十拳の剣を抜き、波の上に逆さまに刺し立て、その剣の先にあぐらをかいて座った。
 そして大国主神に「アマテラス、高木神の命令であなたの意向をたずねにやって来た。あなたの治めている葦原中国はアマテラスが、わが子が治める国として支配を委任になった国である。そこであなたの考えはどうであろうか」といわれた。

 そこで大国主神は「私にはお答えできません。わが子の八重事代主神(ヤヘコトシロヌシ)がお答えするでしょう。しかし、鳥や魚を捕りに美保の崎に行ったまま、まだ帰ってきません」とお答えになった。
 そこで天鳥船神を遣わし、ヤヘコトシロヌシを呼び寄せ、たずねたところ、その父の大国主神に「かしこまりました。この国は天つ神の御子に奉りましょう」と答えて、すぐにその乗ってきた船を踏み傾け、天の逆手を打って、青柴垣の中に隠れてしまいました。

 故爾問其大國主神 今汝子 事代主神 如此白訖 亦有可白子乎 於是亦白之 亦我子有建御名方神 除此者無也 如此白之間 其建御名方神千引石擎手末而來 言誰來我國而 忍忍如此物言 然欲爲力競 故 我先欲取其御手 故 令取其御手者 即取成立氷 亦取成劔刄 故爾懼而退居 爾欲取其建御名方神之手 乞歸而取者 如取若葦tukami■[手+益]批而投離者 即逃去 

 そこで大国主神に「いま、おまえの子のコトシロヌシがこのように申した。他に意見を言うような子がいるか」とおたずねになった。
 すると「もう一人、わが子に建御名方神(タケミナカタ)がいます。これ以外にはいません」と答えている間に、そのタケミナカタが千人引きの大石を手の先に捧げてやって来て「誰だ。我が国にやってきてひそひそ話をするのは。それでは、力くらべをしようではないか。では、私がまずおまえの手を取ろう」と言った。

 そこでその手を取ったとたん、氷の柱に変わり、また剣の刃に変わった。タケミナカタは恐れをなして退いた。
 そこでこんどはタケミカヅチがタケミナカタの手を取ろうと申し出てその手を取ると、若い葦を掴むように掴みつぶして放り投げるとたちまちタケミナカタは逃げていった。

 故 追往而 迫到科野國之洲羽海 將殺時 建御名方神白 恐 莫殺我 除此地者 不行他處 亦不違我父大國主神之命 不違八重事代主神之言 此葦原中國者 隨天神御子之命獻 故 更且還來 問其大國主神 汝子等 事代主神建御名方神二神 者隨天神御子之命 勿違白訖 故 汝心奈何 爾答白之 僕子等二神隨白 僕之不違 此葦原中國者 隨命既獻也 唯僕住所者 如天神御子之天津日繼所知之登陀流此三字以音下效此天之御巣而 於底津石根宮柱布斗斯理此四字以音 於高天原氷木多迦斯理多迦斯理四字以音而 治賜者 僕者於百不足八十■[土+冏]手隱而侍 亦僕子等 百八十神者 即八重事代主神 爲神之御尾前而仕奉者 違神者非也

 タケミカヅチはタケミナカタを追いかけ、信濃の国の諏訪湖まで追いつめて殺そうとしたとき、タケミナカタが「恐れ入りました。わたしを殺さないでください。ここ以外、他には行きません。また父の大国主神やヤヘコトシロヌシの言葉に従います。この葦原中国は天つ神の御子の言葉通りに献上いたしましょう。」と申し上げた。
 そこでタケミカヅチはまた出雲に帰ってきて、大国主神に「おまえの子のコトシロヌシ、タケミナカタの二柱の神は天つ神の御子の仰せに従いましょうと言った。ところで、あなたの考えはどうであろうか」といわれた。

 これに答えて「わが子の、二柱の神の言うとおりに私も従いましょう。この葦原中国は仰せのとおり献上いたしましょう。ただ私の住むところとして、天つ神の御子が皇位をお継ぎになる立派な宮殿のように地下の岩盤に太い柱を立て、千木を高々とそびえ立たせた神殿をお作り下さるなら、私は遠い幽界に隠れましょう。また私の子の多くの神たちもヤヘコトシロヌシが神の後に立ち先に立ってお仕えしたなら背く神はないでしょう」とお答えになった。

 如此之白而 於出雲國之多藝志之小濱 造天之御舍多藝志三字以音而 水戸神之孫 櫛八玉神 爲膳夫 獻天御饗之時 祷白而 櫛八玉神化鵜 入海底 咋出底之波邇此二字以音 作天八十毘良迦此三字以音而 鎌海布之柄 作燧臼 以海蓴之柄 作燧杵而 鑚出火云  
 是我所燧火者 於高天原者 神産巣日御祖命之 登陀流天之新巣之凝烟
訓凝因云州須之 八拳垂麻弖燒擧麻弖二字以音 地下者 於底津石根燒凝而 栲繩之 千尋繩打延 爲釣海人之 口大之尾翼鱸訓鱸云須受岐 佐和佐和邇此五字以音 控依騰而 打竹之 登遠遠登遠遠邇此七字以音 獻天之眞魚咋也 
 故 建御雷神 返參上 復
奏言向和平葦原中國之状

 そこで天つ神たちは出雲国の多芸志の小浜に立派な御殿をお作りになって、水門の神の孫の櫛八玉神(クシヤタマ)が料理人となって御馳走を奉った。

 そして櫛八玉神が鵜になって海の底に潜り、海底の粘土をくわえ出て多くの器を作り、海藻の茎を刈って燧臼に作り、菰の茎で燧杵に作って、火を鑽りだして「このわたしが鑽りだした火は高天原では、カムムスヒの御祖の新しい宮殿の煤が長く垂れるまでたき上げ、地下は地下の岩盤を焼き固め、延縄を長くのばして釣りをする海人が口の大きい尾や鰭の張った鱸をざわざわと引き寄せ上げて、割竹の台が撓むほどに多くの魚の料理を奉ります」とお祝い申し上げた。

 そこでタケミカヅチは高天原に参上して、葦原中国を平定した状況を報告された。

 爾天照大御神 高木神之命以 詔太子正勝吾勝勝速日天忍穗耳命 今平訖葦原中國之白 故 隨言依賜降坐而知者 爾其太子正勝吾勝勝速日天忍穗耳命答白 僕者將降裝束之間 子生出 名天邇岐志國邇岐志自邇至志以音天津日高日子番能邇邇藝命 此子應降也 此御子者 御合高木神之女 萬幡豊秋津師比賣命 生子 天火明命 次日子番能邇邇藝命二柱也 是以隨白之 科詔日子番能邇邇藝命 此豊葦原水穗國者 汝將知國 言依賜 故 隨命以可天降

 そこでアマテラスと高木神は、日嗣の御子のアメノオシホミミにたいして「今、葦原中国を平定し終わったと申してきた。だから、先に委任したとおりその国に天降って統治なさい」と仰せになった。

 ところが、その日嗣の御子のアメノオシホミミが答えて申すには「私が天降ろうとして支度をしている間に、子が生まれました。名は天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(アメニキシクニニキシアマツヒコヒコホノニニギ、以下ホノニニギ)と申します。この子を降すのが良いでしょう」と申し上げた。

 この御子はアメノオシホミミが高木神の娘の万幡豊秋津師比売命(ヨロヅハタトヨアキツシヒメ)と結婚して生んだ子で、天火明命(アメノホアカリ)と、次にホノニニギの二柱である。
 こういうわけでアメノオシホミミの申されたとおりに、ホノニニギに「この豊葦原の水穂国は、あなたが統治なさるべき国であると委任します。だから命令に従って天降りなさい」と仰せになった。


十四、天孫降臨

 爾日子番能邇邇藝命 將天降之時 居天之八衢而 上光高天原 下光葦原中國之神 於是有 故爾天照大御神 高木神之命以 詔天宇受賣神 汝者雖有手弱女人 與伊牟迦布神自伊至布以音面勝神 故 專汝往將問者 吾御子爲天降之道 誰如此而居 故 問賜之時 答白 僕者國神 名猿田毘古神也 所以出居者 聞天神御子天降坐故 仕奉御前而 參向之侍 爾天兒屋命 布刀玉命 天宇受賣命 伊斯許理度賣命 玉祖命 并五伴緒矣支加而天降也

 ここでホノニニギが天降ろうとしたときに、天から降る道の辻にいて、上は高天原を照らし、下は葦原中国を照らす神がいた。
 そこでアマテラス、高木神はアメノウズメに命じて「あなたはか弱い女だが、向き合う神に面と向かって気後れしない神です。そこで、あなた一人で行ってその神に『アマテラスの御子が天降りする道にこのようにしているのは誰か』とたずねなさい」と仰せになった。

そこで問われた神は「わたしは国つ神で、名は猿田毘古神(サルタビコ)である。このようにしているわけは天つ神の御子が天降ると聞いたので道案内に仕え奉ろうとしてお迎えに参ったのです」と申し上げた。
 ここで、アメノコヤネ、フトダマ、アメノウズメ、伊斯許理度売命(イシコリドメ)、玉祖命(タマノオヤ)併せて五柱の部族の長を従えて天降りされた。

 於是副賜其遠岐斯此三字以音八尺勾■[王+右總] 鏡 及草那藝劔 亦常世思金神 手力男神 天石門別神而詔者 此之鏡者 專爲我御魂而 如拜吾前 伊都岐奉 次思金神者 取持前事爲政 此二柱神者 拜祭佐久久斯侶 伊須受能宮自佐至能以音 次登由宇氣神 此者坐外宮之度相神者也 次天石戸別神 亦名謂櫛石窓神 亦名謂豊石窓神 此神者 御門之神也 次手力男神者 坐佐那縣也 故 其天兒屋命者中臣連等之祖 布刀玉命者忌部首等之祖 天宇受賣命者猿女君等之祖 伊斯許理度賣命者鏡作連等之祖 玉祖命者玉祖連等之祖 

 そのとき、八尺の勾玉、鏡、草薙の剣、常世のオモヒカネ、手力男神(タヂカラヲ)、天石門別神(アメノイハトワケ)も添わせて、「この鏡はもっぱらわが御霊として、わたしを拝むように奉りなさい。つぎにオモヒカネはわたしの祭りに関することを取り扱って政治をしなさい」と仰せになった。
 この二柱の神(アマテラスとオモヒカネ)は五十鈴宮にお祭りしている神である。

 つぎに登由気神(トユケ)、この神は度会に祭られている神である。つぎにアメノイハトワケ、またの名は櫛石窓神(クシイハマト)といい、またの名は豊石窓神(トヨイハマト)という。この神は宮廷の門にいる神である。
 つぎにタヂカラヲは佐那那県に鎮座している。
 また、アメノコヤネは中臣連等の祖、フトダマは忌部首等の祖、アメノウズメは猿女君等の祖、イシコリドメは作鏡連等の祖、タマノオヤは玉祖連等の祖である。

 故爾詔天津日子番能邇邇藝命而 離天之石位 押分天之八重多那此二字以音雲而 伊都能知和岐知和岐弖自伊以下十字以音 於天浮橋 宇岐士摩理 蘇理多多斯弖自宇以下十一字亦以音 天降坐于竺紫日向之高千穗之久士布流多氣自久以下六字以音 故爾天忍日命 天津久米命 二人 取負天之石靭 取佩頭椎之大刀 取持天之波士弓 手挾天之眞鹿兒矢 立御前而仕奉 故 其天忍日命此者大伴連等之祖  天津久米命此者久米直等之祖也 於是詔之 此地者 向韓國 眞來通笠紗之御前而 朝日之直刺國 夕日之日照國也 故 此地甚吉地」詔而 於底津石根宮柱布斗斯理 於高天原氷椽多迦斯理而坐也

 さてそこで、天つ神に命じられたホノニニギは、高天原の岩座を離れ、天に八重にたなびく雲を押し分け、堂々と道をかき分けかき分けて天の浮き橋に立ち、そこから筑紫の日向の、高千穂の峰に天降りされた。
 そのとき天忍日命(アメノオシヒ)、天津久米命(アマツクメ)の二人は立派な靫を背負い、頭椎の太刀を腰に着け、櫨弓を持ち、真鹿児矢を持って、ホノニニギの先に立ってお仕えした。そのアメノオシヒは大伴連等の祖、アマツクメは久米直等の祖である。

 そこでホノニニギは「ここは朝鮮に向かい、笠沙の御崎にまっすぐに道が通り、朝日が差し、夕日が照るたいへんよい場所である」と仰せになって、地下の岩盤に太い柱を立て、千木を高々とそびえ立たせた宮殿をお作りになり、住まわれた。

  故爾詔天宇受賣命 此立御前所仕奉 猿田毘古大神者 專所顯申之汝 送奉 亦其神御名者 汝負仕奉 是以猿女君等 負猿田毘古之男神名而 女呼猿女君之事是也 故 其猿田毘古神 坐阿耶訶此三字以音地名時 爲漁而 於比良夫貝自比至夫以音 其手見咋合而 沈溺海鹽 故 其沈居底之時名 謂底度久御魂度久二字以音 其海水之都夫多都時名 謂都夫多都御魂自都下四字以音 其阿和佐久時名 謂阿和佐久御魂自阿至久以音 

 そしてホノニニギはアメノウズメに「道案内に奉仕したサルタビコは、正体を明らかにしたあなたが送りなさい。そして、その神の名はあなたがもらい受け、今後も奉仕しなさい」と仰せになった。こうして猿女君らはサルタビコの男神の名をもらい受け、女を猿女君と呼ぶことになったのである。

 そこでサルタビコが阿邪訶にいて、漁をしていたとき、ひらぶ貝に手をかまれて海に沈み溺れてしまった。そこで海の底に沈んでいたときの名は底どく御魂といい、その泡が裂けるときの名はあわさく御魂という。

於是送猿田毘古神而還到 乃悉追聚鰭廣物鰭狹物以問言汝者天神御子仕奉耶之時 諸魚皆 仕奉」白之中 海鼠不白 爾天宇受賣命 謂海鼠云 此口乎 不答之口而 以紐小刀拆其口 故 於今海鼠口拆也 是以御世 嶋之速贄獻之時 給猿女君等也

 ここにサルタビコを送って帰ってきて、ただちに全ての大小の魚を追い集めて「おまえたちは天つ神の御子にお仕え申し上げるか」と問うた時、すべての魚たちは「お仕えしましょう」と答えた中で、なまこだけは、そうは答えなかった。そこでアメノウズメはなまこに「この口は答えない口」と言って、細い小刀でその口を裂いた。そこでなまこの口は今でも裂けているのである。

 こういうことで代々、志摩国から初物の海産物が献上されたときには、それを猿女君らに賜るのである。


十五、木花之佐久夜毘売

 於是天津日高日子番能邇邇藝能命 於笠紗御前 遇麗美人 爾問誰女 答白之 大山津見神之女 名神阿多都比賣此神名以音 亦名謂木花之佐久夜毘賣此五字以音 又問有汝之兄弟乎 答白我姉石長比賣在也 爾詔 吾欲目合汝奈何 答白僕不得白 僕父大山津見神將白 故 乞遣其父大山津見神之時 大歡喜而 副其姉石長比賣 令持百取揮代之物奉出 故爾其姉者 因甚凶醜 見畏而返送 唯留其弟木花之佐久夜毘賣以 一宿爲婚

 さて、ホノニニギは笠沙の岬で美しい女に出会った。
 そこで「誰の娘だ」とおたずねになると、女は「オオヤマツの娘、名は神阿多都比売(カムアタツヒメ)、またの名は木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)と言います」とお答えした。そこで「おまえの兄弟はいるか」とたずねられると、「姉に石長比売(イワナガヒメ)がいます」とお答えした。

 そこで「わたしはあなたと結婚したいと思うがどうであろうか」と仰せになると「わたしはお答えできません。わが父のオオヤマツミがお答え申すでしょう」とお答えした。

 そこでその父のオオヤマツミに結婚を乞うために使いを遣わしたところオオヤマツミはたいへん喜び、姉のイワナガヒメを添えて多くの台に乗せた献上物を持たせて奉った。
 ところがその姉はたいへん醜くかったので、恐れをなし親元に送りかえし、ただその妹のコノハナノサクヤビメだけを留めて、一夜の契りをお結びになった。

 爾大山津見神 因返石長比賣而 大恥 白送言 我之女二並立奉由者 使石長比賣者 天神御子之命 雖雪零風吹 恆如石而 常堅不動坐 亦使木花之佐久夜毘賣者 如木花之榮榮坐 宇氣比弖【自宇下四字以音貢進 此令返石長比賣而 獨留木花之佐久夜毘賣 故 天神御子之御壽者 木花之阿摩比能尾此五字以音坐 故 是以至于今 天皇命等之御命不長也 故 後木花之佐久夜毘賣 參出白 妾妊身 今臨産時 是天神之御子 私不可産 故 請 

 そこでオオヤマツミはイワナガヒメが返されたのをたいへん恥じて、「わが娘を二人一緒に奉ったのはイワナガヒメを遣わせば、天つ神の御子の命は雪がふり、風が吹いても常に石のようにいつまでも変わらないでしょう。またコノハナノサクヤビメを遣わせば、木の花が咲き誇るが如く栄えるようにと願い、奉ったのです。しかしイワナガヒメを送り返し、コノハナノサクヤビメを留められたので天つ神の御子の寿命は木の花のようにはかなくなられるでしょう」と言った。このような理由で今にいたるまで天皇たちのお命は長くないのである。

 しばらくしてコノハナノサクヤビメがホノニニギのもとにやって来て「わたしはあなたの子どもを孕みました。いま出産の時になりました。この天つ神の御子はわたしだけで産むわけにはいきません。だからうち明けるのです」と申し上げた。

 爾詔 佐久夜毘賣 一宿哉妊 是非我子 必國神之子 爾答白 吾妊之子 若國神之子者 産不幸 若天神之御子者幸 即作無戸八尋殿 入其殿内 以土塗塞而 方産時 以火著其殿而産也 故 其火盛燒時 所生之子名 火照命此者隼人阿多君之祖 次生子名 火須勢理命須勢理三字以音  次生子御名 火遠理命 亦名天津日高日子穗穗手見命三柱

 そこでホノニニギは「コノハナノサクヤビメはただ一夜の契りで妊娠したというのか。これは私の子ではあるまい。きっと国つ神の子に違いない」と仰せになった。
 これに答えて「わたしが孕んだ子が、もし国つ神の子ならば産むときに無事に産まれないでしょう。もし天つ神の子ならば無事に産まれるでしょう」と言い、ただちに戸のない大きな御殿を作り、その中に入り、土で塗り塞ぎ、子を産むときに火をその御殿につけて子をお産みになった。

 その火が盛んに燃えているときに産んだ子の名は火照命(ホデリ)、これは隼人阿多君の祖である。つぎに産んだ子の名は火須勢理命(ホスセリ)、つぎに産んだ子の名は火遠理命(ホヲリ)、またの名は天津日高日子穂穂手見命(アマツヒコヒコホホデミ)の三柱である。


十六、山幸彦と海幸彦

 故 火照命者 爲海佐知毘古此四字以音下效此而 取鰭廣物 鰭狹物 火遠理命者 爲山佐知毘古而 取毛麁物 毛柔物 爾火遠理命 謂其兄火照命 各相易佐知欲用 三度雖乞 不許 然遂纔得相易 爾火遠理命 以海佐知釣魚 都不得一魚 亦其鉤失海 於是其兄火照命 乞其鉤曰 山佐知母 己之佐知佐知 海佐知母 已之佐知佐知 今各謂返佐知」之時佐知二字以音 其弟火遠理命答曰 汝鉤者 釣魚不得一魚 遂失海 然其兄強乞徴 故 其弟破御佩之十拳劔 作五百鉤 雖償不取 亦作一千鉤 雖償不受 云猶欲得其正本鉤

 さて、ホデリは海佐知毘古(海幸彦)として大小、いろいろな魚を捕り、ホヲリは山佐知毘古(山幸彦)として大小、いろいろな獣を捕っていた。
 そこでホヲリはその兄のホデリに「それぞれの獲物を捕る道具を取りかえて使ってみよう」といって、三回お願いしたが許されなかった。しかしついにやっとのことで、取りかえることが出来た。
 そこでホヲリは魚釣りの道具で魚を釣ってみたが一匹も釣ることが出来ず、その釣り針を海の中に失ってしまった。

 そこで、その兄のホデリがその釣り針を返すように「山の獲物も海の獲物もそれぞれ捕る道具は自分の道具がよい。それぞれ返そうではないか」といったときに、弟のホヲリが「兄の釣り針は魚釣りをしても一匹も釣れず、ついには海に失ってしまいました」とお答えした。しかし兄は釣り針の返還を強く求めた。
 そこで弟は腰につけていた十拳の剣をつぶして五百の釣り針を作ったが兄は受け取らなかった。そこで千の釣り針を作ったが兄は受け取らず「やはりもとの釣り針をかえせ」と言った。

 於是其弟 泣患居海邊之時 鹽椎神來問曰 何虚空津日高之泣患所由 答言 我與兄易鉤而 失其鉤 是乞其鉤故 雖償多鉤 不受 云猶欲得其本鉤 故 泣患之 爾鹽椎神 云我爲汝命 作善議 即造无間勝間之小船 載其船以教曰 我押流其船者 差暫往 將有味御路 乃乘其道往者 如魚鱗所造之宮室 其綿津見神之宮者也 到其神御門者 傍之井上 有湯津香木 故 坐其木上者 其海神之女 見相議者也訓香木云加都良

 そこで弟が泣き悲しんで海辺にいたとき、塩椎神(シオツチ)がやって来て「どうして虚空津日高(ソラツヒコ)は泣き悲しんでいるのか」と問うと、「わたしと兄と釣り針を交換し、兄の釣り針を失ってしまったのです。そこで釣り針を返すよう求められたときに多くの釣り針を作り弁償しようとしたのですが受け取らず『やはりもとの釣り針をかえせ』と言うので、泣き悲しんでいるのです」とお答えになった。

 そこでシオツチは「わたしによい考えがある」といって、すぐに竹を隙間なく編んだ小船を作った。そしてその船にホヲリを乗せて「わたしがその船を押し流しますので、しばらくそのまま進んでください。よい潮の道があるでしょう。そしてその潮に乗って進むと、魚の鱗のように作られた宮殿に着きます。それがワタツミの宮殿です。その宮殿の門に至ったならば、傍の泉の上に神聖な桂の木があります。そこでその木の上に座っていると、その神の娘があなたを見て、取りはからってくれるでしょう」と言った。
 そこで教えられたとおりに少し進むとまったくシオツチの言ったとおりであったので、すぐにその桂の木に登り、座っていた。

 故 隨教少行 備如其言 即登其香木以坐 爾海神之女 豊玉毘賣之從婢 持玉器將酌水之時 於井有光 仰見者 麗壯夫訓壯夫云 袁登古 下效此 以爲甚異奇 爾火遠理命 見其婢 乞欲得水 婢乃酌水 入玉器貢進 爾不飮水 解御頚之■[王+與] 含口唾入其玉器 於是其■[王+與]著器 婢不得離■[王+與] 故 ■[王+與]任著以進豊玉毘賣命 爾見其■[王+與] 問婢曰 若人有門外哉 答曰 有人坐我井上香木之上 甚麗壯夫也 益我王而甚貴 故 其人乞水故 奉水者 不飮水 唾入此■[王+與] 是不得離 故 任入將來而獻 

 すると、ワタツミの娘の豊玉比売(トヨタマビメ)の召使いが美しい器を持ってきて水を汲もうとしたとき、泉に光るものがあった。上を見てみると美しい男がいた。
 たいへん不思議に思っているとホヲリは召使いを見て水が欲しいと仰せになった。すぐに召使いは水を汲んで器に入れ献上した。そこで水を飲まずに首に巻いていた玉を外し、口に含んでその器にはき出された。するとその玉は器に付き、召使いはその玉を離せなかったので玉が付いたままトヨタマビメに奉った。

 そこでトヨタマビメはその玉を見て、召使いに「もしかしてだれか門の外にいるのですか」とおたずねになると、召使いは「泉の上の、桂の木の上に人がおられます。たいへん美しい男性です。我が宮の王にも勝るたいへんりっぱな人です。その人が水を所望するので、献上したところ水を飲まずにこの玉を吐き入れられたのです。この玉は離すことが出来ません。そこで玉を入れたままにして持ってきて献上したのです」とお答えした。

 爾豊玉毘賣命 思奇 出見 乃見感 目合而 白其父曰 吾門有麗人 爾海神自出見 云此人者 天津日高之御子 虚空津日高矣 即於内率入而 美知皮之疊敷八重 亦■[糸+右施]疊八重敷其上 坐其上而 具百取揮代物 爲御饗 即令婚其女豊玉毘賣 故 至三年 住其國

 そこでトヨタマビメは不思議なことだと思い、出てみるや、すぐに一目惚れして、心を通じ合わされた。
 そしてその父に「わが宮の門のところにりっぱな人がいます」と仰せになった。
 そこでワタツミが自ら出て、その男を見て「この人は天津日高の御子で虚空津日高という方である」といって、すぐに宮殿の中に連れて入った。

 そして海驢の皮を敷物として幾重にも敷き、またその上に絹を幾重にも敷いて、その上にホヲリを座らせて、台の上に様々なものを乗せた御馳走をさしあげ、すぐに娘のトヨタマビメと結婚させた。そして三年間その国にお住みになった。

 於是火袁理命 思其初事而 大一歎 故 豊玉毘賣命 聞其歎以 白其父言 三年雖住 恆無歎 今夜爲大一歎 若有何由 故 其父大神 問其聟夫曰 今旦聞我女之語 云三年雖坐 恆無歎 今夜爲大歎 若有由哉 亦到此間之由奈何 爾語其大神 備如其兄罰失鉤之状 是以海神 悉召集海之大小魚問曰 若有取此鉤魚

 そこでホヲリはその最初のことを思い出して大きな溜息をされた。そこでトヨタマビメはその溜息を聞き、父に「三年お住みになっていますが、いつもは溜息をつくことが無いのに今夜は大きな溜息をつかれました。なにかわけがあるのでしょうか」と申し上げた。
 するとその父の大神はその婿に「今朝わが娘が語るのには「三年お住みになっていますが、いつもは溜息をつくことが無いのに今夜は大きな溜息をつかれました。」と言っておりました。何かわけがあるのでしょうか。またあなたがここに来られた理由は何でしょうか」とおたずねになった。

 そこでその大神に、兄が釣り針を失ったことを責め立てた様子をくわしく語った。
 そこでワタツミは大小すべての魚を呼び集め、「この中に釣り針を取った魚がいるか」とおたずねになった。

 故 諸魚白之 頃者 赤海■[魚+即]魚 於喉■[魚+更] 物不得食愁言 故 必是取 於是探赤海■[魚+即]魚之喉者 有鉤 即取出而清洗 奉火遠理命之時 其綿津見大神誨曰之 以此鉤給其兄時 言状者 此鉤者 淤煩鉤 須須鉤 貧鉤 宇流鉤 云而 於後手賜於煩及須須亦宇流六字以音 然而其兄 作高田者 汝命營下田 其兄作下田者 汝命營高田爲然者 吾掌水 故三年之間 必其兄貧窮 若恨怨其爲然之事而 攻戰者 出鹽盈珠而溺 若其愁請者 出鹽乾珠而活 如此令惚苦云 授鹽盈珠 鹽乾珠 并兩箇

 すると多くの魚たちが「このごろ、赤鯛がのどになにか刺さって、物を食べることができないと悩んでおりました。きっとこれを取ったのでしょう」と申し上げた。
 そこで赤鯛の喉を調べてみると釣り針があった。すぐに取り出して洗い清め、ホヲリに奉ったときに、ワタツミが教えて言うには、「この釣り針をあなたの兄に返すとき、『この釣り針は心がふさぐ釣り針、気持ちが落ち着かない釣り針、貧乏になる釣り針、愚かになる釣り針』ととなえて、後ろ向きに渡しなさい。そして兄が高いところに田を作ったならば、あなたは下に田を作りなさい。そうしたならば、わたしが水を支配していますから三年で必ず兄は貧しくなるでしょう。もしそうなったことを恨んで攻めてきたなら、塩盈珠(シオミツタマ)を出して溺れさせ、もし苦しんで許しを乞うたなら塩乾珠(シホフルタマ)を出して生かしてやり、こうして悩まし、苦しめてやりなさい」といわれて、塩盈珠と塩乾珠のあわせて二つを授けた。

 即悉召集和邇魚問曰 今 天津日高之御子 虚空津日高 爲將出幸上國 誰者幾日送奉而覆奏 故 各隨己身之尋長限日而白之中 一尋和邇白 僕者 一日送 即還來 故爾告其一尋和邇 然者汝送奉 若渡海中時 無令惶畏 即載其和邇之頚送出 故如期一日之内送奉也 其和邇將返之時 解所佩之紐小刀 著其頚而返 故 其一尋和邇者 於今謂佐比持神也

 そしてすぐに、すべての鰐鮫を呼び集めて「いま、天津日高の御子の虚空津日高が上の国へ出発しようとしている。だれが幾日で、お送りして帰って来ることができるか」とおたずねになった。
 そこでそれぞれが身の丈のままに日を限って申し上げた中で、一尋の鰐が「わたしは一日で送って帰ってくることが出来ます」と言った。
 そこでこの一尋の鰐に「それではおまえがお送り申し上げなさい。ただし海の中を渡るとき、恐い思いをさせてはいけません」とつげて、すぐにその鰐の頸にホヲリを乗せて送り出した。

 そこで約束通り鰐鮫は一日の内にお送り申し上げた。
 その鰐を返そうとするとき、佩いていた細い小刀を外してその頸に付けて返した。そこでその一尋の鰐はいまでも佐比持神(サヒモチ)というのである。

 是以備如海神之教言 與其鉤 故 自爾以後 稍愈貧 更起荒心迫來 將攻之時 出鹽盈珠而令溺 其愁請者 出鹽乾珠而救 如此令惚苦之時 稽首白 僕者自今以後 爲汝命之晝夜守護人而仕奉 故至今 其溺時之種種之態 不絶仕奉也

 こういうわけでホヲリは海神が教えたとおりにその釣り針をお返しになった。そこでそれから後、兄はだんだん貧しくなり、さらに荒々しい心を起こして攻めてきた。
 攻めてきたときは塩盈珠を出して溺れさせ、助けを乞うてきたならば塩乾珠を出して救い、こうして悩まし苦しめたときに、兄は頭を下げて「わたしはいまより後は、あなたの昼夜の守護人となってお仕えしましょう」と言った。そこでいまに至るまでホデリの子孫の隼人は、その溺れたときの様々な仕草を演じて天皇にお仕えしているのである。


十七、鵜葺草葺不合命の誕生

 於是海神之女 豊玉毘賣命 自參出白之 妾已妊身 今臨産時 此念 天神之御子 不可生海原 故 參出到也 爾即於其海邊波限 以鵜羽爲葺草 造産殿 於是其産殿 未葺合 不忍御腹之急 故 入坐産殿 爾將方産之時 白其日子言 凡他國人者 臨産時 以本國之形産生 故 妾今以本身爲産 願勿見妾 

 その後、海神の娘のトヨタマビメ自らやって来て「わたしはすでに身ごもっています。ちょうど今、出産の時になりました。天つ神の御子は海で産むべきではないと思い、このようにやってきたのです」と言った。
 そこですぐに海辺の渚に,鵜の羽を葺草にして産屋を作った。しかしその産屋にまだ葺草がふき終わらないのに、おなかの子が産まれそうで我慢できなくなった。そこで産屋にお入りになった。

 そこでまさに産もうとするときに、ホヲリに「すべての他国の人は産むときには元の国の形になって産みます。いまわたしは元の身体になって産もうと思います。お願いですからわたしを見ないでください」と言った。

 於是思奇其言 竊伺其方産者 化八尋和邇而 匍匐委蛇 即見驚畏而遁退 爾豊玉毘賣命 知其伺見之事 以爲心恥 乃生置其御子而 白妾恆通海道欲往來 然伺見吾形 是甚■[左性+乍]」之 即塞海坂而返入 是以名其所産之御子 謂天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命訓波限云那藝佐訓葺草云加夜 

 そこでホヲリは不思議なことを言うものだと思い、まさに子どもを産もうとするところを密かに覗くと八尋の鰐となって腹這いになってのたうち回っていた。ホヲリはこれを見て驚き、恐れ,逃げていった。

 そこで、トヨタマビメは覗き見られたことを知り、恥ずかしいとお思いになって、すぐに産まれた子を置いて「わたしは海の道を通じて、ここに通おうと思っていました。しかしわたしの姿を覗き見られてしまいました。これはとても恥ずかしいことです」といわれて、すぐに海神の国とこの国の境をふさいで海神の宮に帰っていった。
 そこでこの産まれた御子を名付けて天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアヘズ)という。

 然後者 雖恨其伺情 不忍戀心 因治養其御子之縁 附其弟玉依毘賣而 獻歌之 其歌曰  
 阿加陀麻波 袁佐閇比迦禮杼 斯良多麻能 岐美何余曾比斯 多布斗久阿理祁理 
 爾其比古遲
三字以音 答歌曰
 意岐都登理 加毛度久斯麻邇 和賀韋泥斯 伊毛波和須禮士 余能許登碁登邇 


 しかしその後、覗き見られたのを恨みはしたが、夫が恋しいという気持ちに耐えられず、その御子を養育するという縁で、その妹の玉依毘売(タマヨリビメ)に託して歌を献上された。
 
 紅玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり
 (赤い玉はその緒まで美しく光るが、それにもまして白玉の様なあなたの姿は貴くうつくしいことでした)

 と歌われた。そこでホヲリは答えて歌われた。

 沖つ鳥 鴨著く島に 我が率寝し 妹は忘れじ 世のことごとに 
 (鴨が寄りつく島で、私が共寝をした妻を忘れはしないだろう、私の生きているかぎり)

 と歌われた。

 故 日子穗穗手見命者 坐高千穗宮 伍佰捌拾歳 御陵者 即在其高千穗山之西也 是天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命 娶其姨 玉依毘賣命 生御子名 五瀬命 次稻氷命 次御毛沼命 次若御毛沼命 亦名豊御毛沼命 亦名神倭伊波禮毘古命四柱 故 御毛沼命者 跳浪穗 渡坐于常世國 稻氷命者 爲妣國而 入坐海原也

そこで日子穂穂手見命(ヒコホホデミ)は高千穂の宮に五百八十年間おいでになった。御陵は高千穂の山の西にある。

 このウガヤフキアヘズが、その叔母のタマヨリビメを娶って産まれた子は五瀬命(イツセ)、つぎに稲氷命(イナヒ)、つぎに御毛沼命(ミケヌ)、つぎに若御毛沼命(ワカミケヌ)、またの名は豊御毛沼命(トヨミケヌ)、またの名は神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイハレビコ、神武天皇)の四柱である。
 そしてミケヌは波の上を踏んで常世の国に渡り、イナヒは亡き母の国の海原にお入りになった。