●篠山城


 篠山城は、兵庫県篠山市北新町にある近世城郭である。丹波篠山盆地の小丘陵に築かれた平山城で国の史跡に指定されている。

 1609年(慶長14年)徳川家康は、松平康重を常陸国笠間城から丹波国八上城に移し、さらに新城の築城を命じた。これは山陰道の要衝である丹波篠山に城を築き、大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえとするのが目的である。

 築城地は藤堂高虎が縄張を担当した。普請総奉行を池田輝政が務め、多くの大名が築城に携わりわずか半年で完成した。いわゆる天下普請の城の一つである。

 築城当初より天守台はあるが天守は建設されなかった。これは石垣や堀をはじめとする城の造りがあまりにも堅固すぎることを幕府が懸念したためと伝えられている。

 以後、松平三家八代、青山家六代の居城となり、明治維新後、城郭の遺構は大書院を残してほとんどが取り壊された。しかしその大書院も1944年1月6日に失火により惜しくも焼失している。

 現在、城周辺の整備がすすめられており、2000年4月には大書院が復元された。


  


  


  


  


  


  


  


  
 天守台 ただし天守は当初より建設されなかった。城があまりにも堅固なことを幕府が逆に懸念したためと言われている。

  


  


  
 大書院の内部 城の復興建築は外見のみが一般的だが篠山城の大書院は出来る限り忠実に再現されている。建築当初の城郭建築を見ることが出来る。