●額田のダシ

 「額田のダシ」は、京都府福知山市夜久野町額田地区にある一宮神社の祭礼である。

この祭りは、2階部分が回る屋台(上ダシ)の巡行と、農作物などを使って物語の場面などを再現する下ダシ(つくりもの)とから成り立っている。

 京都府及び福知山市に無形民族文化財に指定されている。

  
 ご存知 三段池動物園の人気者 みわちゃんとウリ坊

  
 鶴の恩返しの一場面

  
 これはシンデレラのかぼちゃの馬車 小さな子供に人気があった。

  
 この地方の昔話「大江山の鬼退治」にちなんだダシ 赤い唐辛子で作った血しぶきがリアル。

  
 大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」にちなんだダシ 作者のセンスのよさが光る力作である。

  
 額田地区には古い民家が多い。この家も昔は商家だったとのこと。記念撮影のポイントとして人気があった。

  
 他にあまり例を見ない2階が回る屋台 2台出る。

  
 2階部分を回しているところ。何十回と思いっきりぐるぐる回す。乗っている人は目が回らないのだろうか。夜シャッタースピードを遅くして写すと面白い写真が取れる。

  
 これは太鼓屋台 屋根のスピーカーからは大きな音で花笠音頭が流れていた・・・・・・。

  
 一宮神社 夜久野郷総社とされる。祭神は彦火火出見尊、山幸彦である。拝殿脇には日像、月像、四神、五色の幡が並び立てられていた。これは天皇の即位式、さらには高松塚古墳、キトラ古墳にも共通する構図である。

  
 御神木の登場 神幸祭では神輿の代わりにこの御神木を持って町内を巡回する。