○栄山寺


 栄山寺は奈良県五條市にある真言宗豊山派の寺院である。藤原不比等の長男の武智麻呂が養老3年(719年)に創建したと伝わる。山号は学晶山。本尊は薬師如来である。

 武智麻呂を祖とする藤原南家の菩提寺として奈良・平安時代には大いに栄えた。その後、南北朝時代には南朝の後村上・長慶・後亀山天皇の行宮が置かれ、「栄山寺行宮跡」として国の史跡にも指定されている。

 奈良時代に建てられた八角堂や梵鐘(ともに国宝)など数多くの文化財を蔵している。


  
 『史蹟栄山寺 行宮跡』の石碑と本堂 後ろの山には武智麻呂の墓があり登ることができる。

  
 本堂(薬師堂) 室町時代の建物として重要文化財に指定されている。本尊の薬師如来も重要文化財に指定されている。

  
 庭は手入れが行き届いているとは言い難く、この池も泥がかなり堆積していた。

  


  


  


  
 大日堂(重要文化財) 室町時代建立