牧野古墳について



   
          牧野古墳遠景 坂を登り切った右側に古墳 左は二上山

   
   
                      牧野古墳全景



史跡牧野古墳

昭和三十二年六月十九日指定
丘陵の南斜面に築かれた円墳で径焼く五五メートル、高さ十三メートル、南面に横穴式石室が開口している。
石室は巨大な花崗岩を使用して構築している。羨道は長さ一〇メートル、高さ二.0メートル、幅一.八メートル、玄室は長さ七メートル、幅三.三メートル、高さ四.五メートルに及ぶ、玄室内には刳抜型石棺があり、組合石棺もあったが完全に破壊されていた。石室内は盗掘されていたが金銅製の馬具、武器、装身具、土器等の副葬品が多量に残されていた。当古墳は馬見丘陵では数少ない横穴式石室を有する古墳として重要であるばかりでなく、県下でも最大級の横穴式石室として学術上きわめて貴重な古墳である。なお古墳の被葬者は敏達天皇(五三八〜五八五、即位五七二〜五八五)の皇子、押坂彦人大兄王であろうとする説がある。

広陵町教育委員会



   
              この古墳が三段築造であることがわかる


   
                 牧野古墳石室入り口


        
                入り口から玄室を見たところ


   
                  玄室から入り口を見たところ


        
                     玄室と石棺


見学:石室の入り口は普段は施錠されているので見学するには広陵町教育委員会に3、4日前までには許可申請書を送付して申し込む必要がある。許可申請書は電話すればFAXで送ってくれる。

発掘調査報告書:広陵町のホームページに調査報告書(復刻版)の販売案内が出ているのでだれでも購入可能である。あらかじめ、電話などで在庫の有無を確認すること。

牧野古墳に関するホームページ
   
古代歴史街道を歩く  http://www.bell.jp/pancho/travel/umami/bakuya%20kofun.htm
マユゲル総合研究所   http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hinoki/6262/bakuya.html

広陵町ホームページ http://www.town.koryo.nara.jp/