中巻

一、 神武天皇

 神武東征

 神倭伊波禮毘古命自伊下五字以音 與其伊呂兄五瀬命上伊呂二字以音二柱 坐高千穗宮而議云 坐何地者 平聞看天下之政 猶思東行 即自日向發 幸御筑紫 故 到豊國宇沙之時 其土人 名宇沙都比古 宇沙都比賣此十字以音二人 作足一騰宮而 獻大御饗 

神倭伊波禮毘古命(カムヤマトイワレビコ、神武天皇)は同母兄の五瀬命(イツセ)と高千穂宮においてご相談をされた。「どこにいたなら、安らかに天下を治めることができるだろうか。やはり東に行こうと思う」と仰せになって、ただちに日向を発って筑紫に向かわれた。

 そして豊国の宇沙に至ったとき、その国の人で宇沙都比古(ウサツヒコ)、宇沙都比売(ウサツヒメ)の二人が簡単な御殿を作って御馳走を献上した。

 自其地遷移而 於竺紫之岡田宮一年坐 亦從其國上幸而 於阿岐國之多祁理宮七年坐自多下三字以音 亦從其國遷上幸而 於吉備之高嶋宮八年坐 故從其國上幸之時 乘龜甲爲釣乍 打羽擧來人 遇于速汲門 爾喚歸 問之汝者誰也 答曰僕者國 又問汝者知海道乎 答曰能知 

 そこからお移りになって筑紫の岡田宮に一年間滞在された。
 そしてまたその国より東に向かわれて、安芸の国の多{け}理宮に七年間滞在された。
 そしてその国より吉備の高嶋宮にお移りになって八年間滞在された。

 そしてその国より東に向かわれたときに、亀の背に乗って釣りをしながら、袖を振りやって来る人に潮流の速い海峡(豊予海峡のこと)で出会った。
 そこで呼び寄せて「お前はだれか」と尋ねると「私は国つ神です」と答えた。さらに「お前は潮道を知っているか」とお尋ねになると「よく知って言います」と答えた。 

 又問從而仕奉乎 答曰仕奉 故爾指度槁機 引入其御船 即賜名號槁根津日子此者倭國造之祖 故 從其國上行之時 經浪速之渡而 泊青雲之白肩津 此時 登美能那賀須泥毘古自登下九字以音興軍待向以戰 爾取所入御船之楯而下立 故 號其地謂楯津 於今者云日下之蓼津也 

 そこでまた「私に従い仕えることができるか」とお尋ねになったところ「お仕えいたしましょう」と答えた。それで棹をさしわたしてその者を船に引き入れ、{さお}根津日子(サヲネツヒコ)と名付けた。この者は大和国造の祖先である。

 さて、その国よりさらに東に向かわれて、浪速の渡を経て白肩津(シラカタノツ)に停泊された。この時、登美の那賀須泥毘古(ナガスネビコ)が軍勢を出して待ち受け戦った。そこで船に入れてあった盾を降ろして立ち向かわれた。そこでその地を盾津と名付けられた。今ではそこを日下の蓼津(タデツ)という。

 於是與登美毘古戰之時 五瀬命 於御手負登美毘古之痛矢串 故爾詔 吾者爲日神之御子 向日而戰不良 故 負賤奴之痛手 自今者行迴而 背負日以撃期而 自南方迴幸之時 到血沼海洗其御手之血 故謂血沼海也 從其地迴幸 到紀國男之水門而詔 負賤奴之手乎死 男建而崩 故 號其水門謂男水門也 陵即在紀國之竃山也

 こうして登美毘古(トミビコ、ナガスネビコのこと)と戦ったときに、イツセが手にトミビコの矢を受けてしまった。そこでイツセは「吾は日の神の御子として、日に向かって戦ったのが良くなかった。それで賤しい奴に痛手を負ったのだ。今から迂回して日を背にして戦おう」と誓いになり、南に迂回されたときに血沼海に至って、その手の血をお洗いになった。それで血沼海というのである。

 そこよりさらに迂回して紀伊の国の男之水門に至り「賤しい奴の手にかかって死ぬことになるとは」と雄叫びし、亡くなられた。そこでその水門を男之水門というのである。
 御陵は紀伊の国の竈山にある。

 八咫鳥

 故 神倭伊波禮毘古命 從其地迴幸 到熊野村之時 大熊髮出入即失 爾神倭伊波禮毘古命 倏忽爲遠延 及御軍皆遠延而伏遠延二字以音 此時 熊野之高倉下此者人名 齎一横刀 到於天神御子之伏地而獻之時 天神御子即寤起 詔長寢乎 故 受取其横刀之時 其熊野山之荒神 自皆爲切仆 爾其惑伏御軍 悉寤起之 

 さてカムヤマトイワレビコはそこよりさらに迂回し、熊野村に到ったとき、大きな熊が見え隠れしていたがすぐに消えてしまった。するとカムヤマトイワレビコは気を失い、その兵たちも皆気を失ってしまった。

 このとき、熊野の高倉下(タカクラジ)という者が、一振りの太刀を持って、天つ神の御子の臥しておられる所にやって来て、その太刀を奉ると、天つ神の御子は、即座に正気をとりもどして起きあがり、「長い間寝ていたものだ」と仰せになった。
 そしてその太刀をお受け取りになると同時に、その熊野の山の荒ぶる神は、自然にみな切り倒されてしまった。そしてその気を失って倒れていた兵士たちも、みな正気をとりもどして起きあがった。

 故 天神御子 問獲其横刀之所由 高倉下答曰 己夢云 天照大神 高木神 二柱神之命以 召建御雷神而詔 葦原中國者 伊多玖佐夜藝帝阿理那理此十一字以音 我御子等 不平坐良志此二字以音 其葦原中國者 專汝所言向之國 故 汝建御雷神可降 爾答白 僕雖不降 專有平其國之横刀 可降是刀此刀名云佐士 布都神 亦名云甕布都神 亦名布都御魂 此刀者 坐石上神宮也 

 そこで天つ神の御子(カムヤマトイワレビコのこと)が、その太刀を手に入れたわけをお尋ねになると、タカクラジが答えて、「私は夢を見ました。天照大御神と高木神、二柱の神の御命令で、建御雷神(タケミカヅチ)を召して仰せられるには、『葦原中国はひどく騒然としているということである。わが御子たちは病み悩んでいるらしい。その葦原中国は、もっぱらあなたが服従させた国である。だから、そなたタケミカヅチノ神が降って行きなさい』と仰せになった。

 これに答えてタケミカヅチノ神が、『私が降らなくても、もっぱらその国を平定した太刀がありますから、この太刀を降しましょう』と申し上げた。この太刀の名は佐士布都神(サジフツ)といい、またの名は甕布都神(ミカフツ)といい、またの名は布都御魂(フツノミタマ)という。この太刀は石上神宮に鎮座しておられる。

 降此刀状者 穿高倉下之倉頂 自其墮入 故 阿佐米余玖自阿下五字以音 汝取持獻天神御子 故 如夢教而 旦見己倉者 信有横刀 故 以是横刀而獻耳 於是亦 高木大神之命以覺白之 天神御子 自此於奧方莫使入幸 荒神甚多 今自天遣八咫烏 故 其八咫烏引道 從其立後應幸行 故隨其教覺 從其八咫烏之後幸行者 到吉野河之河尻時 作筌有取魚人 爾天神御子 問汝者誰也 答曰僕者國神 名謂贄持之子此者阿陀之鵜飼之祖 

 そしてタケミカヅチノ神は、『この太刀を降す方法は、タカクラジの倉の棟に穴を開け、その穴から落とし入れることにする。だから、おまえは朝目覚めたら、縁起のよい太刀を見つけ、それを天つ神の御子に献上しなさい』と仰せになった。そこで夢のお告げのとおりに、翌朝私の倉の中を見ると、本当に太刀がありました。それでこの太刀を献上するのです」と申し上げた。

 そこでまた、高木大神の仰せとして、「天つ神の御子を、ここから奥の方に行かせてはならない。荒れすさぶ神がたくさんいる。今、天上から八咫鳥(ヤタガラス)を遣わそう。そしてその八咫鳥が先導をする。その鳥の飛んで行くあとについて進みなさい」と申された。

 それで、その仰せに従って、その八咫鳥のあとについてお進みになると、吉野川の川下にお着きになったとき、筌(ウケ)を作って魚を取っている人がいた。そこで、天つ神の御子が、「おまえはだれか」とお尋ねになると、「私は国つ神で、名は贄持之子(ニヘモツノコ)と言います。」とお答えした。これは阿陀の鵜飼部の祖先である。
 
 從其地幸行者 生尾人 自井出來 其井有光 爾問汝誰也 答曰僕者國神 名謂井氷鹿」此者吉野首等祖也 即入其山之 亦遇生尾人 此人押分巖而出來 爾問汝者誰也 答曰僕者國神 名謂石押分之子 今聞天神御子幸行 故參向耳上 此者吉野國巣之祖 自其地蹈穿越幸宇陀 故 曰宇陀之穿也

 そこからさらにお進みになると、尻尾の生えた人が井戸から出てきた。その井戸の中は光っていた。そこで「おまえはだれか」とお尋ねになると「私は国つ神で、名は井氷鹿(ヰヒカ)と言います。」とお答えした。これは吉野首らの祖先である。

 そこでその山にお入りになると、また尻尾の生えた人にお会いになった。この人は岩を押し分けて出てきた。そこで「おまえはだれか」とお尋ねになると、「私は国つ神で、名は石押分之子(イハオシワクノコ)と言います。。今、天つ神の御子がおいでになると聞きましたので、迎えに参ったのです」とお答えした。これは吉野の国栖(クズ)の祖先である。
 さらにそこから山坂を踏み分け越えて、宇陀にお進みになった。そこで、そこを宇陀の穿というのである。

 兄宇迦斯と弟宇迦斯

 故爾於宇陀有兄宇迦斯自宇以下三字以音下效此 弟宇迦斯二人 故 先遣八咫烏問二人曰 今天神御子幸行 汝等仕奉乎 於是兄宇迦斯 以鳴鏑待射返其使 故 其鳴鏑所落之地 謂訶夫羅前也 將待撃云而聚軍 然不得聚軍者 欺陽仕奉而 作大殿 於其殿内作押機待 時弟宇迦斯先參向 拜曰 僕兄兄宇迦斯 射返天神御子之使 將爲待攻而聚軍 不得聚者 作殿其内張押機將待取 故 參向顯白 

 ところが、この宇陀に兄宇迦斯(エウカシ)、弟宇迦斯(オトウカシ)の二人の兄弟がいた。そこでまずヤタガラスを遣わして、二人に、「今、天つ神の御子がおいでになる。あなた達はお仕え申し上げるか」と尋ねた。するとエウカシは、鳴鏑の矢を討ち、その使いを追い返した。そこで、その鳴鏑の落ちたところを訶夫羅前(カブラサキ)という。

 エウカシは迎え撃とうと言って軍勢を集めたが、軍勢を集めることができなかったので、お仕えしましょうと偽って、大きな御殿を作り、その御殿の中に罠を仕掛けて待っていた。オトウカシがまずカムヤマトイワレビコをお迎えに参って、拝礼し、「私の兄のエウカシは、天つ神の御子の使いを射返し、迎え撃とうとして軍勢を集めましたが、集めることができなかったので、御殿を作りその中に罠を仕掛けて、待ち受けてあなたを殺そうとしています。そこでお迎えに参って、この計画をすっかり申し上げるのです」と申し上げた。

 爾大伴連等之祖 道臣命 久米直等之祖 大久米命二人 召兄宇迦斯罵詈云 伊賀此二字以音 所作仕奉於大殿内者 意禮此二字以音先入 明白其將爲仕奉之状而 即握横刀之手上 矛由氣此二字以音矢刺而 追入之時 乃己所作押見打而死 爾即控出斬散 故 其地謂宇陀之血原也 然而其弟宇迦斯之獻大饗者 悉賜其御軍 此時歌曰

 このとき大伴連らの祖先の道臣命(ミチノオミ)と、久米直らの祖先、大久米命(オホクメ)の二人が、エウカシを呼んで罵り、「おまえがお仕えするためにと称して作った御殿の中には、おまえがまず入って、どのようにお仕えするのかはっきり見せろ」といって、太刀の柄を握り、矛を構え、弓に矢をつかえて、御殿の中に追い込んだところ、たちまちエウカシは、自分の作った罠に打たれて死んでしまった。
 そこで、すぐにエウカシを引き出して、ずたずたに斬った。そこでその地を宇陀の血原というのである。

 そうしてそのオトウカシが、献上した御馳走は、すべてその軍勢にお与えになった。このときお歌いになった歌は、
 
 宇陀能 多加紀爾 志藝和那波留 和賀麻都夜 志藝波佐夜良受 伊須久波斯 久治良佐夜流 古那美賀 那許波佐婆 多知曾婆能 尾能那祁久袁 許紀志斐惠泥 宇波那理賀 那許婆佐婆 伊知佐加紀 尾能意富祁久袁 許紀陀斐惠泥 疊疊音引志夜胡志夜 此者伊能碁布曾此五字以音 阿阿音引志夜胡志夜 此者嘲咲者也
 故 其弟宇迦斯
此者宇陀水取等之祖也

 宇陀の 高城に 鴫罠張る 我が待つや 鴫は障らず いすくはし 鯨障る 前妻が 肴乞はさば たちそばの 実の無けくを こきしひゑね 後妻が 肴乞はさば いちさかき 実の多けくを こきだひゑね ええ しやこしや こはいの ごふそ ああ しやこしや こは嘲咲ふぞ
 (宇陀の 高い城砦に鴫を取るための罠を張った。 私が待っている鴫はかからず、思いもよらない鯨がかかった。 古妻がおかずを欲しがったら、肉の少ないところをへぎ取ってやるがよい。後で娶った妻がおかずを欲しがったら、肉の多いところをたくさんへぎ取ってやるがよい。エエー、シヤコシヤ。これは威勢のよい声である。アアー、シヤコシヤ。これは大笑いするときの声である

 とお歌いになった。このオトウカシは宇陀の水取らの祖先である。

 久米歌

 自其地幸行 到忍坂大室之時 生尾土雲訓云具毛八十建 在其室待伊那流此二字以音 故爾天神御子之命以 饗賜八十建 於是宛八十建 設八十膳夫 毎人佩刀 誨其膳夫等曰 聞歌之者 一時共斬 故 明將打其土雲之歌曰
意佐賀能 意富牟廬夜爾 比登佐波爾 岐伊理袁理 比登佐波爾 伊理袁理登母 美都美都斯 久米能古賀 久夫都都伊 伊斯都都伊母知 宇知弖斯夜麻牟 美都美都斯 久米能古良賀 久夫都都伊 伊斯都都伊母知 伊麻宇多婆余良斯
 如此歌而 拔刀一時打殺也

 そこからさらにお進みになり、忍坂の岩屋にお着きになったとき、尻尾の生えた土雲という大勢の土民たちが、その岩屋の中で待ち構えていた。そこで天つ神の御子の御命令で、御馳走を大勢の土民たちに賜わった。このとき、多くの土民たちに当てて多くの料理人を用意して、一人一人に太刀をはかせ、その料理人たちに、「歌を聞いたら、いっせいに斬りつけよ」と仰せになった。そこで、その土雲を討つ合図の歌は、

 忍坂の 大室屋に 人多に 来入り居り 人多に 入り居りとも みつみつし 久米の子が 頭椎い 石椎いもち 撃ちてしやまむ みつみつし 久米の子らが 頭椎い 石椎いもち 今撃たば宣し
 (忍坂の大きな土室に、人が数多く集まって入っている。どんなに多くの人が入っていても、勢い盛んな久米部の兵士が、頭椎の太刀や石椎の太刀でもって、撃ってしまうぞ。 勢い盛んな久米部の兵士が、頭椎の太刀や石椎の太刀でもって、今撃ったらよいぞ。)

 このように歌って、太刀を抜いていっせいに打ち殺した。

 然後將撃登美毘古之時 歌曰
 美都美都斯 久米能古良賀 阿波布爾波 賀美良比登母登 曾泥賀母登 曾泥米都那藝弖 宇知弖志夜麻牟 
 又歌曰
 美都美都斯 久米能古良賀 加岐母登爾 宇惠志波士加美 久知比比久 和禮波和須禮志 宇知弖斯夜麻牟 

 その後、トミビコを討とうとしたとき、歌われた歌は、

 みつみつし 久米の子らが 粟生には 臭韮一本 そねが本 そね芽繋ぎて 撃ちてしやまむ
 (久米部の者たちの作っている粟畑には、臭気の強い韮が一本生えている。そいつの根と芽といっしょに引き抜くように、数珠つなぎに敵を捕らえて、撃ち取ってしまうぞ。)

 またお歌いになった歌は、

 みつみつし 久米の子らが 垣下に 植ゑし椒 口ひひく 吾は忘れじ 撃ちてしやまむ
 (久米部の者たちが垣のほとりに植えた山椒の実は辛くて、口がひりひりする。われわれは、敵から受けた痛手を忘れまい。敵を撃ち取ってしまうぞ。)

 又歌曰
 加牟加是能 伊勢能宇美能 意斐志爾 波比母登富呂布 志多陀美能 伊波比母登富理 宇知弖志夜麻牟 
 又撃兄師木 弟師木之時 御軍暫疲 爾歌曰
 多多那米弖 伊那佐能夜麻能 許能麻用母 伊由岐麻毛良比 多多加閇婆 和禮波夜惠奴  志麻都登理 宇
加比賀登母 伊麻須氣爾許泥 

 またお歌いになった歌は、

 神風の 伊勢の海に 生石に 這ひもとほろふ 細螺の い這ひもとほり 撃ちてしやまむ
 (伊勢の海の生い立つ石に這いまつわっている細螺のように、敵のまわりを這い回って討ち滅ぼしてしまうぞ)

 またエキシ、オトシキをお打ちになったときには、命の軍勢はしばし疲れた。そこでお歌いになった歌は、
 
 楯並めて 伊耶佐の山の 木の間よも い行きまもらひ 戦へば 吾はや飢ぬ 島つ鳥 鵜養が伴 今助けに来ぬ
 (伊耶佐の山の木の間を通って行きながら、敵の様子を見守って戦ったので、われわれは腹がへった。鵜養部の者どもよ 今すぐに助けに来てくれ。)

 故爾邇藝速日命參赴 白於天神御子 聞天神御子天降坐 故 追參降來 即獻天津瑞以仕奉也 故 邇藝速日命 娶登美毘古之妹 登美夜毘賣生子 宇麻志麻遲命此者物部連 穗積臣 [女+采]臣祖也 故 如此言向平和荒夫琉神等夫琉二字以音 退撥不伏之人等而 坐畝火之白梼原宮 治天下也

 その後、邇芸速日命(ニギハヤヒ)が参上して来て、天つ神の御子に、「天つ神の御子が天降って来られたと聞きましたので、あとを追って天降って参りました」と申し上げて、そして天つ神の子のしるしの宝物を献上して、お仕えした。

 そしてニギハヤヒノ命は、トミビコの妹の登美夜毘売(トミヤビメ)と結婚して生んだ子が宇麻志麻遅命(ウマシマヂ)で、この者は物部連、穂積臣、{ウネ}臣の祖先である。

 さて、このようにしてカムヤマトイワレビコは、荒ぶる神たちを平定し和らげ、服従しない人たちを撃退して、畝傍の白檮原宮(カシハラ)において天下をお治めになった。

 伊須気余理比売

 故 坐日向時 娶阿多之小椅君妹 名阿比良比賣自阿以下五字以音生子 多藝志美美命 次岐須美美命 二柱坐也 然更求爲大后之美人時 大久米命曰 此間有媛女 是謂神御子 其所以謂神御子者 

 さてカムヤマトイワレビコが日向におられたときに、阿多の小椅君の妹で、阿比良比売(アヒラヒメ)という名の女性と結婚してお生みになった子に、多芸志美美命(タギシミミ)と岐須美美命(キスミミ)の二柱がおられた。

 しかしさらに皇后にふさわしい美しい人をさがし求められたとき、オホクメノ命が申し上げた。「ここによい乙女がおります。この乙女は神の御子といわれています。
 神の御子というわけは次の通りです。

 三嶋湟咋之女 名勢夜陀多良比賣 其容姿麗美 故 美和之大物主神見感而 其美人爲大便之時 化丹塗矢 自其爲大便之溝流下 突其美人之富登此二字以音下效此 爾其美人驚 而立走伊須須岐伎此五字以音 乃將來其矢 置於床邊 忽成麗壯夫 即娶其美人生子 名謂富登多多良伊須須岐比賣命 亦名謂比賣多多良伊須氣余理比賣是者惡其富登云事後改名也 故 是以謂神御子也


 三島の湟咋(ミゾクヒ)の娘で、勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)という名の容姿の美しい乙女がいました。それで三輪のオホモノヌシノ神が、この乙女に一目惚れして、その乙女が大便をしているとき、丹塗りの矢に化けて、その大便をしている厠の溝を流れ下り、その乙女の陰部を突きました。その乙女は驚き、立ち上がりあわてふためきました。

 その後、その矢を持ってきて、床のそばに置くと、たちまち矢は立派な男性に変わりました。やがてその乙女と結婚して生んだ子を、富登多多良伊須須岐比売命(ホトタタライススキヒメ)といい、またの名を比売多多良伊須気余理比売(ヒメタタライスケヨリヒメ)とい言います。これは「ほと」という名を嫌って、後に改めた名である。こういうわけで神の御子と申すのです」と申し上げた。

 於是七媛女 遊行於高佐士野佐士二字以音 伊須氣余理比賣在其中 爾大久米命 見其伊須氣余理比賣而 以歌白於天皇曰
 夜麻登能 多加佐士怒袁 那那由久 袁登賣杼母 多禮袁志摩加牟 
 爾伊須氣余理比賣者 立其媛女等之前 乃天皇見其媛女等而 御心知伊須氣余理比賣立於最前 以歌答曰
 賀都賀都母 伊夜佐岐陀弖流 延袁斯麻加牟 

 さて、七人の乙女が、高佐士野(タカサジノ)に野遊びに行った。イスケヨリヒメもその中に加わっていた。するとオホクメノ命は、そのイスケヨリヒメの姿を見て、歌でもって天皇に申し上げた。 

 倭の 高佐士野を 七行く 媛女ども 誰をしまかむ
 (大和の高佐士野を七人行く乙女よ、その中のだれを妻としようか。)

 このときイスケヨリヒメは、その乙女たちの先頭に立っていた。そこで天皇は、その乙女たちを見て、心の中でイスケヨリヒメが一番前に立っているのをお知りになり、歌をもってお答えになった。

 かつがつも いや先立てる 兄をしまかむ
 (ともかくも一番先に立っている、年上の乙女を妻としよう。)

 爾大久米命 以天皇之命詔其伊須氣余理比賣之時 見其大久米命黥利目而 思奇歌曰
 阿米都都 知杼理麻斯登登 那杼佐祁流斗米 
 爾大久米命答歌曰
 袁登賣爾 多陀爾阿波牟登 和加佐祁流斗米 


 そこでオホクメノ命が、天皇のお言葉をそのイスケヨリヒメに告げ明かしたとき、姫はそのオホクメノ命の周辺に入墨をした鋭い目を見て、、不思議に思って歌っていうには、

 あめつつ ちどりましとと など黥ける利目
 (あま鳥、つつ、千鳥、しととのように、どうして目じりに入墨をして、鋭い目をしているのですか。)

 するとオホクメノ命が答えて歌っていうには、

 媛女に 直に逢はむと 我が黥ける利目
 (お嬢さんにじかにお会いしたいと思って、私は入墨をしてこんなに鋭い目をしているのです。)

 故其孃子 白之仕奉也 於是其伊須氣余理比賣命之家 在狹井河之上 天皇幸行其伊須氣余理比賣之許 一宿御寢坐也其河謂佐韋河由者 於其河邊山由理草多在 故 取其山由理草之名 號佐韋河也 山由理草之本名云佐韋也 後其伊須氣余理比賣 參入宮内之時 天皇御歌曰
 阿斯波良能 志祁志岐袁夜邇 須賀多多美 伊夜佐夜斯岐弖 和賀布多理泥斯 


 そこでその乙女は、「天皇にお仕えいたしましょう」と言った。
 ところで、イスケヨリヒメの家は狭井河のほとりにあった。天皇は、そのイスケヨリヒメのもとにお出かけになって、一夜おやすみになった。その河を佐韋河というわけは、その河のほとりに山百合がたくさん生えていた。それで、その山百合の草の名をとって佐韋河と名付けた。ヤマユリの本の名は佐韋というのである。

 その後、そのイスケヨリヒメが宮中に参内したとき、天皇がお歌いになるには、

 葦原の しけしき小屋に 菅畳 いやさや敷きて 我が二人寝し
 (葦原の中の荒れた汚い小屋に、菅のむしろを清らかにすがすがしく敷き詰めて、私たちは二人で寝たことだ。)

 然而阿礼坐之御子名 日子八井命 次神八井耳命 次神沼河耳命三柱 故 天皇崩後 其庶兄當藝志美美命 娶其嫡后伊須氣余理比賣之時 將殺其三弟而謀之間 其御祖伊須氣余理比賣患苦而 以歌令知其御子等 歌曰
 佐韋賀波用 久毛多知和多理 宇泥備夜麻 許能波佐夜藝奴 加是布加牟登須 

 そしてお生まれになった御子の名は、日子八井命(ヒコヤヰ)、次に神八井耳命(カムヤヰミミ)、次に神沼河耳命(カムヌナカワミミ)の三柱である。

 さて、神武天皇が亡くなられて後、天皇の異母兄のタギシミミノ命が、皇后のイスケヨリヒメを妻とされたとき、その三人の弟たちを殺そうと計画したので、その母君のイスケヨリヒメが憂い、また苦しんで、歌によって御子たちにこのことをお知らせになった。歌われた歌は、
 
 狭井河よ 雲立ちわたり 畝傍山 木の葉さやぎぬ 風吹かむとす
 (狭井河の方から雲が立ち広がってきて、畝傍山では木の葉がなりさわいでいる。大風が吹き出そうとしている。)

 又歌曰
 宇泥備夜麻 比流波久毛登韋 由布佐禮婆 加是布加牟登曾 許能波佐夜牙流 


 またお歌いになった歌は、

 畝傍山 昼は雲とゐ 夕されば 風吹かぬとそ 木の葉さやげる
 (畝傍山では、昼間は雲が揺れ動き、夕方になると大風の吹く前ぶれとして、木の葉がざわめいている。)

 於是其御子聞知而驚 乃爲將殺當藝志美美之時 神沼河耳命 曰其兄神八井耳命 那泥此二字以音汝命 持兵入而 殺當藝志美美 故 持兵入以將殺之時 手足和那那岐弖此五字以音 不得殺 故爾其弟神沼河耳命 乞取其兄所持之兵 入殺當藝志美美 故亦稱其御名 謂建沼河耳命 爾神八井命 讓弟建沼河耳命曰 吾者不能殺仇 汝命既得殺仇 故 吾雖兄不宜爲上 是以汝命爲上治天下 僕者扶汝命 爲忌人而仕奉也故 

 この歌を聞いた御子は、陰謀を知って驚き、ただちにタギシミミを殺そうとされた。カムヌナカハミミノ命はその兄のカムヤヰミミノ命に、「兄上よ、あなたは武器を持って入って、タギシミミをお殺しなさい」と申した。それで、カムヤヰミミノ命は武器を持って入って、殺そうとしたが、手足がふるえて、殺すことができなかった。そこでその弟のカムヌナカハミミノ命は、その兄の持っている武器をもらい受けて、入っていってタギシミミを殺してしまった。それでその御名を称えて、建沼河耳命(タケヌナカハミミ)というのである。

 こうしてカムヤヰミミノ命は、弟のタケヌナカハミミノ命に皇位を譲って、「私は敵を殺すことができなかった。あなたは完全に敵を殺すことがおできになった。それで、私は兄ではあるが、天皇になるべきではない。だから、あなたが天皇となって天下をお治めなさい。私はあなたを助けて、祭祀者となってお仕え申しましょう」と申した。

 其日子八井命者【茨田連手嶋連之祖】神八井耳命者意富臣 小子部連 坂合部連 火君 大分君 阿蘇君 筑紫三家連 雀部臣 雀部造 小長谷造 都祁直 伊余國造 科野國造 道奧石城國造 常道仲國造 長狹國造 伊勢船木直 尾張丹波臣 嶋田臣等之祖也 神沼河耳命者 治天下也 凡此神倭伊波禮毘古天皇御年 壹佰參拾漆歳 御陵在畝火山之北方白梼尾上也

 さてそのヒコヤヰノ命は、茨田連、手島連の祖先である。カムヤヰミミノ命は、意富臣、小子部連、坂井部連、火君、大分君、阿蘇君、筑紫の三家連、雀部臣、雀部造、小長谷造、ツケ直、伊余国造、科野国造、道奥の石白国造、常道の仲国造、長狭国造、伊勢の舟木直、尾張の丹波臣、島田臣等の祖先である。カムヌナカハミミノ命は、天下をお治めになった。

 およそこのカムヤマトイハレビコノ天皇のお年は百三十七歳。御陵は畝傍山の北の方の、白檮尾のあたりにある。


二、 綏靖天皇
 
 神沼河耳命 坐葛城高岡宮 治天下也 此天皇 娶師木縣主之祖 河俣毘賣 生御子 師木津日子玉手見命一柱
 天皇御年肆拾伍歳 御陵在衝田岡也

 神沼河耳命(カムヌナカワミミ、綏靖天皇)は、葛城の高岡宮においでになって、天下をお治めになった。この天皇が師木県主の祖先の河俣毘売(カワマタビメ)を娶ってお生みになった御子は師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミ)一柱である。
 天皇の御年は四十五歳。御陵は衝田岡にある。


三、 安寧天皇

 師木津日子玉手見命 坐片鹽浮穴宮 治天下也 此天皇 娶河俣毘賣之兄 縣主波延之女 阿久斗比賣 生御子 常根津日子伊呂泥命自伊下三字以音 次大倭日子[金+且]友命 次師木津日子命 此天皇之御子等 并三柱之中 大倭日子[金+且]友命者 治天下

 師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミ、安寧天皇)は、片塩の浮穴宮においでになって、天下をお治めになった。
 この天皇が、カハマタビメの兄で、県主波延(ハエ)の娘の阿久斗比売(アクトヒメ)を娶ってお生みになった御子は、常根津日子伊呂泥命(トコネツヒコイロネ)、次に大倭日子{スキ}友命(オホヤマトヒコスキトモ)、次に師木津日子命(シキツヒコ)である。この天皇の御子たち三柱の中で、オホヤマトヒコスキトモノ命は天下を治めになった。

 次師木津日子命之子 二王坐 一子孫者伊賀須知之稻置 那婆理之稻置 三野之稻置之祖 一子 和知都美命者 坐淡道之御井宮 故 此王有二女 兄名蝿伊呂泥 亦名意富夜麻登久邇阿礼比賣命 弟名蝿伊呂杼也  天皇御年 肆拾玖歳 御陵在畝火山之美富登也

 次にシキツヒコノ命の子は、二人おられた。そのなかの一人の子は、伊賀の須知の稲置、那婆理の稲置、三野の稲置の祖先である。今一人の子の和知都美命(ワチツミ)は、淡道の御井宮においでになった。そしてこの御子に二人の娘があった。姉の名は蠅伊呂泥(ハヘイロネ)で、またの名は意富夜麻登久邇阿礼比売命(オホヤマトクニアレヒメ)という。妹の名はで蠅伊呂杼(ハヘイロド)である。
 天皇の御年は四十九歳。御陵は畝傍山の美富登にある。


四、懿徳天皇

 大倭日子[金+且]友命坐輕之境岡宮 治天下也 此天皇 娶師木縣主之祖 賦登麻和訶比賣命 亦名飯日比賣命 生御子 御眞津日子訶惠志泥命自訶下四字以音 次多藝志比古命二柱 故 御眞津日子訶惠志泥命者 治天下也 次當藝志比古命者血沼之別多遲麻之竹別葦井之稻置之祖
 天皇御年 肆拾伍歳 御陵在畝火山之眞名子谷上也


 大倭日子{スキ}友命(オホヤマトヒコスキトモ、懿徳天皇)は軽の境岡宮においでになって、天下を治めになった。
 この天皇が、師木県主が祖先の賦登麻和訶比売命(フトマワカヒメ)、またの名は飯日比売命(イヒヒヒメ)を娶ってお生みになった御子は、御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカヱシネ)、次に多岐志比古命(タギシヒコ)の二柱である。そしてミマツヒコカヱシネノ命は天下を治めになった。次にタギシヒコノ命は、血沼之別、多遅麻の竹別、葦井の稲置の祖先である。
 天皇の御年は四十五歳。御陵は畝傍山の真名子谷の近くにある。


五、孝昭天皇

 御眞津日子訶惠志泥命 坐葛城掖上宮 治天下也 此天皇 娶尾張連之祖 奧津余曾之妹 名余曾多本毘賣命 生御子 天押帶日子命 次大倭帶日子國押人命二柱 故弟帶日子國忍人命者 治天下也

 御真津日子訶恵志泥命(ミマツヒコカヱシネ、孝昭天皇)は、葛城の掖上宮においでになって、天下をお治めになった。
 この天皇が、尾張連の祖先で、奥津余曾(オキツヨソ)の妹、名は余曾多本毘売(ヨソタホビメ)を娶ってお生みになった御子は天押帯日子命(アメオシタラシヒコ)、次に大倭帯日子国押人命(オホヤマトタラシヒコクニオシヒト)の二柱である。そして弟の帯日子国忍人命(タラシヒコクニオシヒト)は、天下をお治めになった。

 兄天押帶日子命者春日臣 大宅臣 粟田臣 小野臣 柿本臣 壹比韋臣 大坂臣 阿那臣 多紀臣  羽栗臣 知多臣 牟耶臣 都怒山臣 伊勢飯高君 壹師君 近淡海國造之祖也
 天皇御年 玖拾參歳 御陵在掖上博多山上也


 兄のアメオシタラシヒコノ命は、春日臣、大宅臣、粟田臣、小野臣、柿本臣、壱比韋臣、大坂臣、阿那臣、多紀臣、羽栗臣、知多臣、牟耶臣、都怒山臣、伊勢の飯高君、壱師君、近淡海国造の祖先である。
 天皇の御年は九十三歳。御陵は掖上の博多山のほとりにある。


六、孝安天皇

 大倭帶日子國押人命 坐葛城室之秋津嶋宮 治天下也 此天皇 娶姪忍鹿比賣命 生御子 大吉備諸進命 次大倭根子日子賦斗邇命二柱 自賦下三字以音 故 大倭根子日子賦斗邇命者 治天下也
 天皇御年 壹佰貳拾參歳 御陵在玉手岡上也


 帯日子国忍人命(タラシヒコクニオシヒト、孝安天皇)は葛城の室の秋津島宮においでになって、天下をお治めになった。この天皇が姪の忍鹿比売命(オシカヒメ)を娶ってお生みになった御子は大吉備諸進命(オホキビモロススミ)、次に大倭根子日子賦斗邇命(オホヤマトネコヒコフトニ)の二柱である。そしてオホヤマトネコヒコフトニノ命は、天下をお治めになった。天皇の御年は百二十三歳。御陵を玉手岡の上にある。


七、孝霊天皇

 大倭根子日子賦斗邇命 坐黒田廬戸宮 治天下也 此天皇 娶十市縣主之祖 大目之女 名細比賣命 生御子 大倭根子日子國玖琉命一柱 玖琉二字以音 又娶春日之千千速眞若比賣 生御子 千千速比賣命一柱 又娶意富夜麻登玖邇阿礼比賣命 生御子 夜麻登登母母曾毘賣命 次日子刺肩別命 次比古伊佐勢理毘古命 亦名大吉備津日子命 次倭飛羽矢若屋比賣四柱
 
 大倭根子日子賦斗邇命(オホヤマトネコヒコフトニ、孝霊天皇)は、黒田の廬戸宮においでになって、天下をお治めになった。
 この天皇が十市県主の祖先で、大目の女の、細比売命(クハシヒメ)という名の方を娶って、お生みになった御子は大倭根子日子国玖琉命(オホヤマトネコヒコクニクル)一柱である。また春日の千々速真若比売(チチハヤマワカヒメ)を娶ってお生みになった御子は、千々速比売(チチハヤヒメ)一柱である。

 また意富夜麻登玖邇阿礼比売命(オホヤマトクニアレヒメ)を娶ってお生みになった御子は夜麻登登面母々曾毘売命(ヤマトトモモソビメ)、次に日子刺肩別命(ヒコサシカタワケ)、次に比古伊佐勢理毘古命(ヒコイサセリビコ)、またの名は大吉備津日子命(オホキビツヒコ)、次に倭飛羽矢若屋比売(ヤマトトビハヤワカヤヒメ)の四柱である。
 
 又娶其阿礼比賣命之弟 蠅伊呂杼 生御子 日子寤間命 次若日子建吉備津日子命二柱 此天皇之御子等 并八柱男王五 女王三 故 大倭根子日子國玖琉命者 治天下也 大吉備津日子命與若建吉備津日子命 二柱相副而 於針間氷河之前 居忌瓮而 針間爲道口以言向和吉備國也 故 此大吉備津日子命吉備上道臣之祖 次若日子建吉備津日子命者 吉備下道臣笠臣祖 次日子寤間命者針間牛鹿之祖也 次日子刺肩別命者高志之利波臣 豊國之國前臣 五百原君 角鹿海直之祖也
 天皇御年 壹佰陸歳 御陵在片岡馬坂上也


 またそのアレヒメノ命の妹のハヘイロドを娶ってお生みになった御子は、日子寤間命(ヒコサメマ)、次に若日子建吉備津日子命(ワカヒコタケキビツヒコ)の二柱である。この天皇の御子たちは合わせて八柱で皇子五柱、皇女三柱である。そしてオホヤマトネコヒコクニクルノ命は天下をお治めになった。オホキビツヒコノ命とワカタケキビツヒコノ命とは、二柱は揃って播磨の氷河の埼に斎瓮をすえて神を祭り、播磨国を入口として、吉備国を平定された。

 そしてこの命オホキビツヒコノ命は、吉備の上道臣の祖先である。次にワカヒコタケビツヒコノ命は、吉備の下道臣、笠臣の祖先である。次にヒコサメマノ命は、播磨の牛鹿臣の祖先である。次にヒコサシカタワケノ命は、越国の利波臣、豊国の国前臣、吾百原君、角鹿済直の祖先である。
 天皇の御年は百六歳。御陵は片岡の馬坂の上にある。


八、孝元天皇

 大倭根子日子國玖琉命 坐輕之堺原宮 治天下也 此天皇 娶穗積臣等之祖 内色許男命色許二字以音下效此妹内色許賣命 生御子 大毘古命 次少名日子建猪心命 次若倭根子日子大毘毘命三柱 又娶内色許男命之女 伊賀迦色許賣命 生御子 比古布都押之信命自比至都以音 又娶河内青玉之女 名波邇夜須毘賣 生御子 建波邇夜須毘古命一柱 此天皇之御子等 并五柱 

 大倭根子日子国玖琉命(オホヤマトネコヒコクニクル)は、軽の境原宮においでになって、天下をお治めになった。
 この天皇は穂積臣らの祖先で、内色許男命(ウツシコヲ)の妹の内色許売(ウツシコメ)を娶ってお生みになった御子は、大毘古命(オホビコ)、次に少名日子建猪心命(スクナヒコタケヰゴコロ)、次に若倭根子日子大毘々(ワカヤマトネコヒコオホビビ)の三柱である。

 またウツシコヲノ命の女の伊迦賀色許売命(イカガシコメ)を娶って、お生みになった御子は、比古布都押之信命(ヒコフツオシノマコトである。また河内の青玉(アヲタマ)の女で、波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)という名の方を娶って、お生みになった御子は建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコ)一柱である。この天皇の御子たちは、合わせて五柱である。

 故 若倭根子日子大毘毘命者 治天下也 其兄大毘古命之子 建沼河別命者阿倍臣等之祖 次比古伊那許志別命自比至志六字以音 此者膳臣之祖也 比古布都押之信命 娶尾張連等之祖 意富那毘之妹 葛城之高千那毘賣那毘二字以音 生子 味師内宿禰此者山代内臣之祖也 又娶木國造之祖 宇豆比古之妹 山下影日賣 生子 建内宿禰 此建内宿禰之子 并九男七 女二 波多八代宿禰者波多臣 林臣 波美臣 星川臣 淡海臣 長谷部君之祖也 

 そのうち、ワカヤマトネコヒコオホビビノ命は、天下をお治めになった。その兄で、オホビコノ命の子の建沼河別命(タケヌナカワハワケ)は、阿部臣らの祖先である。次に比古伊那許士別命(ヒコイナコジワケ)、これは膳臣の祖先である。ヒコフツオシノマコトノ命が、尾張連らの祖先である意富那毘(オホナビ)の妹の葛城の高千那毘売(タカチナビメ)を娶って生んだ子は、味師内宿禰(ウマシウチ)で、これは山城の内臣の祖先である。

 また紀伊国造の祖先で、宇豆比古(ウズヒコ)の妹の山下影日売(ヤマシタカゲヒメ)を娶って生んだ子は建内宿禰(タケシウチ)である。このタケシウチノ宿禰の子は合わせて九人である。男七人、女二人。その中の波多八代宿禰(ハタノヤシロ)は、波多臣、林臣、波美臣、星川臣、淡海臣、長谷部君の祖先である。

 次許勢小柄宿禰者許勢臣 雀部臣 輕部臣之祖也 次蘇賀石河宿禰者蘇我臣 川邊臣 田中臣 高向臣 小治田臣 櫻井臣 岸田臣等之祖也 次平群都久宿禰者平群臣 佐和良臣 馬御[木+右織]連等祖也 次木角宿禰者木臣 都奴臣 坂本臣之祖 次久米能摩伊刀比賣 次怒能伊呂比賣 次葛城長江曾都毘古者玉手臣 的臣 生江臣 阿藝那臣等之祖也 又若子宿禰江野財臣之祖
 此天皇御年 伍拾漆歳 御陵在劔池之中岡上也


 次に許勢小柄宿禰(コセノヲカラ)は巨勢臣、雀部臣、軽部臣の祖先である。
 次に蘇賀石河宿禰(ソガノイシカワ)は、蘇我臣、川辺臣、田中臣、高向臣、小治田臣、桜井臣、岸田臣らの祖先である。次に平群都久宿禰(ヘグリノツク)は、平群臣、佐和良臣、馬御くい連らの祖先である。次に木角宿禰(キノツノ)は、木臣、都奴臣、坂本臣の祖先である。

 次に久米能摩伊刀比売(クメノマイトヒメ)、次に怒能伊呂比売(ノノイロヒメ)である。
 次に葛城の長江の曾都毘古(ソツビコ)は、玉手臣、的臣、生江臣、阿芸那臣らの祖先である。また若子宿禰(ワクゴ)は、江野間臣の祖先である。
 この天皇の御年は五十七歳。御陵は剣池の中の岡の上にある。


九、開化天皇

 若倭根子日子大毘毘命 坐春日之伊耶河宮 治天下也 此天皇 娶旦波之大縣主 名由碁理之女 竹野比賣 生御子 比古由牟須美命一柱 此王名以音 又娶庶母伊賀迦色許賣命 生御子 御眞木入日子印惠命印惠二字以音 次御眞津比賣命二柱 又娶丸邇臣之祖 日子國意祁都命之妹 意祁都比賣命意祁都三字以音 生御子 日子坐王一柱 

 若倭根子日子大毘々(ワカヤマトネコヒコオホビビ)は春日の伊耶河宮においでになって、天下をお治めになった。
 この天皇が、丹波の大県主で、名は由碁理(ユゴリ)の娘の竹野比売(タカノヒメ)を娶って、お生みになった御子は比古由牟須美命(ヒコユムスミ)一柱である。

 また庶母の伊迦賀色許売命(イカガシコメ)を娶ってお生みになった御子は、御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニヱ)と御真津比売(ミマツヒメ)との二柱である。
 また和邇臣の祖先である日子国意{ケ}都命(ヒコクニオケツ)の妹の意{ケ}都比売命(オケツヒメ)を娶って、お生みになった御子は、日子坐王(ヒコイマス)一柱である。

又娶葛城之垂見宿禰之女 [亶+鳥]比賣 生御子 建豊波豆羅和氣一柱 自波下五字以音 此比天皇之御子等 并五柱男王四 女王一 故 御眞木入日子印惠命者 治天下也 其兄比古由牟須美王之子 大筒木垂根王 次讚岐垂根王二王 讚岐二字以音 此二王之女 五柱坐也 次日子坐王 娶山代之荏名津比賣 亦名苅幡戸辨此一字以音 生子 大俣王 次小俣王 次士夫美宿禰王三柱 又娶春日建國勝戸賣之女 名沙本之大闇見戸賣 生子 沙本毘古王 次袁耶本王 次沙本毘賣命 亦名佐波遲比賣此沙本毘賣命者 爲伊久米天皇之后 自沙本毘古以下三王名皆以音 次室毘古王四柱

 また葛城の垂見宿禰の娘で、{ワシ}比売(ワシヒメ)を娶ってお生みになった御子は、建豊波豆羅和気王(タケトヨハツラワケ)一柱である。この天皇の御子たちは合わせて五柱である。神子四柱、皇女一柱。
 そしてミマキイリヒコイニヱノ命は天下をお治めになった。その兄のヒコユムスミノ王の子は、大筒木垂根王(オホツツキタリネ)と讃岐垂根王(サヌキタリネ)の二柱である。この二柱の女は五柱おられた。

 次にヒコイマスノ王が、山代の荏名津比売(エナツヒメ)、またの名は苅幡戸弁(カリハタトベ)を娶って生んだ子は、大俣王(オホマタ)、次に小俣王(ヲマタ)、次に志夫美宿禰(シブミ)の三柱である。
 また春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の女、名は沙本の大闇見戸売(オホクラミトメ)を娶って生んだ子は沙本毘古王(サホビコ)、次に袁耶本王(ヲザホ)、次に沙本毘売命(サホビメ)、またの名は佐波遅比売(サハヂヒメ)、次に室毘古王(ムロビコ)の四柱である。このサホビメノ命は伊久米天皇(イクメ)の后となった。

又娶近淡海之御上祝以伊都久此三字以音 天之御影神之女 息長水依比賣 生子 丹波比古多多須美知能宇斯王此王名以音 次水穗之眞若王 次神大根王 亦名八瓜入日子王 次水穗五百依比賣 次御井津比賣五柱 娶其母弟袁祁都比賣命 生子 山代之大筒木眞若王 次比古意須王 次伊理泥王三柱此二王名以音 凡日子坐王之子 并十一王 

 また近江の御上で、祝の人が奉斎している天之御影神(アメノミカゲ)の女の息長水依比売(オキナガノミズヨリヒメ)を娶って生んだ子は丹波比古多々須美知能宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシ)、次に水穂之真若王ミズホノマワカ、次に神大根王(カムオホネ)、またの名は八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ)、次に水穂五百依比売(ミズホノイホヨリヒメ)、次に御井津比売(ミヰツヒメ)の五柱である。

 またその母の妹の袁{ケ}津比売命(ヲケツヒメ)を娶って生んだ子は、山代の大筒木真若王(オホツツキマワカ)、次に比古意須王(ヒコオス)、次に伊理泥王(イリネ)の三柱である。すべて日子坐王(ヒコイマス)の子は、合わせて十一柱の王である。

故 兄大俣王之子 曙立王 次菟上王二柱 此曙立王者伊勢之品遲部君 伊勢之佐那造之祖 菟上王者比賣陀君之祖 次小俣王者當麻勾君之祖 次志夫美宿禰王者佐佐君之祖也 次沙本毘王者日下部連甲斐國造之祖 次袁耶本王者葛野之別近淡海蚊野之別祖也 次室毘古王者若狹之耳別之祖

 さて、兄のオホマタノ王の子は、曙立王(アケタツ)、次に菟上王(ウナカミ)の二柱である。このアケタツノ王は、伊勢の品遅部君、伊勢の佐那造の祖先である。ウナカミノ王は、比売陀君の祖先である。
次にヲマタノ王は、当麻勾君の祖先である。次にシブミノ宿禰王は、佐々君の祖先である。次にサホビコノ王は、日下部連、甲斐国造の祖先である。次にヲザホノ王は、葛野之別、近江の蚊野之別の祖先である。次にムロビコノ王は、若狭の耳別の祖先である。

 其美知能宇志王 娶丹波之河上之摩須郎女 生子 比婆須比賣命 次眞砥野比賣命 次弟比賣命 次朝廷別王四柱 此朝廷別王者三川之穗別之祖 此美知能宇斯王之弟 水穗眞若王者近淡海之安直之祖 次神大根王者三野國本巣國造 長幡部連之祖 次山代之大筒木眞若王 娶同母弟伊理泥王之女 丹波能阿治佐波毘賣 生子 迦邇米雷王迦邇米三字以音 此王 娶丹波之遠津臣之女 名高材比賣 生子 息長宿禰王

 かのミチノウシノ王が、丹波の河上の麻須郎女(マスノイラツメ)を娶って生んだ子は、比婆須比売命(ヒバスヒメ)、次に真砥野比売命(マトノヒメ)、次に弟比売命(オトヒメ)、次に朝廷別王(ミカドワケ)の四柱である。このミカドワケノ王は、は三河の穂別の祖先である。
 このミチノウシノ王の弟のミズホノマワカノ王は、近江の安直の祖先である。次にホネノ王は、美濃国の本巣国造、長幡部連の祖先である。

 次に山代のオホツツキマワカノ王が、同母弟のイリネコノ王の女で、、丹波の阿治佐波毘売(アヂサハビメ)を娶って生んだ子は迦邇米雷王(カニメイカヅチ)である。
 この王が、丹波の遠津臣の女で、名は高材比売(タカキヒメ)という方と娶って生んだ子は、息長宿禰王(オキナガノスクネ)である。

 此王 娶葛城之高額比賣 生子 息長帶比賣命 次虚空津比賣命 次息長日子王三柱 此王者 吉備品遲君 針間阿宗君之祖 又息長宿禰王 娶河俣稻依毘賣 生子 大多牟坂王多牟二字以音 此者多遲摩國造之祖也 上所謂建豊波豆羅和氣王者道守臣 忍海部造 御名部造 稻羽忍海部 丹波之竹野別 依網之阿毘古等之祖也
 天皇御年 陸拾參歳 御陵在伊耶河之坂上也


 この王が、葛城の高額比売(タカヌカヒメ)と結婚して生んだ子は、息長帯比売命(オキナガタラシヒメ)、次に虚空津比売命‘ソラツヒメ)、次に息長日子王(オキナガヒコ)の三柱である。この王は、吉備の品遅君、播磨の阿宗君の祖先である。

 またオキナガノ宿禰王が河俣の稲依毘売(イナヨリビメ)を娶って生んだ子は、大多牟坂王(オホタムサカ)で、この方は但馬国造の祖先である。
 先に述べたタケトヨハズラワケノ王は、道守臣、忍海部造、御名部造、因幡の忍海部、丹波の竹野別、依網の阿毘古等の祖先である。天皇の御年は六十三歳。御陵は伊耶河の坂の上にある。


十、崇神天皇

 御眞木入日子印惠命 坐師木水垣宮 治天下也 此天皇 娶木國造 名荒河刀辨之女刀辨二字以音 遠津年魚目目尾比賣  生御子 豊木入日子命  次豊[金+且]入日賣命二柱 又娶尾張連之祖 意富阿麻比賣  生御子 大入杵命  次八坂之入日子命  次沼名木之入日賣命  次十市之入日賣命四柱 
 

 御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニヱ、崇神天皇)は、磯城の水垣宮においでになって、天下をお治めになった。
 この天皇が、木国造の名は荒河刀弁(アラカハトベ)という人の娘の、遠津年魚目々微比売(トホツアユメマクハシヒメ)を娶ってお生みになった御子は豊木入日子命(トヨキイリヒコ)、次に豊{スキ}入日売命(トヨスキイリヒメ)の二柱である。

 また尾張連の祖先の意富阿麻比売(オホアマヒメ)を娶ってお生みになった御子は、大入杵命(オホイリキ)、次に八坂之入日子命(ヤサカノリヒコ)、次に沼名木之入日売命(ヌキナノリヒメ)、次に十市之入日売命(トヲチノイリヒメ)の四柱である。

又娶大毘古命之女 御眞津比賣命  生御子 伊玖米入日子伊沙知命伊玖米伊沙知六字以音 次伊耶能眞若命自伊至能以音 次國片比賣命  次千千都久和此三字以音比賣命  次伊賀比賣命  次倭日子命六柱 此天皇之御子等 并十二柱男王七 女王五也  故 伊久米伊理毘古伊佐知命者 治天下也  次豊木入日子命者上毛野君 下毛野君等之祖也 妹豊[金+且]比賣命拜祭伊勢大神之宮也 次大入杵命者能登臣之祖也 次倭日子命此王之時 始而於陵立人垣
 

 またオホビコノ命の娘の御真津比売(ミマツヒメ)を娶ってお生みになった御子は、伊玖米入日子伊佐知命(イクメイリヒコイサチ)、次に伊耶能真若命(イザノマワカ)、次に国片比売命(クニカタヒメ)、次に千々都久和比売命(チチツクワヒメ)、次に伊賀比売命(イガヒメ)、次に倭日子(ヤマトヒコ)の六柱である。この天皇の御子たちは、合わせて十二柱である。皇子七柱、皇女五柱である。

 そしてイクメイリヒコイサチノ命は天下をお治めになった。次にトヨキイリヒコノ命は、上毛野君、下毛野君の祖先である。妹のトヨスキヒメノ命は、伊勢の大神宮を斎き祭った。次にオホイリキノ命は、能登臣の祖先である。次にヤマトヒコノ命。この王のときに、初めて陵墓に人垣を立てた。

 此天皇之御世 疫病多起 人民死爲盡 爾天皇愁歎而 坐神牀之夜 大物主大神 顯於御夢曰 是者我之御心 故 以意富多多泥古而 令祭我御前者 神氣不起 國安平 是以驛使班于四方 求
謂意富多多泥古人之時 於河内之美努村 見得其人貢進 爾天皇問賜之汝者誰子也 答曰 僕者大物主大神 娶陶津耳命之女 活玉依毘賣 生子 名櫛御方命之子 飯肩巣見命之子 建甕槌命之子 僕意富多多泥古白

 この天皇の御代に、疫病が大流行して、国民が死に絶えそうになった。そこで天皇は、これをご心配になり、神託を受けるための床におやすみになった夜、大物主大神(オホモノヌシ)が夢の中に現れて、「疫病の流行は私の意志によるのだ。だから、意富多々泥古(オオタタネコ)という人に、私を祭らせなさるならば、神の祟りはおこらなくなり、国内も平安になるだろう」と仰せになった。

 そこで急使を四方に分遣して、オオタタネコという人を尋ね求められたところ、河内国の美努村でその人を見つけだして朝廷に差し出した。そこで天皇が、「そなたはだれの子か」とお尋ねになると、オオタタネコが答えて、「私は、オホモノヌシ大神が、陶津耳命(スヱツミミ)の女の活玉依毘売(イクタマヨリビメ)を娶ってお生みになった子の、名は櫛御方命(クシミカタ)という方の子で、飯肩須見命(イヒカタスミ)の子の建甕槌命(タケミカヅチ)の子が、私、オオタタネコです」と申し上げた。

 於是天皇大歡以詔之 天下平 人民榮 」即以意富多多泥古命 爲神主而 於御諸山拜祭意富美和之大神前 又仰伊迦賀色許男命 作天之八十毘羅訶此三字以音 定奉天神地祇之社 又於宇陀墨坂神 祭赤色楯矛 又於大坂神 祭黒色楯矛 又於坂之御尾神 及河瀬神悉無遺忘以奉幣幣也 因此而疫氣悉息 國家安平也

 すると天皇はたいそう喜んで、「これで、天下は平和になり、国民は栄えるであろう」と仰せられた。そして、ただちにオオタタネコを神主として、三輪山に意富美和大神(オホミワ)を斎き祭られた。また伊迦賀色許男命(イカガシコヲ)に命じて、祭り用の多くの平たい土器を作って、天つ神の社、地つ神の社を定めてお祭りになった。
 
 また宇陀の墨坂神に赤色の楯と矛を奉り、また大阪神に黒色の楯と矛を奉り、また坂の上の神から河の瀬の神に至るまで、ことごとく漏れ落ちることなく幣帛を奉ってお祭りになった。これによって疫病がことごとく止んで、国内は平穏になった。

 此謂意富多多泥古人 所以知神子者 上所云活玉依毘賣 其容姿端正 於是有神壯夫 其形姿威儀 於時無比 夜半之時 [冠攸+黒]忽到來 故 相感 共婚供住之間 未經幾時 其美人妊身 爾父母恠其妊身之事 問其女曰 汝者自妊 无夫何由妊身乎 答曰 有麗美壯夫 不知其姓名 毎夕到來 供住之間 自然懷妊 

 このオオタタネコという人を、神の子孫と知ったわけはこのようである。上に述べたイクタマヨリビメは、容姿がたいへん美しかった。ここに一人の男がいて、その姿といい、装いといい無類であった。夜中に突然姫のもとに訪れてきた。そして愛し合って結婚して、共に暮らしている間に、まださほど時もたたないのに、その乙女は身ごもった。

 そこで父母は、娘が身ごもったことを不振に思い、その娘に、「おまえはいつしか身重になっているが、夫がいないのにどういうわけで身ごもったのか」と尋ねると、娘は、「貴く立派な男の人で、その姓も名も知らない人が、夜ごとに通ってきて、共に住んでいる間に、いつの間にか身ごもってしまったのです」と答えた。

 是以其父母 欲知其人 誨其女曰 以赤土散床前 以閇蘇此二字以音紡麻貫針 刺其衣襴 故 如教而旦時見 者所著針麻者 自戸之鉤穴控通而出 唯遺麻者三勾耳 爾即知自鉤穴出之状而 從糸尋行者 至美和山而留神社 故 知其神子 故因其麻之三勾遺而 名其地謂美和也此意富多多泥古命者 神君 鴨君之祖

 これを聞いて娘の父母は、その男の素性を知ろうと思い、娘に、「赤土を床の前に撒き散らし、糸巻きに巻いた麻糸を針に通して、男の着物の裾に通しなさい」と教えた。で、教えの通りにして翌朝に見ると、針につけた麻糸は、戸の鍵穴から抜け通って出て、糸巻きに残っている麻糸はわずかに三輪だけであった。
 
 それで男が鍵穴から出て行ったことがわかり、その糸をたよりに辿って行くと、三輪山に続いていて神の社で留まっていた。それでオオタタネコが、実は三輪のオホモノヌシ神の子であることがわかった。そして、その麻糸が三輪糸巻きに残っていたことから、その地を名付けて美和というのである。このオオタタネコ命は神君、鴨君の祖先である。

 又此之御世 大毘古命者 遣高志道 其子建沼河別命者 遣東方十二道而  令和平其麻都漏波奴
自麻下五字以音人等 又日子坐王者 遣旦波國 令殺玖賀耳之御笠此人名也玖賀二字以音 故 大毘古命 罷往於高志國之時 服腰裳少女 立山代之幣羅坂而歌曰
 美麻紀伊理毘古波夜 美麻紀伊理毘古波夜 意能賀袁袁 奴須美斯勢牟登 斯理都斗用 伊由岐多賀比 麻幣都斗用 伊由岐多賀比 宇迦迦波久 斯良爾登 美麻紀伊理毘古波夜 

 またこの天皇の御代に、オホビコノ命を越国に遣わし、その子のタケヌナカハワケノ命を東方の十二国に遣わして、そこの服従しない人々を平定させられた。またヒコイマスノ王を丹波国に遣わして、玖賀耳之御笠(クガミミノミカサ)という人を討った。さて、オホビコノ命が越国に下って行ったとき、腰裳を着けた乙女が、山城の幣羅坂に立って歌って言うには、

 御真木入彦はや 御真木入彦はや おのが命を 盗み殺せむと 後つ門よ い生きたがひ 前つ門よ い生きたがひ うかかはく 知らにと 御真木入彦はや
 (ミマキイリビコはまあ、ミマキイリビコはまあ。自分の命をねらって殺そうとするものが、裏門から行きちがい、前門から行きちがいして、こっそりと狙っているのも知らないで、ミマキイリビコはまあ)
 と歌った。

 於是大毘古命 思恠返馬 問少女曰 汝所謂之言 何言 爾少女答曰 吾勿言 唯爲詠歌耳 即不見其所如而忽失 故 大毘古命 更還參上 請於天皇時 天皇答詔之 此者爲 在山代國我之庶兄建波邇安王 起耶心之表耳波邇二字以音 伯父 興軍宜行 即副丸邇臣之祖 日子國夫玖命而遣時

 そこでオホビコノ命は、不思議に思って馬を返し、その乙女に、「お前が今言った言葉は、どういう意味か」と尋ねた。すると乙女は、「私は物を言ったのではありません。ただ歌を歌っただけです」と答えた。そして乙女は、たちまち行方も知れず姿を消してしまった。

 そこでオホビコノ命は都に引き返して、天皇にこのことを奏上すると、天皇が、「これは山城国にいるあなたの異母兄のタケハニヤスノ王が、叛逆心を起こしたしるしに違いあるまい。伯父上よ、軍勢を整えて討伐に行きなさい」と仰せられて、和邇臣の祖先の日子国夫玖命(ヒコクニブク)を副えて遣わされた。
 
 即於丸邇坂居忌瓮而罷往 於是到山代之和訶羅河時 其建波邇安王 興軍待遮 各中挾河而 對立相挑 故號其地謂伊杼美令謂伊豆美也 爾日子國夫玖命乞云 其廂人 先忌矢可彈 爾其建波爾安王 雖射不得中 於是國夫玖命彈矢者 即射建波爾安王而死 故 其軍悉破而逃散 爾追迫其逃軍 到久須婆之度時 皆被迫窘而 屎出懸於褌 故 號其地謂屎褌今者謂久須婆

 その時、ヒコクニブクノ命は丸邇坂に清めた酒甕を据えて神を祭り、出て行かれた。ところが山城の和訶羅河(木津川)にやって来たとき、かのタケハニヤスノ王は、軍勢を整えて待ち受け、行く手を遮っていた。それぞれ川を間にはさんで対峙し、たがいに戦をしかけた。それでその地を名付けて伊杼美という。今は伊豆美という。

 そこでヒコクニブクノ命が相手に、「まずそちらの人から合戦の合図の矢を放て」と求めた。そこでタケハニヤスノ王が矢を射たけれども命中しなかった。ところがクニブクノ命の放った矢は、タケハニヤスノ王に命中し、王は死んだので、その軍勢は総崩れとなって逃げ散った。そこでその逃げる軍勢を追いつめて久須婆の渡し場にやって来たとき、王の軍はみな攻め苦しめられて、屎が出て褌(袴のこと)にかかった。それでその地を名付けて屎褌という。今は久須婆という。

 又遮其逃軍以斬者 如鵜浮於河 故 號其河謂鵜河也 亦斬波布理其軍士 故 號其地謂波布理曾能自波下五字以音 如此平訖 參上覆奏
 故大毘古命者 隨先命而 罷行高志國 爾自東方所遣建沼河別與其父大毘古共 往遇于相津 故 其地謂相津也 是以各和平所遣之國政而覆奏 爾天下太平 人民富榮


 またその逃げる軍勢の行く手を遮って斬ったので死体が鵜のように川に浮かんだ。それでその川を名付けて鵜河という。またその兵士を斬り屠ったので、その地を名付けて波布理曾能という。こうしてオホビコノ命は平定し終えて、都に上って天皇に復命した。

 ところでオホビコノ命は先の詔に従って越国の平定のため下向した。ところが東方に遣わされたタケヌナカハワケは、その父のオホビコノ命と会津で行き遇った。そこでそこを会津というのである。こうしてそれぞれ遣わされた国を平定し、服従させる任務を果たして、これを天皇に復命した。そして天下はたいそう平穏になり、国民は富み栄えた。

 於是初令貢男弓端之調 女手末之調 故 稱其御世 謂所知初國之御眞木天皇也 又是之御世 作依網池 亦作輕之酒折池也 
 天皇御歳 壹佰陸拾捌歳
戊寅年十二月崩 御陵在山邊道勾之岡上也

 そこで初めて天皇は、男の弓矢で得た獲物や、女の手で織った織物などの調を貢納させられた。それでその御世を称えて、「初国知らしし御真木天皇」と申し上げるのである。またこの御世に、灌漑用の依網池を作り、また軽の酒折池を作った。
 天皇の御年は百六十八歳。戊寅の年の十二月に崩御になった。御陵は山辺道の勾の岡のほとりにある。


十一、垂仁天皇

 伊久米伊理毘古伊佐知命 坐師木玉垣宮 治天下也 此天皇 娶沙本毘古命之妹 佐波遲比賣命  生御子 品牟都和氣命一柱 又娶旦波比古多多須美知宇斯王之女 氷羽州比賣命 生御子 印色之入日子命印色二字以音 次大帶日子淤斯呂和氣命自淤至氣五字以音 次大中津日子命 次倭比賣命 次若木入日子命五柱 又娶其氷羽州比賣命之弟 沼羽田之入毘賣命 生御子 沼帶別命 次伊賀帶日子命二柱 
 
 伊久米理毘古伊佐知命(イクメイリビコイサチ、垂仁天皇)は、磯城の玉垣宮においでになって天下をお治めになった。
 この天皇がサホビコノ命の妹の佐波遅比売命(サハヂヒメ)を娶ってお生みになった御子は、品牟都和気命(ホムツワケ)である。一柱 

 また丹波の比古多々須美知宇斯王(ヒコタタスミチノウシ)の娘の氷羽州比売命(ヒバスヒメ)を娶ってお生みになった御子は、印色之入日子命(イニシキノイリヒコ)、次に大帯日子淤斯呂和気命(オホタラシヒコオシロワケ)、次に大中津日子命(オホナカツヒコ)、次に倭比売命(ヤマトヒメ)、次に若木入日子命(ワカキイリヒコ)である。五柱  またそのヒバスヒメノ命の妹の沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメ)を娶ってお生みなった御子は、沼帯別命(ヌタラシワケ)、次に伊賀帯日子命(イガタラシヒコ)である。二柱
 
又娶其沼羽田之入日賣命之弟 阿耶美能伊理毘賣命此女王名以音 生御子 伊許婆夜和氣命 次阿耶美都比賣命二柱 此二王名以音 又娶大筒木垂根王之女 迦具夜比賣命 生御子 袁耶辨王一柱 又娶山代大國之淵之女 苅羽田刀辨此二字以音 生御子 落別王 次五十日帶日子王 次伊登志別王伊登志三字以音 又娶其大國之淵之女 弟苅羽田刀辨 生御子 石衝別王 次石衝毘賣命 亦名布多遲能伊理毘賣命二柱 凡此天皇之御子等 十六王男王十三 女王三

 またそのヌバタノイリビメノ命の妹の阿耶美能伊理毘売命(アザミノイリビメ)を娶ってお生みになった御子は、伊許婆夜和気命(イコバヤワケ)、次に阿耶美都比売命(アザミツヒメ)である。二柱 
 また大筒木垂根王(オホツツキタリネ)の女の迦具夜比売命(カグヤヒメ)を娶ってお生みになった御子は、袁耶弁王(ヲザベ)である。一柱 

 また山城の大国之淵(オホクニノフチ)の女の苅羽田刀弁(カリハタトベ)を娶ってお生みになった御子は、落別王(オチワケ)、次に五十日帯日子王(イカタラシヒコ)、次に伊登志別王(イトシワケ)である。
 またそのオホクニノフチの女の弟苅羽田刀弁(オトカリハタトベ)を娶ってお生みになった御子は、石衝別王(イハツクワケ)、次に石衝毘売命(イハツクビメ)、またの名は布多遅能伊理毘売命(フタヂノイリビメ)である。二柱 
 すべてこの天皇の御子たちは、十六王である。皇子十三人、皇女三人である。

 故大帶日子淤斯呂和氣命者 治天下也 御身長 一丈二寸 御脛長 四尺一寸也 次印色入日子命者 作血沼池
 又作狹山池 又作日下之高津池 又坐鳥取之河上宮 令作横刀壹仟口 是奉納石上神宮 即坐其宮 定河上部也 次大中津日子命者 
山邊之別 三枝之別 稻木之別 阿太之別 尾張國之三野別 吉備之石无別 許呂母之別 高巣鹿之別 飛鳥君 牟禮之別等祖也】 次倭比賣命者拜祭伊勢大神宮也 次伊許婆夜和氣王者沙本穴太部之別祖也 次阿耶美都比賣命者嫁稻瀬毘古王 次落別王者小月之山君 三川之衣君之祖也 次五十日帶日子王者春日山君 高志池君 春日部君之祖 次伊登志和氣王者因無子而 爲子代定伊登志部 次石衝別王者羽咋君 三尾君之祖 次布多遲能伊理毘賣命者倭建命之后

 そして大帯日子淤斯呂和気命(オホタラシヒコオシロワケ)は、天下をお治めになった。御身の丈が一丈二寸、御脛の長さが四尺一寸であった。
 次にイニシキノイリヒコノ命は、血沼池を作り、また狭山池を作り、また日下の高津池をお作りになった。また鳥取の河上の宮においでになって太刀一千振りを作らせて、これを石上神宮に奉納し、そのままその宮においでなって河上部をお定めになった。

 次にオホナカツヒコノ命は、山辺之別、三枝之別、稲木之別、阿太別、尾張国の三野別、吉備の石无別、許呂母之別、高巣鹿之別、飛鳥君、牟礼之別らの祖先である。
 次にヤマトヒメノ命は斎王として伊勢大神宮をお祭りになった。
 次にイコバヤワケノ王は、佐保の穴太部之別の祖先である。
 次にアザミツヒメノ命はイナゼビコノ王に嫁がれた。
 次にオチワケノ王は、小月之山君、三川之衣君の祖先である。
 次にイカタラシヒコノ王は、春日山君、高志池君、春日部君の祖先である。
 次にイトシワケノ王は、子がなかったので、御子代として伊登志部をお定めになった。
 次にイハツクワケノ王は、羽咋君、三尾君の祖先である。
 次にフタヂノイリビメノ命は、倭建命(ヤマトタケル)の后となられた。

 此天皇 以沙本毘賣爲后之時 沙本毘賣命之兄 沙本毘古王 問其伊呂妹曰 孰愛夫與兄歟 答曰愛兄 爾沙本毘古王謀曰 汝寔思愛我者 將吾與汝治天下而 即作八鹽折之紐小刀 授其妹曰 以此小刀刺殺天皇之寢 故 天皇不知其之謀而 枕其后之御膝 爲御寢坐也 爾其后 以紐小刀爲刺其天皇之御頸 三度擧而 不忍哀情 不能刺頸而 泣涙落溢於御面 乃天皇驚起 問其后曰 吾見異夢 從沙本方暴雨零來 急洽吾面 又錦色小蛇纏繞我頸  如此之夢 是有何表也 

 この垂仁天皇がサホビメを皇后となさっていたとき、サホビメノ命の同母で、兄のサホビコニ王が、その妹に、「夫の天皇と兄の自分とでは、どちらをいとしいか」と尋ねたので、「兄上をいとしく思います」とお答えになった。するとサホビコノ王は謀を明かし、「そなたが本当に私を愛しいと思うなら、私とあなたとで天下を治めよう」と言って、すぐに幾度も鍛えた鋭利な紐小刀を作り、その妹に与えて、「この短刀で、天皇の寝ておられる所を刺し殺せ」といった。

 さて天皇は、その陰謀をご存じなくて、皇后のおひざを枕としておやすみになっていた。
 そこでその皇后が紐小刀で天皇のお頸を刺そうとして、三度も振り上げられたが、悲しい思いに耐えきれず、お頸を刺すことができなくて、泣く涙が天皇のお顔に落ちこぼれた。すると天皇は急に目をさましお起きになって、その皇后に向かって、「今私は変な夢を見た。佐保の方から俄雨が降ってきて、急に私の顔を濡らした。また錦のような色の小蛇が、私の首に巻きついた。このような夢は、いったい何のしるしであろうか」とお尋ねになった。

 爾其后以爲不應爭 即白天皇言 妾兄沙本毘古王 問妾曰 孰愛夫與兄 是不勝面問故 妾答曰愛兄歟 爾誂妾曰 吾與汝共 治天下 故 當殺天皇云而 作八鹽折之紐小刀授妾 是以欲刺御頸 雖三度擧 哀情忽起 不得刺頸而 泣涙落洽於御面 必有是表焉 

 そこで皇后は、とても隠しきれまいとお思いになって、ありのままに天皇に打ち明けて、「私の兄のサホビコニ王が私に、『おまえは夫と兄とどちらがいとしいか』と尋ねました。このように面と向かって尋ねるので、耐えられずにそれで、私は『兄上の方がいとしいかも知れません』と答えました。すると兄は私に、『私はあなたとともに天下を治めようと思う。だから、天皇をお殺しなさい』と勧めて、よく打ち鍛えた紐小刀を作って私に渡しました。

 こういうわけで、お頸をお刺ししようと思って、三度も振りあげましたが、悲しい心がにわかに起こって、お頸を刺し申すことができなくて、泣く涙が落ちてお顔を濡らしたのです。天皇の御夢は、きっとこのことのしるしでありましょう」と申した。

 爾天皇詔之吾殆見欺乎 乃興軍撃沙本毘古王之時 其王作稻城以待戰 此時沙本毘賣命 不得忍其兄 自後門逃出而 納其之稻城 此時其后妊身 於是天皇 不忍其后懷妊及愛重至于三年 故 迴其軍不急攻迫 如此逗留之間 其所妊之御子既産 
 

 そこで天皇は、「自分はあやうくだまし討ちに会うところだった」と仰せられて、軍勢を出してサホビコノ王を討伐なさったとき、サホビコノ王は稲城を作り、迎え戦った。このときサホビメノ命はその兄を思う情に耐えかねて、裏門から逃げ出して、その稲城の中におはりになった。このとき皇后は、身籠られていた。

 そこで天皇は皇后が、懐妊しておられることと、また寵愛されることがすでに三年にも及んでいたので、耐えがたい思いをされていた。それで、その軍勢に稲城を取り囲んだまま、急にはお攻めにはならなかった。こうして戦況が停滞している間に、身籠られていた御子が、とうとうお生まれになった。

 故 出其御子 置稻城外 令白天皇 若此御子矣 天皇之御子所思看者 可治賜 於是天皇詔 雖怨其兄 猶不得忍愛其后 故即有得后之心 是以選聚軍士中 力士輕捷而宣者 取其御子之時 乃掠取其母王 或髮或手 當隨取獲而 掬以控出 爾其后 豫知其情 悉剃其髮 以髮覆其頭 亦腐玉緒 三重纏手 且以酒腐御衣 如全衣服 如此設備而 抱其御子 刺出城外

 それで、その御子を出して稲城の外側に置いて、天皇に、「もしこの御子を天皇の御子と思し召すならば、お引き取りください」と申し上げた。そこで天皇は、「あなたの兄を恨んではいるが、やはり皇后をいとおしく思う心には耐えがたいものがある」と仰せられた。それは、皇后を取り返そうとする心があったからである。そこで、兵士の中で力が強く敏捷な者を選び集めて、「その御子を引き取るときに、同時に母君も奪い取りなさい。髪であろうと、手であろうと、捕まえしだいに捕まえて引き出しなさい」と仰せになった。

 ところが皇后は、前から天皇のお心のほどを知っておられて、すっかりご自身の髪を剃り、その髪でその頭を覆い、また玉の緒を腐らせてそれを三重にお巻きになり、また酒で衣服を腐らせて、それを完全な衣服のようにお召しになった。このように準備を整えて、その御子を抱いて稲城の外にさし出された。

 爾其力士等 取其御子 即握其御祖 爾握其御髮者 御髮自落 握其御手者 玉緒且絶 握其御衣者 御衣便破 是以取獲其御子 不得其御祖 故 其軍士等 還來奏言 御髮自落 御衣易破 亦所纏御手之玉緒便絶 故 不獲御祖 取得御子 爾天皇怪恨而 惡作玉人等 皆奪取地 故 諺曰不得地玉作也

 そこで力の強い兵士たちは、その御子を受け取るやいなや、その母君を捕らえようとした。ところがそのお髪を握ると、お髪は自然に落ち、手を握ると、手に巻いた玉の緒がまた切れ、そのお召し物を握ると、お召し物はすぐに破れた。こういうわけで、その御子を受け取ることはできたが、その母君を捕らえることはできなかった。

 そこで、兵士たちは帰ってきて、天皇に、「皇后のお髪は自然に落ち、お召し物はたやすく破れ、また手に巻かれた球の緒も、すぐに切れてしまいました。そのため母君をつかまえることができず、御子だけを捕らえることができました」と申し上げた。そこで天皇は、悔しさと恨めしさのあまり、玉作りの人々を憎まれて、その土地をすべて取り上げてしまわれた。それで諺に「地得ぬ玉作」というのである。

 亦天皇 命詔其后言 凡子名 必母名 何稱是子之御名 爾答白 今當火燒稻城之時而 火中所生 故 其御名宜稱本牟智和氣御子 又命詔 何爲日足奉 答白 取御母 定大湯坐 若湯坐 宜日足奉 故 隨其后白以日足奉也 又問其后曰 汝所堅之美豆能小佩者誰解美豆能三字以音也 答白 旦波比古多多須美智宇斯王之女 名兄比賣 弟比賣 茲二女王 淨公民 故 宜使也 然遂殺其沙本比古王 其伊呂妹亦從也 

 また天皇が、その皇后に、「すべての子の名は必ず母親が名づけるものであるが、どのようにこの子に名前をつけたらよかろうか」と仰せになった。そこで皇后は、「今、火が稲城を焼くときに火の中でお生まれになりました。だからその御子の名はホムチワケノ王と名付けましょう」とお答えになった。また天皇が、「どうやってお育てしようか」と仰せられると、皇后は「乳母をつけ、産湯を使わせる役の大湯坐や若湯坐を定めて、ご養育申しあげてください」とお答えになった。それでその皇后の申し上げられたとおりにお育て申しあげた。

 天皇はまたその皇后に、「そなたが結び固めた私の衣の下紐は、だれが解くのだろうか」とお尋ねになると、皇后は、「丹波の比古多々須美智の宇斯王(ヒコタタスミチノウシ)の女の、兄比売(エヒメ)、弟比売(オトヒメ)という二人の女王は忠誠な人たちですから、お使いください」とお答えになった。かくして天皇は、ついにそのサホビコノ王をお討ちになったので、その妹のサホビメも兄に殉じられた。

 故 率遊其御子之状者 在於尾張之相津 二俣榲作二俣小舟而 持上來以浮倭之市師池 輕池 率遊其御子 然是御子 八拳鬚至于心前 眞事登波受此三字以音 故 今聞高往鵠之音 始爲阿藝登比自阿下四字以音 爾遣山邊之大[帝+鳥]此者人名 令取其鳥 故 是人追尋其鵠 自木國到針間國 亦追越稻羽國 即到旦波國 多遲麻國 追迴東方 到近淡海國 乃越三野國 自尾張國傳以追科野國 遂追到高志國而 於和那美之水門張網 取鳥而 持上獻

 さて、その御子をお連れして遊んだ有様は、尾張の相津にある二股になった杉を二股の小舟に造って、それを大和に運び、大和の市師池や軽池に浮かべ、その御子をお連れして遊んだ。ところがこの御子は、大人になり髭が胸元に届くようになっても、口がきけなかった。そしてある時、空高く飛ぶ白鳥の鳴き声を聞いて、初めて片言をおっしゃった。

 そこで天皇は、山辺大{タカ}ヤマノベノオホタカという人を遣わして、その鳥を捕えさせられた。これでこの人は、その白鳥の跡を追い求めて、紀伊国から播磨国に至り、またあとを追って因幡国に越え、さらに丹波国、但馬国に至り、東の方に追い巡って近江国に至り、そこから美濃国に越え、尾張国から伝って信濃国に追いかけ、とうとう越国で追いついて、和那実の水門に網を張り、その鳥を捕らえて上京して献上した。

 故 號其水門謂和那美之水門也 亦見其鳥者 於思物言而 如思爾勿言事 於是天皇患賜而 御寢之時 覺于御夢曰 修理我宮如天皇之御舍者 御子必眞事登波牟自登下三字以音 如此覺時 布斗摩邇邇占相而 求何神之心 爾祟 出雲大神之御心 

 それでその水門を名付けて和那実の水門という。
またその鳥をご覧になったならば、物をおっしゃるだろうと天皇はお考えになっていたのに、御期待通りに物をおっしゃることはなかった。

 そこで天皇が御心配になって、おやすみなっていた時、御夢に神が教えて、「私の神殿を、天皇の宮殿のように修繕なさるならば、御子は必ず物を言うであろう」と仰せられた。このようにお告げがあった時、太占で占って、どの神のお心であるかを求めたところ、その祟りは出雲の大神の御心であることがわかった。

 故 其御子令拜其大神宮將遣之時 令副誰人者吉 爾曙立王食ト 故 科曙立王 令宇氣比白宇氣此三字以音 因拜此大神 誠有驗者 住是鷺巣池之授鷺乎 宇氣比落 如此詔之時 宇氣比其鷺墮地死 又詔之宇氣比活爾者 更活 又在甜白梼之前葉廣熊白梼 令宇氣比枯 亦令宇氣比生 爾名賜其曙立王 謂倭者師木登美豊朝倉曙立王登美二字以音

 それで、その御子にその出雲の大神の宮を参拝させるために遣わそうという時に、だれを御子に従わせたらよかろうかと占った。するとアケタツノ王が占いにあたった。

 それでアケタツノ王に命じて誓約をさせて、「この大神を拝むことによって、本当に効験があるのなら、この鷺巣池の木に住む鷺よ、この誓約によって落ちよ」と、このように仰せられた時、誓約をしたその鷺が地に落ちて死んだ。また「誓約によって生き返れ」と仰せられた。するとふたたび生き返った。

 また甘橿丘の埼に生えている葉の広い樫の木を、誓約によって枯らし、また生き返らせた。そこでそのアケタツノ王に名を賜わって、倭者師木登美豊朝倉曙立王(ヤマトハシキトミトヨアサクラノアケタツ)といった。

 即曙立王 菟上王二王 副其御子遣時 自那良戸遇跛盲 自大坂戸亦遇跛盲 唯木戸是腋月之吉戸ト而 出行之時 毎到坐地 定品遲部也 故 到於出雲 拜訖大神 還上之時 肥河之中 作黒巣橋 仕奉假宮而坐 爾出雲國造之祖 名岐比佐都美 餝青葉山而 立其河下 將獻大御食之時 其御子詔言 是於河下 如青葉山者 見山非山 若坐出雲之石[石+冏]之曾宮 葦原色許男大神以伊都玖之祝大廷乎」問賜也 爾所遣御伴王等 聞歡見喜而 御子者 坐檳榔之長穗宮而 貢上驛使 

 そこでアケタツノ王とウナカミノ王の二柱の王を、御子に副えてお遣わしになったとき、「奈良山越えの道から行くと足なえや盲人に出会って不吉であろう。大阪越えの道からいってもまた足なえや盲人に出会うだろう。ただ紀伊に超える道だけは縁起の良い道である」と占って、出て行く時に、御到着になる土地ごとに御名代として品遅部をお定めになった。

 そして出雲に着いて、大神の参拝を終えて、大和へ帰り上って来られる時、肥河の中に黒木の簀橋を作り、仮の御殿をお造り申して、御子をお泊めした。そして出雲国造の祖先の名は岐比佐都美(キヒサツミ)という者が、青葉の茂った山のような飾り物の山を作ってその河下に立て、御食膳の献ろうとした時、その御子がお仰せられるには、「この河下に青葉の山のように見えるのは、山のように見えて山ではない。もしや出雲の石{くま}之曾宮に鎮まります葦原の色許男大神(アシハラシコヲ)を敬い祭っている神主の祭場ではあるまいか」とお尋ねになった。

 そこでお供に遣わされていた王たちは、これを聞いて喜び、これを見て喜んで、御子を檳榔の葉で葺いた長穂宮にお迎えして、早馬の急使を天皇に奉った。

 爾其御子 一宿婚肥長比賣 故 竊伺其美人者蛇也 即見畏遁逃 爾其肥長比賣患 光海原自船追來 故 益見畏以自山多和此二字以音 引越御船 逃上行也 於是覆奏言 因拜大神 大御子物詔 故 參上來 故 天皇歡喜 即返菟上王 令造神宮 於是天皇 因其御子 定鳥取部 鳥甘部 品遲部 大湯坐 若湯坐
 

 さてその御子は、一夜肥長比売(ヒナガヒメ)と契りを結ばれた。ところが、その乙女をそっと覗いて御覧になると、その正体は蛇であった。それで一目見て恐れをなし、そこからお逃げになった。ところがそのヒナガヒメは悲しんで、海上を照らして船で追いかけて来るので御子はますますこれを見て恐れをなし、山の鞍部から御船を引き越させて、大和の方へ逃げていかれた。

 かくて王たちは天皇に復命して、「出雲の大神を参拝されましたので、御子は物をおっしゃるようになりました。それで帰ってまいりました」と申し上げた。それで天皇はお喜びになり、すぐにウミナカノ王を出雲に返して、神殿をお造らせになった。そして天皇は、その御子にちなんで鳥取部、鳥甘部、品遅部、大湯坐、若湯坐をお定めになった。

 又隨其后之白 喚上美知能宇斯王之女等 比婆須比賣命 次弟比賣命 次歌凝比賣命 次圓野比賣命 并四柱 然留比婆須比賣命 弟比賣命二柱而 其弟王二柱者 因甚凶醜 返送本土於是圓野比賣慚言 同兄弟之中 以姿醜被還之事 聞於隣里 是甚慚而 到山代國之相樂時 取懸授枝而欲死 故 號其地謂懸木 今云相樂 又到弟國之時 遂墮峻淵而死 故 號其地謂墮國 今云弟國也
 

 また皇后のサホビメが申された通りに、天皇はミチノウシノ王の女たちのヒバスヒメノ命、次にオトヒメノ命、次に歌凝比売命(ウタゴリヒメ)、次に円野比売命(マトノヒメ)の合わせて四柱を妃としてお召しになった。ところがヒバスヒメノ命とオトヒメノ命の二柱を宮中に留めて、その妹の二柱は、容姿がひどく醜かったので親許に送り返しになった。

 そこでマトノヒメがこれを恥じて、「同じ姉妹の中で、容姿が醜いという理由で返されたことが、隣近所に聞こえるでしょう。これはまことに恥ずかしい」と言って山城国の相楽にやって来たとき、木の枝にぶら下がって死のうとした。そこでそこを名付けて懸木といったが、今は相楽という。また乙訓にやって来たとき、とうとう深い淵に落ちて死んでしまった。それで、そこを名付けて堕国と呼んでいたが、今は乙訓という。

 又天皇 以三宅連等之祖 名多遲麻毛理 遣常世國 令求登岐士玖能迦玖能木實自登下八字以音 故 多遲摩毛理 遂到其國 採其木實 以縵八縵 矛八矛 將來之間 天皇既崩 爾多遲摩毛理 分縵四縵 矛四矛 獻于太后 以縵四縵 矛四矛 獻置天皇之御陵戸而 フ其木實 叫哭以白 常世國之登岐士玖能迦玖能木實 持參上侍 遂叫哭死也 其登岐士玖能迦玖能木實者 是今橘者也

 また天皇は、三宅連らの祖先で、名は多遅摩毛理(タヂマモリ)という人を常世国に遣わして、いつも輝く木の実を求めさせられた。それでタヂマモリは、ついにその国にやって来て、その木の実を採って、縵橘八本、矛橘八本を携えて帰ってくる間に、天皇はすでにお亡くなりになっていた。

 そこでタヂマモリは、縵橘四本、矛橘四本を分けて皇后に献り、、縵橘四本、矛橘四本を天皇の御陵の入り口に供えて、その木の実を捧げ持って、大声で泣き叫びながら、「常世国のいつも輝く木の実を持って参上いたしました」と申し上げて、ついに泣き叫びながら死んでしまった。そのいつも輝く木の実というのは、今の橘のことである。

 此天皇御年 壹佰伍拾參歳 御陵在菅原之御立野中也 又其大后比婆須比賣命之時 定石祝作 又定土師部 此后者 葬狹木之寺間陵也

 この天皇の御年は百五十三歳。御陵は菅原の御立野の中にある。またその皇后ヒバスヒメノ命の時に、石棺を作る部民を定め、また土師部をお定めになった。この皇后は、狭木の寺間の御陵に葬り申しあげた。